北スペインの旅-10- 豪華すぎる王宮


にほんブログ村




王宮の西側には、回廊が続いて、テラスからは、
マドリッド郊外が見えます。
広場には、こんなステキな街燈・・・

オリエンテ宮とも呼ばれているこの宮殿、端正な外観ですが、

中は贅を尽くした造りで、なんと床面積は13万5千平米もあるそうです。


広大な石畳の広場〜\( 'ω')/!
ここでどんな行事が行われるのでしょうか。


今は人は住んでいないようですが、

皇太子の結婚式などの公式行事に使われているそうです。

中に入ると、まずは、圧巻の主階段。

これは、スペイン王家の紋章と。

そして、天井のフレスコ画と絵の周囲の陶器の細工が凄いで〜す!
この後出てくるどの部屋も、この装飾よりずっと凝った彫刻と細工でした。

ここから先は、内部の撮影が禁止されていました。


部屋数は、2700室もあり、公開されているのは、その中のほんの一部。
それでも 20室程まわりるのに 結構時間がかかりました。


ゴヤやベラスケスのフレスコ画に飾られた部屋〜
シャンデリアも部屋ごとに違うデザイン〜
どの部屋にも時計があるのですが、
それぞれに 部屋のコンセプトにぴったしです。

この王宮は、ハプスブルグ家の作った王宮が消失した跡地に
ブルボン家のフィリペ5世が建てたのだそうです。


建設には、30年もの歳月を費やしたとのこと。
中に入ってみて、なるほどと思いました。

一帯いくらお金がかかっているんだろう〜
と気が遠くなる程の 豪華尽くし!


正直、イギリス王室より、ずっとお金持ちなんじゃない と思いました~(*_*)


18世紀に産業革命を向かえてから植民地などを開拓し始めたイギリスと比較すると、
スペインは15世紀から植民地を持って繁栄していたのだそうです。

静けさに包まれた 豪華すぎる王宮・・・ 
出てくるころには 自分がすっかり王様にでもなった
エレガント気分でしたよ~♪ ♪ 

撮影禁止なので、この感動を
伝えられないのが、残念ですが、満足度100%~!
スペイン王国500年の栄光、最高~でした( ^ω^)・・・。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。