フランス⑪ 睡蓮の池は、モネの絵 さながら

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




花々が咲き乱れる庭から 地下道を通りぬけると、池が見えてきました。
モネ自身が作り上げた睡蓮の庭。
50才の時に、この家を購入したモネは、池を掘り、睡蓮を植えたそうです。


モネが愛し、さまざまなインスピレーションを生んだ池、
光によって変化する自然の美しさを この池から見出した最高の場所・・・・
ここで、あの「睡蓮」の連作が生まれたのです。


この感じ・・・、モネの絵に近いと思います。
まるでモネの絵の中に入り込んでしまったよう・・・・。


しばし見とれてしまいます。


柳ってこんなに美しい! !と初めて感じました。


カモミールも いい香りです。


日本の太鼓橋をイメージして作られたといわれる橋です。


ダリアもこんなに鮮やか! !  


竹藪もあり・・・日本庭園の感じもします。


モネのアトリエ跡のミュージアムショップ。
天井がガラス張りで明るい陽射しが入ってきます。
睡蓮の絵も映えます。


村のインフォメーションに楽しいラビットが。


この村一帯は、新鋭芸術家のアトリエがたくさんあり、
それぞれの中を見ることができました。


村はずれの、名もない 小さな教会に モネは眠っています。


お墓にも花々が・・・・・・。
しづかに手を合わせます。


モネの美しい庭、木々や草花のみずみずしい色、とっても心を豊かにしてもらいました。


きのうから続いたモネの旅・・・・・・・・・・・奥深かったです・・・・
いつまでも、心に残りそう・・・・・。


あしたから 世界中から巡礼者が集うルルド、トゥールーズ、カルカッソンヌへ2泊3日の旅に出ます。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

フランス⑩ 風がささやくジヴェルニー・モネの家

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




ルーアンから列車で30分程、ヴェルノンに到着です。
ジヴェルニーまではバスを使います。
電車から降りたほとんどの人が、そのバスに向かうので、迷うことはありませんでした。


20分程で、ジヴェルニーに。
ここは、パリから80km西方にある小さな村。
モネが1883年から1926年、86才まで暮らした家があります。


通り沿いの可愛い家々・・・。


村のレストランでは、心地よい太陽の下、ゆるりとランチとカフェを楽しんでいる
人々が・・・・・。
パリとは、空気が違います。
時間の流れも違います。


モネの家に到着です。


入り口には、モネの写真が。


敷地内には、花々が咲き乱れ、まさにモネの絵のような風景が広がっていました。


モネのリビングです。ここで絵を描き続けていたそうです。


2階の寝室。リメイクしているのでしょうか。
可愛い過ぎる・・・・・・。


玄関、廊下、階段など、あらゆる所に浮世絵が飾られていました。
その数なんと231枚と。


ダイニングは黄色一色。光もいっぱい入ってきて・・・・。


キッチンはピッカピカに磨かれていました。
モネは料理好きで、よく画家仲間を招待したそうです


モネ自身が手掛けた庭、きっちりと手入れされた庭には力強い花々が・・・・。
マリーゴールドの花も腰の高さまでありました。


風のあま~~い匂いが・・・・・。ミントの香りも。
サワサワと草木がささやいているようでした。

庭の向こうには、あの睡蓮の池があります。






にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

フランス⑨ 予定外に行ったルーアンの 美しい街並み

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




今日は日帰り旅。
ジヴェルニーに列車とバスで向かい、モネが晩年過ごした家と睡蓮の庭を見て来ます。


地下鉄オペラ駅からサンラザール駅へ。
そこからジヴェルニーの最寄り駅ヴェルノンへ、さらにバス。
約一時間半の旅です。


サンラザール駅の広いこと、出発ホームを探すのに時間がかかり、結局係員にチケット
とヴェルノンと書いたメモを提示。
ずっとずっと先の25番線から 無事8時17分発の列車に乗ることができました。


親切にジェスチャーをまじえて教えて頂いた係の方に感謝です。


列車はルーアン行、
ルーアン!!!、昨日見たモネの絵、「ルーアンの大聖堂」のあのルーアン???じゃない!!!
行ってみたい。
急に終点のルーアンまで行ってみようということになり、ジヴェルニーにはその帰りに寄ることに!!!
持参の時刻表でなんとかやりくり・・・・。それでも夕方7時頃にはホテルに戻れそう。



10時5分ルーアン到着です。


駅からまっすぐな緩やかな坂道を下ると、路地、路地に木骨組みの家が見えてきました。


ノルマンディスタイルの街並み、
「町そのものが美術館」ともいわれているほど美しい街並みです。


旧市街地の様子です。ここはローマ時代からノルマンディ公国の首都としても栄えた
古都とのこと。
ジャンヌダルクの終焉の街としても知られているそうです。



ノルマンディの最高裁判所です。


手前壁面に見えるボコボコした穴、
第二次世界大戦のノルマンディの戦いの跡を、修復せずに残しているのだそうです。


激しい戦闘の様子が、弾痕の跡から伝わってきます。心が痛みます。


ゴシックのルーアン美術館。
モネやシスレーなどのコレクションはフランス第2位の所蔵とのことです。


通りを右に曲がると旧市場広場に出ました。
木骨組みの古い建物が立ち並んでいて 目を楽しませてくれます。


この変わった現代的な建物、ジャンヌダルク教会です。


英仏100年戦争で、フランスを奇跡的に勝利に導いたジャンヌダルク。


にもかかわらず、1431年わずか19才で魔女として断罪され、ここルーアンで火刑に
処せられたとのこと。


中に入るとビックリ!!!です。
船底をひっくり返したような木組みの天井、
この一面のステンドグラス!!!


ルネッサンス期に造られたものと。
すごい技術、鮮やかで、きれい!!!


通りに出ると、骨董店やおしゃれなお店が並んでいます。
マカロンのタワー発見!!!
このお店、「ジャンヌダルクの涙」という可愛い焼き菓子も売ってました。


めずらし~~い!!!
ハチ退治グッズいろいろ・・・の専門店もありました。


通りを左に曲がると、レトロな街並みの中でも ひときわ目を引く
荘厳な飾りの大時計。
14世紀から1928年まで一度も止まることなく動き続けたそうです。


大時計を通り抜けると、ゥワーッ!!!!!
ルーアン大聖堂の迫力が・・・・。
高さ152mの尖塔が見事です。



大聖堂です。
12世紀から400年かけて完成した大聖堂、フランスゴシックの最高峰とのこと。
高さがカメラに収まりません。


夜にはライトアップ、光と音のスペクタルショーが行われ、夜中まで観光客で賑わうそうです。


レースのような繊細な浮彫装飾に見とれてしまいます!!!


モネは向かい側にあるショップの二階で、30点もの「ルーアン大聖堂」の作品を
連作したそうです。


教会の中です。


短時間の滞在で忙しく回りましたが、ヴェルノンへの列車は12時12分発。
ルーアン、ベリーグッド!!!
街中で買ってきたビールとフランスパンのサンドイッチで車中ランチです。




にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村


フランス⑧ モネに魅せられて!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村


今日は、モネの絵を見に美術館に出かけます。
明日はモネの家を訪ねる予定なので、モネづくしの二日間になりそうです。。


朝はのんびり 10時ごろまでテレビを見て過ごしましたが、
午前中は地下鉄でモネのマルモッタン美術館に行ってきました。


美術館は、地下鉄 La Muette駅で下車、パリ16区にあり、ブーローニュの森を抜けた閑静な住宅街にありました。道に迷いながらの到着です。


こじんまりとした、親しみやすい美術館でしたが、世界最大級のモネのコレクションを収蔵しているそうです。


残念ながら写真撮影は禁止でした。


モネは何年もの間、大量の睡蓮を書き続けたそうです。
ここの睡蓮は、とっても素朴なものが多かったです。
タッチの荒いもの、輪郭がぼやけているものもありました。
モネはどうしてこんなにたくさんの睡蓮を描いたのでしょうか・・・・・。


その他「日の出」「ルーアンの大聖堂」「雪の中の列車」などの作品がよかったです。


ランチは美術館近くのこんなお店で。


リーズナブルなサンドイッチを頂きました。


午後はコンコルド広場に近いオランジェリー美術館へ。
大観覧車の向こうに、広場のオベリスクと、遠くにエッフェル塔が見えます。


こんなエコカーもなんだかパリっぽい。


素朴な外観、オランジェリー美術館に着きました。写真OKと、うれしいです。💕


ここは、小さめの美術館なのですが、ルノワールやピカソ、セザンヌなどの有名な絵が たくさんあり、ちょうどいい時間ですべて見られたので、とっても満足です。


モネの「睡蓮」専用の部屋があり、天井の明るい空間で、じっくり見ることができました。


晩年のモネがここオランジェリー美術館のために描いた巨大な睡蓮のシリーズです。
光と色彩の織りなす幻想的な世界・・・。見とれてしまいます。


モネは後年白内障を患い、失明寸前の状態でも、この大きなキャンバスに睡蓮とその光景を描き続けたそうです。


それは、遠くから眺めれば光を感じて、何とか絵を見ることができたからなそうです。


あしたは、晩年モネが過ごした家のあるジヴェルニーに向かいます。🚂



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

フランス⑦ 楽しい!!! パリの地下鉄

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




今日は地下鉄を利用しました。
パリも東京のように地下鉄路線が張り巡らされていました。
料金は全線均一で、乗り換え自由でした。


券売機は少し悩み???ましたが、ガイドブックを見て何とか・・・・。
割安の10回券を買いました。


駅名も、日本語、中国語、ロシア語、アラビア語と表示している駅もありました。
最初に日本語があると、とっても嬉しくなります。🎉


電車の中では、シャンソンのアコーディオン演奏・・・。
「写真撮らせて下さい」とお願いし、1€投入です。
ブラボー👏🏻です。


地下鉄の通路にこんなポスターが・・・・。
思わず大笑いです・・・これ、除毛ムースの宣伝らしい。


地上には、パリらしい雑誌屋さん。なじみの客がおばさんと立ち話です。


ホテル近くのスーパーでは
野菜や果物はすべて秤売りでした。
ほしい分だけ紙袋に入れ、レジで重さを計ってもらい精算でした。


クツ屋さんのウィンドウ、躍動してます。おもしろ~~い!!!


これなんだろう???


電気自動車のスタンドでした。初めて見ます。

地下鉄や街を歩いていると、楽しい色々な発見がありました。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村