ちょっと旅 2017~福島の春・その3~


にほんブログ村

会津若松からグンと 下り、本日の宿、スパリゾートハワイアンズに向かっています。
途中どうしても寄りたかった鍾乳洞、 田村市にあるここ あぶくま洞 !
8000万年!!という想像を超える歳月をかけて創られたとのこと。
 おどろき! ! そしてロマン感じます。
見学ルートの長さは、600mほどですが、造形美では東洋一 と。
鍾乳石は1cm成長するのに、70~100年もかかるそうです。
単純に・・10cmで1000年、100cmで10000年~~~! ! って  すごいです !
悠久の時を超え・・・この私・・・なんて小っちゃいんだろう~~なんて
思ってしまいます。

ここは、「月の世界」と呼ばれている場所です。つらら石や石筍、石柱など、
鍾乳石の主だったものがすべて並んでいます。
光の演出があり、様々なライティングで夜明けから夕暮れまでの移り変わりが表現されていました。

あぶくま洞最大のホールの天井です。
様々な鍾乳石が観察できます。
地下水によつて石灰石が溶かされ、高さ29mもの空洞を作っていました。
光の演出がスケール感をさらに引き立てています! !

険しい探検コースです。
両手をフルに使って大騒ぎしながら 狭い道、天井の低い道を昇り降りです。
挑戦し甲斐がありました~~~!

120mの探検コースを抜け、
最後に  満天の星 (*_*)!
足を止め みんなで、見入ってしまいました( ^ω^)・・・
鍾乳洞の出口はイルミネーションの小宇宙!!

田村市からさらに南下し、フラダンスを見たい! ! と希望者多数により
今日の宿はスパリゾートハワイアンズに。
映画「フラガール」の感激…今でも心に残っています。
日本アカデミー賞や色々な賞を総ナメでした・・・。
福島に行ったらやつぱりここは外せないと・・ (。・ω・。)ノ♡・・・・。

お部屋は、モノリスタワーのスタンダードタイプ。
広々としてとってもきれいでしたよ~~。!(^^)!
アロハシャツとムームーが用意され着替えて館内を自由に歩けます。

夕食はハワイアン料理を中心としたバイキング方式でした。
食後はプールよりも温泉と、江戸情緒あふれる与市でゆったり。
心も体も癒されました! !
お肌ツルツル、お顔しっとり(^^♪!
色々なタイブの温泉がたくさん! !あり、温泉巡りもできましたよ~~~(。・ω・。)ノ♡

いよいよ、期待高まるフラガール・ショー !
このダンスショーを目当てに来られるお客さんもたくさんいるとのこと。
光や炎、音楽も効果的に使い、
ハワイに伝わる踊りをパフォーマンスする壮大なステージ! ! 
8時半からしっかり2時間のショー、1部、2部に分かれていて、2部のファイヤーナイフダンスもすごかった~~!

迫力のパフォーマンス  !
これぞ、プロ魂! ! っていう感じです・・・・・。

みんな・・・すっごい良かった~~~! !って !
最高の笑顔 (^^♪ に 元気もらった~~~! !
フラガールの映画もかぶって 最後は涙が止まらなかったです。
温泉も良かったけど、
フラガール・ショー  楽しかった~~~~ ! !

ちょつと散歩 2017 ~ 金沢八景 その 3 ~


にほんブログ村

海の公園から歩いて称名寺に来ました~~~。
称名寺は1259年、鎌倉幕府の北条一族、北条実時によって建てられたお寺で、称名寺境内全体が国指定遺跡になっているそうです。
門の左側から入ると
しっとりと・・・・日差しが陰ってきました。
横浜市内に こんな素晴らしい! !  お庭があるなんて・・・。
右側が太鼓橋、左側が平橋、この池は「阿字ケ池」なそうです。
なんとも美しい! !

これが典型的な極楽浄土をあらわした 浄土庭園とのこと。
ひっそりとして人影はなく、聞こえるのは鳥の鳴き声だけです。
太鼓橋を渡ります。

橋を渡りきると 、安藤広重の絵(ウィキペディアより)、金沢八景「称名晩鐘」として有名な称名寺の梵鐘が。

これが その梵鐘です。
北条実時が1269年、造らせたものが、地震によって壊れたため、1301年に改めて
造られたものとのこと。

夕暮れに、この静寂の中で晩鐘が響くに様を思い浮かべます・・・。
ちょっと寂しげな・・・・・儚くて・・・・・・・・。
称名寺から再び金沢八景駅の方、洲崎まで戻りました。
ここ金沢八景は、明治期には、伊藤博文ほか政治家の別荘地がある場所として、
大正以降は海軍の軍事都市という、重層的な歴史のある場所とのこと。
伊藤博文らがこの地の料亭、東屋に籠って 明治憲法の草案づくりをしたという
その記念の石碑が 洲崎神社の近くにありました。

石碑から歩いてすぐの こじんまりとした洲崎神社。
この辺りも広重の絵「洲崎の晴嵐」に描かれている金沢八景の一つ、
昔はこのすぐ前は海だったそうです。

洲崎神社の隣、今回 ぜひ寄って見たかった、龍華寺。   
龍華寺は 源頼朝が、瀬戸神社を建てた後に、瀬戸神社の別当寺として建てた
浄願寺がはじまりと言われているそうです。
あの徒然草を書いた吉田兼好が鎌倉時代にここに住んでいたそうです。
驚きです! !
800年以上の歴史を持つお寺、ここには歴史的に貴重な宝物が・・・。

龍華寺の梵鐘は 1541年の銘があるとのこと。
県の重要文化財になっているそうです。
茅葺屋根・・・・ 何とも風情が。

龍華寺の地蔵堂にある大黒天は 金沢地区の七福神になっているとのこと。

地蔵堂前には、熱海桜。
最後に満開の桜が見れました! !   嬉しいです。

近づいてみると、何羽ものメジロが忙しそうに、花の蜜をついばんでいます。
そばに寄っても、おかまいなしです。
ピッ♫ ピッ♬ ピッ(^^♪ と しぐさがとっても可愛い! !

今日は、江戸後期の浮世絵師、安藤広重が描いた金沢八景の景勝地を辿りながら、
訪れたばかりの春を感じつつ、その6か所を廻ることができました。
歩いていたら、この辺りは鎌倉と縁の深い歴史ある地区なんだということがよく分かりました。
あちらこちらで、地元の人たちから気軽に話しかけていただき、とれたてのワカメまで
頂いてしまいました。
人情味あふれるあったかい町、金沢八景。
海が見たかったので、キラキラと寄せては返す 金沢八景の海、最高でした!!
    

ちょっと旅 2017~福島の春・その2~


にほんブログ村

会津若松の市内には、色々なタイプのレトロな観光周遊バスが走っています。
街中の時刻表を見たら、30分間隔ぐらいで走っている様子・・・
地元の人もたくさん乗っていましたよ~~ Σ(・ω・ノ)!

この街は趣ある蔵づくりの建物がとっても多いです。
鶴ヶ城近くの大通り沿い宮泉酒蔵です。白壁が映えます! !
見学、試飲も可能との事。
見学したかったのですが、時間がなくて・・ほんとに残念! ! 通り過ぎてしまいました。

鶴ヶ城のすぐ前、こちらも蔵づくり( ^ω^)・・・
会津藩御用達、お菓子の老舗、會津葵とのこと。
ここには、美術館や工芸品に囲まれた茶房もあるそうです。

会津若松は、駅周辺よりも、一駅手前の七日町駅周辺の方が見所が多いとのこと。
ここは、七日町の駅舎、このレトロな感じ、何ともステキです! !
「七日町」は「なぬかまち」と呼ぶそうです。
駅中にもレトロなカフェがありましたよ~~! !

この通りには、大正ロマンあふれる建物が、点々と・・・・。
会津漆器、絵ろうそくのお店、( ^ω^)・・・炭の専門店、まで・・・。

ここは阿弥陀寺の境内。
これは、明治3年に解体された鶴ヶ城の一部を移築したもので、
鶴ヶ城の現在に残るたった一つの建物なそうです。
もともとは、鶴ヶ城の小天守で、三階建てに見えますが、内部は四階建ての造りになっているとのこと。
阿弥陀寺の境内には、戊辰戦争で散った若き戦士たちや、新選組斎藤一のお墓などが、
ひっそりと佇んでいました。

明治時代の海産物問屋、渋川問屋です。
七日町通りでも、別格の風格です。
現在は、囲炉裏なども備えた、洋風、和風と雰囲気抜群の郷土料理のお店とのこと。

裏手には、シックで大人な雰囲気の宿泊施設が( ^ω^)・・・。
庭園内には、図書室もあり、隠家的な宿として人気があるそうです。

メンバーみんなの一番人気のここ、田楽焼きで有名な満田屋まで来ました! !
満田屋は江戸末期創業の味噌専門店です。
味噌蔵を改造した店内で、会津の郷土料理「みそ田楽」が楽しめるとのこと。

ゆずや山椒などが入った秘伝の味噌だれをぬり、囲炉裏の炭火で一本ずつ焼き上げます。

素材の素朴な味と、味噌だれの風味がとけあい 香ばしく、
なつかしい味が口いっぱ~~い! !  この椎茸絶品でした! !
里芋、ニシン、五平餅なども・・・
テンション上がり、ドライバー以外は辛口生酒を頂いてしまいました! !
気分は最高! !

旅の記念に縁起よさそう! !
この赤べこを買いました。
お腹をにぎるとモーってなくんですよ~~~! ! (。・ω・。)ノ

会津若松、初めて来ましたが、
ここは、古い建物が立ち並ぶ、どこか懐かしい( ^ω^)・・・趣のある町並みと
洗練されたモダンな雰囲気が漂う町。
福島にこんなステキな小京都の町並みがあることに感動! !しました。
お城も町もぬくもりいっぱい! !
楽しく散策できました~~~! !

ちょつと旅 2017~福島の春・その1~


にほんブログ村

サークル仲間と福島に来ました! !
目的はさくら( ^ω^)・・・
もう一年も前からの 計画で~~す! !
さくらの開花が例年より10日も遅れ、
計画がすっかり狂ってしましたが・・(。・ω・。)ノ
きょうは会津若松の市内を巡り、ちょっと足を伸ばして 鍾乳洞の阿武隈洞まで行く
予定です。
目の前に会津磐梯山が見えてきました! !
会津盆地にそびえる会津富士は東北名峰の一つとのこと。
大きく裾野を広げる標高1816mの雄大な稜線・・・・・絶景! ! です。

会津若松の街へ進みます。・・・市内はどこも満開のサクラ・・・さくら・・・! !
街全体が、うすピンク一色~~~! !

まず、市内きってのさくらの名所、鶴ヶ城へ行きま~~す! !
美しいお堀には、巨大な鯉が泳いでいましたよ~~。

難攻不落の名城と言われた鶴ヶ城は、戊辰戦争で、新政府軍の猛攻にあったにもかかわらず、籠城一か月、それでもお城は落ちなかったそうです。
明治7年石垣だけを残して取り壊されたそうですが、たくさんの方々の寄付により、昭和40年に再建されたとのこと。姿がとっても美しいお城です。

ここは全国の「桜の名所100選」にも選ばれているとのこと。
市内の高校生も中学生も おやつを持ってお花見に来ていました~~~! !

鶴ヶ城には1000本ものソメイヨシノが植えられているそうです。
それが一斉に満開なのですから、すごいです!!

天守閣の上から、城内のさくらを眺めま~~す! !
この天守閣、平成23年には、幕末時代の赤瓦でリニューアル。
日本で唯一の赤瓦天守閣なそうです。

お城とさくら・・・やつぱり抜群! ! の相性です。
日本人でよかった~~~っていう感じがします! !

ランチは会津のお蕎麦とみんなの意見が一致。
ネットでも紹介されている福島名物、会津扶ち十割蕎麦のお店に入りました。

店主の方から作り方を丁寧に説明していただきました。
叩いてお蕎麦を伸ばし、打ち粉を全く使っていないそうです。
素朴なのですが、蕎麦の香りがとっても強く、ホントのお蕎麦っていう感じです! !
お盆は上品な会津漆器!!

楊枝と一緒に・・起き上がりこぼしが・・・。
転んでも 転んでも起き上がる、福島のシンボルとのこと。
このシンプルな笑顔・・・( ^ω^)・・・いやされま~~す! !

!

市内は、観光バスや個人の旅行者、大勢の観光客で活気づいてます。
私達もこれから街中を散策します。
さっき通った道々、城下町の情緒感じる建物がた~~くさん! !
楽しみで~~~す! !

ちょつと散歩 2017 ~ 金沢八景 その 2 ~


にほんブログ村

瀬戸神社から20分程歩くと、安藤広重の絵「野島の夕照」に描かれたあたりの
夕照橋です。
白一色! !  愛嬌があります! !

広重の絵(ウィキペディアより)「野島夕照」です。
海の青色と、オレンジ色に薄く染まった夕照・・・・。
この海のブルーが最高! !
付近は埋め立てられていますが、橋の写真を撮っていたら、
「こっから見る夕やけはきれいだよ~~~! !」
と近所のおばさんが、広重の錦絵の話でしょう・・・・と声をかけてくれました。
地元の人はとっても気軽に声をかけてくれます。

橋を渡り、息を切らしながら・・野島公園の展望台に登ります。

うわぁ!  平潟湾が一望できます! !
こちらは「野島の夕映」、
ここから見る 夕方の平潟湾も、何とも言えないよ~~~~! !と
やはり、さっきのおばさんが教えてくれました。

左手の堤防は、金沢漁港、右手には八景島シーパラダイスの三角屋根が見えます。

ずうっと向こうに うっすら房総半島が。
晴れた日には、左方向に 遠く丹沢や富士山も見られるそうです。

ひろ~~~い! ! 海を見ていると 心がすーっとします!

展望台を下り~~~かなり歩きました~~~。
足はヘトヘト・・・。お腹ペコペコ・・・・。しばし休憩です。 
ランチは、こんな籠にのったお料理。
ポン酢でいただいた 蒸し野菜と蒸し豚、甘みがあっておいしかった~~! !

食事を済ませ、足どり軽く( ^ω^)・・・海の公園まで来ました。
この辺は、広重の絵に描かれている「乙舳の帰帆」の面影が残る地域とのことです。
この内側には、寺前という旧海岸線があったとのこと。
今は人工の砂浜になっているそうですが、日差しもあったかくて、ひたすらのどか・・・春の海です。

潮干狩りをしている人が・・・・
ここは、放流貝ではなく、自然発生した本物の地アサリで、
しかも無料で潮干狩りを楽しめるとのこと。

ビーチのすぐ裏手には芝生の松林があり、ベキューをしているグループも・・・。
近くには、バーベキューも楽しめるカキ小屋もありましたよ。

すぐ前には、八景島のシーパラ。
海ってやつぱり気分がい~~~~いっ! !
景色も気分も最高! !
ほんとうにパラダイスです。
これから 鎌倉時代に北条市一門が菩提寺として建てたという 称名寺に
行ってみま~~す! !