ちょっと旅 ~2016 下馬桜~



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村



 4月9日、あいにくの曇りでしたが、静岡、富士宮まで日本最古級の山ざくら、「下馬桜」を見に行ってきました。

 この桜は、ピンク色から次第に白色に変化していく桜とのこと。本日は満開もやや過ぎて、かなり白色に近づいていました。


 樹齢はなんと、800年以上!!!です。


 かつては、樹高35m、幹囲8.5mの巨木だったそうです。
度重なる台風などにより、損傷したとの事。しかし、行き届いた手入れで最近は、少しづつ蘇えっていると。すごい生命力です。
何か、堂々たる風格、オーラがあります。





「下馬桜」と言われる由来は、1193年にさかのぼります。
源頼朝が、富士の巻狩りを行った際、「狩宿の本陣」前で、馬を降りてこの桜を鑑賞したという言われ、または、この桜の木に馬をつないだ場所という言われがあるそうで、「駒止めの桜」という別名もあるそうです。


 すぐ後の狩宿は「井出館」、頼朝公が富士の巻狩りの際に、本陣をおいた場所です。


 本日と明日10日は丁度、狩宿さくらまつり開催中。狩宿能などの鑑賞会も行われていました。


  800年の時空間を感じ・・・・・・
    富士山にかかった雲も流れて、富士山とコラボできました。




 下馬桜から車で5分ほどのところに、仇討ちで歌舞伎の題材にもなっている、曽我兄弟のお墓がありました。仇討ちは、源頼朝の富士の巻狩りの際に行われた事件と。
 鬱蒼とした杉林に囲まれていました。




 雪解けが進んでいる富士山。
厳寒の冬とは表情、色合いが変化し、輪郭もやわらかく、やさしい富士山です。



 田んぼ脇の用水路も、雪解けで水かさが増し、ゴーゴーと音をたてて流れていました。


 初めて見る野鳥。  図鑑で調べたら、「ウソ」という名の野鳥でした。
ヒーホーと口笛のように鳴くそうです。いつかその鳴き声を聞いたような・・・・・。

 山ざくらの静かな力、
       心に残る一日でした。



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村



ちょっと散歩 ~2016桜 千鳥ヶ淵~




 にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ

にほんブログ村  


 ブログの写真があまりにも下手なので、ただ今、デジカメ教室に通っています。講義中には専門用語が飛び交っていますが、??~??とても戸惑っています。
 本日、4月6日は撮影実習のため、千鳥ヶ淵まで出向いてきました。ポカポカ陽気に恵まれ、汗ばむくらいに気温上昇。約260本のさくらが満開です。パラパラと少し散り始めていました。お濠に映るピンクの水面、構図を工夫し、露出を変え、気合を入れて撮りました。この努力、少しでも伝わりますように!!!!! 



遠くに見えるのは、国会議事堂です。わかりにくいですが・・・・。



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

ちょっと散歩 ~2016桜 六義園~



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村



3月27日、ソメイヨシノが2分から3分咲きになりました。
風も、ひやっとした冷たさが消え、ほんのり、春の空気です。今日は晴れ時々曇り   
薄手のコートを羽織って駒込六義園まで「しだれ桜」を見に行って来ました。
内庭大門を入ると、いきなりうすピンクのしだれ桜の大木です。樹齢70年、高さ15メートル、幅20メートル・・・・みごと!!!!!です。8分咲きぐらいなのですが、これぐらいの濃さのピンクが最も美しいのだそうです。ほんとにうつくしいです。




六義園は川越藩主、柳沢吉保が1702年に築園した大名庭園で、和歌の趣味を取り入れた作りになっているとのこと。園路を歩きながら移り変わる四季折々の景色を楽しめる繊細なつくりになっているんだそうです。


「繊細さ」感じます。この都会の喧騒の中に・・・・。


カモ(キンクロハジロ)や小鳥(?)もほっと一息ついているようです。



六義園を出て駒込の駅まで歩くと、「旧古川庭園まで〇キロ」という表示あり。矢印に沿って歩いてみました。旧古川庭園です。


この建物は、鹿鳴館やニコライ堂などの設計者、英国人のシ゛ョサイア・コンドルという人の設計で、大正初期の庭園の原型をとどめる貴重なものと。
ここは、斜面と低地という地形を活かして、高い丘には、洋館、斜面には、洋風庭園、低地には、日本庭園がありました。バラやつつじで有名な庭園です。今日は、五分咲きの一本のしだれ桜が一手に華やかさを引き受けていました。





庭園を出て都電に乗るために、飛鳥山公園まで更に歩いてみました。
公園の桜はまだまだなのですが、大勢の人で盛り上がっていました。






ステージでは、沖縄のエイサーを見ることができました。


園内には、今話題の渋沢栄一資料館、青淵文庫、それに紙の博物館、飛鳥山博物館なども
ありました。渋沢栄一資料館、見ごたえありました。



一度乗って見たかった都電荒川線、車体の新しさに少しガッカリしたのですが、ゴトン、ゴトンという音に揺られ、狭い路地を縫う様にして走る乗り心地に大満足して帰ってきました。





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

早春のちょっと旅、ちょっと散歩 ~三浦海岸、鎌倉~  



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村 



 毎年春は訪れ、毎年桜の花は咲くのに、この時期になると、そわそわして、あちらこちらに出かけたくなります。
 今までどおりの春を確認しに行くのでしょうか、それとも、今年だけの春を発見しに行くのでしょうか。


最近のちょっと旅、ちょっと散歩を載せてみました。


2月24日、三浦海岸の河津桜を見てきました。

風がとても冷たく、真冬の寒さに戻った一日でしたが、空はすっきりと晴れ、
日差しはすっかり春でした。河津桜はもう散り始めていましたが、菜の花が映えてます。この日は三崎港まで足をのばしてきました。



3月16日、鎌倉から江の島をまわってきました。
鎌倉では、竹のお寺報国寺へ。
なだらかな参道を登ると堂々たる「薬医門」です。

この竹は孟宗竹という種類の竹で通年この深い緑色が見れるそうです。
約2000本の孟宗竹が力強く、まっすぐに立っています。
このしづけさ、とても落ち着く凛とした空気でした。




お寺の庭も、苔や木々の緑も、花々も春でした。


お地蔵さん。何を思って、なにを祈っているのでしょうか。なごみ、いやされます。


竹と石塔石仏、椿の花、この「和」な感じが好きです。


みつまたの花と竹です。今まさに満開です。


銘木さんしゅうの木も花がちょうど見ごろでした。


竹の庭を見ながら、お茶席で抹茶と干菓子をいただきました。心安らぐ静かな茶席です。


報国寺から少し歩いて浄明寺へ。


鎌倉五山の一つで、人が少なく厳かなお寺でした。

枯山水の庭園やお茶室もありました。ちょつと素朴な感じです。


「花塚」なんて、かっこいいですね。四季の花々を飾り、供養しているのだそうです。


鎌倉最古の杉本寺です。奥の階段は、苔むしていて脇の階段を登ってきました。


鎌倉駅まで歩いたのですが、途中の家々のお庭もステキでした。



鎌倉駅から江ノ電に。



電車の窓越しの由比ガ浜は、まったりと、少し霞んで見えます。


江の島神社を参拝し、タワーからの眺望を楽しみ、帰ってきました。残念ながら、富士山は見えませんでした。



3月19日富士山のふもと、山梨鳴沢村まで行ってきました。午前中は雨。ずうっと雲がかかって富士山は見えなかったのですが、夕方になり、やっと雲が消えました。

この時期、空が明るい早春の富士山です。



日没間近、ピンク色に染まっています。



馬酔木や、シャクナゲ、みつまたも花や蕾をつけ、山々も春が始まっています。


ヤマガラやコガラにも、こんにちわです。木々の小枝をかき集め、小鳥のえさ台を作りました。木々も芽吹きの準備中です。新緑が待ちどおしいです。



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

バルセロナの旅 9 ・・さよならバルセロナ



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


12月31日(木)
 今日は、バルセロナ最後の日。午前中少し観光し、ベルギー、ブリュッセル空港へ向かう。その後、乗り継いで成田まで帰る予定だ。ベルギー空港は、テロ騒ぎでセキュリティーチェックが厳しそう。その上、ドイツ、デュッセルドルフの空港とは規模が違う。広くて迷いそう。しかし、とりあえず、午前中の観光を楽しもう。なんとかなる!!
 バルセロナ、やっとこの街に馴染んできた頃にお別れ。でも、余韻を残すくらいが丁度いいのかもと、気を取り直し、余り物の朝食を食べた。昨日買った生ハムのサンドイッチがとても美味しかった。


 まだ7時、荷物を整理した。ランブラス通りは、まだ静かだ。


 11時頃までは時間がある。今日はカサ・ミラとタピエスの美術館をまわってこよう。最後にまた、ガウディの作品に触れてみたかった。まずは、カサ・ミラへ。


 8時30分ホテルを出発。通りの花屋さんは、もう開いている。


 サン・ジュセップ市場も朝の買い物で賑わっていた。L3のメトロで3つ目。カサ・ミラ到着。


  チケットを買うために15分程待った。列の後ろの日本人、一人旅の女性が話しかけてきた。「昨日のマドリッドはバルセロナより気温が10度も低かったのよ! バルセロナは明るくて、あったかいわ」と。内陸と地中海側ってそんなに違うんだ~~!


 入口ホールの鉄とガラスの扉がさっそくおもしろい!!
蝶の羽のようだ。まず、エレベーターで屋上に上った。


   ここは、1906年から4年間かけて建てられた今風に言えば、マンションだ。屋上にはなだらかな傾斜の階段がたくさんあり、換気塔や煙突が、サグラダファミリアの塔のテッペンと共通するデザインだ。おとぎの国の屋上散歩道。ベージュと白、それに空のブルーの世界。曲線が活きている~~!!!



 アーチの中に、すっぽりサグラダファミリアがはまって見えるフォトスポットがあった。人が多くてなかなかいい写真が撮れない。でも、なんとか撮った。このスポット、ガウディのグッドアイディアだ!!


 晴天なので、映える!!!



 階段を下り、屋根裏の共有スペースに降りた。とても広い。レンガ造りのアーチが、カテナリー(垂直曲線)というらしい。この美しいアーチは、強度もすぐれていると。


 ここには、ガウディのデザインや設計、工法などを模型を展示しながら説明していた。網状の糸に重りを取り付けた逆さづり模型は、強度的にも優れたものらしい。




 ガウディ作、美しい!! 木製のイス。


 いよいよ住居スペースだ。使用人の部屋には、当時使用していたミシンやアイロンが置いてあった。床がおしゃれ。

 キッチンも機能的にできている。

 バスルームも近代的だ。 


 寝室、居室も落ち着いた雰囲気ですてきだ。採光も十分。

 リビング、応接室もこんな感じだ。そんな豪華ではないけど、使いやすそう。


 今から100年も前にこんな斬新なデザインマンションを作ったなんて。今の時代でも十分新しい感じだ。1906年といえば、日本では、明治39年、日露戦争後の大恐慌が始まった時代。


 カサ・ミラを出てガルシア通りを10分程歩いた。この通りの雰囲気が好きだ。


 10分ほど歩くとカサ・バトリョ、その斜め向かいがタピエスの美術館だ。屋上に針金をグルグル巻きにしたようなモニュメントが見える。レンガ造りで歴史がありそうな建物だ。


 もう時間がない。ミュージアムパスポートを提示し、急いで館内を回った。


 抽象画が多い。色彩は現代風、渋い色。


 ピカソやマチスの絵もあり、タビエスとの違いは作者を見なくてもわかったが、何がどう違うかは、うまく説明できない。奥が深い・・・・・・。でも、このバランスが何かいい!!!      これはピカソ。


 タピエス美術館からまた、メトロでホテルに戻った。メトロの10回券は2人で3枚使い切り、一回分足りず(一枚だけ11回使えた)一回券を買った。合計一人で16回メトロに乗った。10回券は、9.95€、一回券は、2.15€だ。
 コーヒーでひと休みし、チェックアウト。観光税6日分、二人で8.64€のみの清算だ。ホテルの宿泊料金は、事前に支払い済みで、混み合う時期、空いている時期と日によって料金設定が違う。このホテルは立地が最高だった。どこに行くにも便利な場所、ミニキッチンの設備も便利だった。私たちは利用しなかったが、地階には、コインランドリーもあった。また来る機会があったら、もう一度利用したいと思う。
 ホテルを出てガラガラとスーツケースを引き、ランブラス通りからカタルーニャ広場へ。カタルーニャ広場からは、空港まで10分毎にバスが出ている。


 A1がターミナル1行き、A2がターミナル2行きだ。A1のバスに乗った。荷物置き場がバスの真ん中にある。使いやすい。


   あっという間に満員になり、バスは出発した。
カタルーニャ広場がだんだん遠ざかっていく。さよなら、ガウディ!!!
 バルセロナ空港に到着。


 ブルュッセルまでは、ブリュッセル航空、この間は難なくクリアできた。


 いよいよ、ブリュッセル空港到着。飛行機を降りると、もう普通のお店が並んでいた。それもショッピング街をグネグネという感じ。同乗していた人達もあちらこちらに散って行く。ネットの情報によるとエリアBを目指していけばいいらしい。店~店の間をジグザグと進んだ。時間はたっぷり2時間ある。

   


 着いた場所は荷物の受け取り場所、バゲージだった。ミージが「これは迷ったかも」と言った。普通トランジットの場合はバゲージは通らない。専用の通路があるはずだ。しかし、何の表示もなかった。困った。その場にいるスタッフに尋ねた。応えは、このまま外に出て、2階に上がれば出発ロビーだと。外に出る場所にもチェックする人はだれもいない。フリースルーだ。外に出た。普通の空港の賑わいだ。銃を持ったポリスが2名歩いているだけだ。予想していたほどのピリピリ感や、物々しさはなかった。2階に上がるとまた、ジグザグにお店が並んでいる。
 その先にあった~~~~!!!  セキュリティチェックとユーロ出国審査。セキュリティチェックもなんなくクリアできた。よかった。また、プレミアムエコノミーでラウンジを利用させていただき、ベルギー名物のフルーツビールで一息ついた。


1月1日(金) 
 成田に無事到着。事前の情報では、スリが多く、テロの問題も大きく報道され、治安面で少し不安だったが、8日間何事もなく、旅を楽しみ元気に帰ってくることができた。バルセロナは、期待どおりすばらしい街だった。


 活気みなぎるバルセロナ
 ぬけるようなバルセロナの青空
 地中海の湿気を含んだあったかいバルセロナの海
 オラ! の一言ですぐお友達になれるバルセロナの人々
 あきらめずに夢に挑戦し続けたガウディ
 私の好きなミロ
 天才ピカソ
 なぜかいとおしくなるダリ
 クリエイティブな風土バルセロナ
 みんなみんなすばらしかった
 グラシャス!!! バルセロナ
 アディオス!!!バルセロナ


                                                                                 -おわりー

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村