ちょっと旅~2018 富山の旅-5- 富山市へ

宇奈月温泉から富山へ・・・・
ふたたび富山地方鉄道に乗って~♫


電鉄富山―宇奈月温泉間を結ぶ 特急「アルペン」号。

っていっても、の~んびりですー^.^

いよいよ富山にー!


着いたら、いきなりの都会でビックリー😲!
駅も 大きいー! ! 


新幹線の開業で 東京から わずか2時間ほど。 
街は大きく変化しつつあるそう。

駅も  堂々とリニューアルされー!

駅前の通りも レトロな電車や ピカピカの新型車両が
次々ときます!


路面電車に乗る機会なんて なかなかないですよねー!
さっそく、電車に乗り込んで今日の宿へ~♪~

官庁街のど真ん中に
富山城ー(^◇^)!


お濠越しに見る姿は  なかなかですー!

今日の宿は、何てったって リーズナブルなドーミイン富山。


5種類ものお風呂があり
お値段以上!

はめての富山、


行きたい所は色々あったけれど、
駅の裏側から ポートラムに乗って


北前船で栄えた 岩瀬の古い町並み、 行ってみます! 

東岩瀬で下車し、
廻船問屋の町並みへ~!

この銀行、なんとー😲 現役で営業中ー!

北前船 廻船問屋の国指定重要文化財の森家に 入ってみますー*'▽'

廻船問屋って、
船を使って商いをする仕事、


富山から米や醤油、酒、薬なんかを北海道まで持っていって売り、
帰りは、昆布やニシン、サケを積んできて売る・・・・


行きと帰りに儲かるので「のこぎり商売」と言ったんだそうです。


入り口を入るとまず、「オイ」 と呼ばれる囲炉裏の大広間ー!


明治11年に建てられたそうですが
超ー豪華ー◝(⁰▿⁰)◜!

京都の宮大工を呼んで作らせた建物なそうで、
細かいところにまで 遊び心や こだわりがー!


この森家を見学すれば、


北前船がもたらした 莫大な富が
岩瀬の街をいかに繁栄させたのか よーくわかりますよー(^◇^)

町並みの左手に、突如出現するのが、
富山港展望台ー! ! 


階段をひたすら上ると、
地上20m、展望フロアからの景色は なかなかのものー♪~(´ε` )

歴史ある 古い岩瀬の家並み
 立派な鬼瓦の屋根が連なります。


その向こうの富山湾も見ることができました。


江戸後期から 明治初期にかけて
日本の流通や海運を担った 北前船行きかう岩瀬浜。

訪れてみれば、


冬のはじめの おもむき深い岩瀬 ・・・
このしっとり感がいいです。


もう夕暮れ時、「おおーーーっ!!!」


海と反対側には、雪をかぶった立山連峰が うっすらと・・・
きれいですー(・∀・)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。