インドの旅 - 6 -  金色にかがやくブッタ 

そろそろ日が暮れ、
辺りは暗くなってきました。


これから本堂に入り、ご本尊のお参りをします。

大菩提寺のご本尊は、以外に狭いところにあります。


ブッタの悟りの姿である降魔成道仏が 本尊として安置されているとのこと。
金色に輝く本尊は 建立当時そのままの姿なそうです。

小さな仏像ですが、
崇高さがびんびん伝わってきます。

今でもブッタが この場に座しているかのように
深い礼拝を捧げる僧や巡礼の姿・・・・。


時を超えて 信仰の強さが伝わってきました。

マハーボディ寺院は2002年に世界遺産に登録されたそうです。


現在の建物は5~6世紀のもので、その後改修を繰り返して
現在の形になったとのこと。


ちなみに、ブッタがここで得た覚りの内容は、
「四諦八正道」の教えとしてまとめられ、


仏教の広がりと一緒に、多くの人に読まれ、
人々の心の支えになったそうです。

ホテルまでは、リキシャでまた、デコボコ道を走ります~(^^♪

夜のブッタガヤは、すごい活気!

気が付くと、辺り一面霧に包まれ、なんとも幻想的な雰囲気・・・。

ここが、ホテルと言われても、すぐ前の建物すら見えません。

やっとホテルに入り、ウエルカムのチャイをいただき、ホッと一息。

夕食は、生姜、パクチー、レモンバームなどが入った
とっても刺激的なスープ~!


クセになりそうな味です~(*^。^*)

素朴なお料理の数々ですが・・・。
ジャガイモの煮っ転がしのような一品がとっても美味しかったです。

部屋に入るとかなり寒ーい!
エアコンをつけても全然暖まりませーん!


みんなから一斉の苦情があり、

ホテルのスタッフが大わらわ。各部屋に温風ヒーターを取り付けにまわり、
とっても温かくなりました(*^。^*)


ホテルスタッフの懸命な対応、ちょつと感動しましたよ。


インド2日目、とっても長い一日も これで終了。
あしたは、6時間半のバス旅、サルナートを経て ベナレスに向かいます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。