アイスランド⑮ 可愛い~! レイクホルト村

にほんブログ村


アイスランドの旅も6日目になりました~!
澄んだ空気・・・ ぬける青空~
見渡す限りの雪原です(^^♪

朝一番でここ、レイクホルトという小さな村を訪れました。
人口わずか60人くらいのかわいい村~(*´ω`)


この村は、アイスランドの歴史上、重要なスノーリ・ストゥルルソンという人が
中世時代に住んでいたことで有名なそうです。


彼の一生や レイクホルトの文化などについて展示している
スノッラストーバ博物館。

博物館の前には、スノーリの銅像です。


彼は詩人であり、政治家であり、学者でもあったそうです。
彼による北欧神話の記録は、現在でも とっても価値あるものなそうです。

博物館の中には、アイスランドの神話も色々展示されていました。
アイスランドのサンタクロースは13人いるそうです~!

スノーリが作った 地熱温泉の露天風呂が 建物の後にありました。

しかも、自宅からマイ露天風呂に通じる通路、出入口だった扉が 
今も残っていましたよ。

博物館の裏手に、シックな教会が( ^ω^)・・・
19世紀に建てられた小さなレイクホルト教会。

教会の中も とってもかわいい内装です。

外には、まるまる肥ったワンちゃんが キャッキャ 雪と戯れています~(*´ω`)-☆

レイクホルト一帯は、オーロラベルトに位置するため、オーロラがとっても見やすい
とのこと。
昨夜は残念ながら見れなかったのですが、この近くでは 日本の科学者たちが
オーロラの研究をしているそうですよ。


さっきの13人のサンタさんの話の続きです。
彼らは、クリスマスの13日前の12月12日から一人ずつ
一日おきに街にやってくるそうです。

子供たちは、それぞれのサンタさんからプレゼントをもらい、
家族でアイスランドの伝統料理を食べながら
クリスマスを祝うのだそうです。
その後また、一人一日ずつ街を離れていき、


13人全員がいなくなる1月6日に花火や焚火で
クリスマスシーズンを締めくくるそうです。


アイスランドのクリスマスは、 とってもロマンチックです~☆



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。