ちょつと旅~2016 奥能登のリーズナブルな旅・2 ~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




能登中島駅に到着しました。この駅、


愛称は「劇場ロマン駅」と。レトロな雰囲気になごみます。


このホームは2011年、サントリーBOSSコーヒーのCM「駅員篇」の舞台になったそうです。 


近くには、のと演劇堂があり、仲代達也の無名塾が合宿に来ている演劇の町でもあるそうです。
なんと、ステージの後ろには緑地。


駅舎の中には、無名塾のロングラン公演のポスターがたくさん。


今日の宿、九十九湾に到着です。
白さぎが・・・・・。
水面に映って・・・・・。
全く動きません。


波がとっても静かです。穏やかで美しいです。


お部屋も豪華じゃないけど、こんな感じでまあまあ・・・・。


夕食は、おいしかつたです。
九十九湾で採れたサザエやエビ、イカ、カレイやお肉、お刺身まで


あの旅行代金で赤字にならないのかしらと・・・・・。


翌朝は、豪快な大雨です。


見附島へ。この島、軍艦に見えることから、軍艦島と言われているそうです。
島まで渡れる石の通路がありましたが、雨でキケンなのでここでストップです。


ようやく雨もあがりました。
能登半島最北端の町、珠洲市にある白亜の禄剛崎灯台へ


日本の灯台50選に選ばれているそうです。
ここは 海から登る朝日と 沈む夕日が同じ場所でみられるとのこと。
なんだかステキな話です。


近くにはコスモスやすすき・・・・秋真っ盛りです。


禄剛崎一体は、海岸段丘が発達、沿岸には千畳敷と呼ばれる海食台地が見えました。
抜群の透明度でした。


すず塩田村へ。日本で唯一残る揚浜塩田なそうです。


海水を砂の塩田にまき、塩分を凝縮させて、こし、大釜でじっくり煮詰める作り方なそうです。


塩はなめても、しょっぱくないのです。とって もまろやかでした。


最後に行った垂水の滝、滝の流れが直接海に注いでいます。


真冬には、日本海からの強風にあおられ、滝の水が真っ逆さまに吹き上がるので
「吹上の滝」とも言われているそうです。


輪島朝市の九谷焼、ちょつとおすまししている表情が かわいかったです。


奥能登をめぐる一泊二日のツアー旅、特に九十九湾の宿、炭火の囲炉裏で
採れたての海産物を焼きながらいただいたのが、最高! ! でした。
楽しく、おいしく、安く、大満足なステキ旅でした。




にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

ちょっと旅~2016 奥能登のリーズナブルな旅・1 ~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




NHKの朝ドラ「まれ」を見て以来、いつか能登に行ってみたい! !
と思っていたのですが、丁度 新聞にリーズナブルな広告が。
即決めて先日行ってきました。
往復飛行機、添乗員付の一泊二日のバス旅、ツアーなのですが、23000円でした。
ビックリです! !


羽田発8時55分、約50分のフライトです。


ロビーには、先日の羽田整備工場見学の際にも見た、千住博さんの作品「風の渓谷」がゆらいでいます。


この日はすっきり晴天、ラツキー! ! 富士山が。


能登の港が見えてきました。
地上が見えるとちょつとコワイ! !


里山空港なんて、ネーミングがかわいい! !


まず輪島の朝市に向かいました。
出店が200軒ちかくあるそうです。


地元でとれたタコ・・。
こんな大きいのが とれるんだ~~! ! すごい。


「こうてぇ~~! !」おばちゃん、頑張ってます。


「くちこ」ってなまこの卵巣で、能登の高級珍味なそうです。
ねっとりと濃い凝縮した味とのこと。
食べたことないです。でもちょつと・・・いいです。


豪華な! ! 輪島塗の漆器。
売り子さん、輪島塗のピアスしてました。
すてきでした。


しぶ~い陶器も・・・・。


昼食は各自で食べました。
能登牛のステーキ丼、やわらかく、とってもデリシャス!!
この輪島塗のお箸、お持ち帰り下さいと。うれしい! !


白米千枚田です。

小さな田んぼが日本海を望む海岸線まで続き、牧歌的~~~~~!!!です。
もうほとんど稲刈り終わってました。
2011年世界農業遺産に認定されたそうです。


のと鉄道、穴水駅から、ローカル列車のちょっと旅です。
この列車、「花咲くいろは」という能登を舞台にしたアニメのイラストが・・
なんだか 心がはずみます。


車窓は、能登半島のどかな風景、旅情あふれる日本海、真っ青な空・・・・・。

能登の素朴な里山、里海に広がる日本の原風景・・・・・・、昔ながらの佇まい、
ぬくもりがありました。
能登中島駅までローカル線の旅が続き、今日の宿、九十九湾に向かいます。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

フランス⑪ 睡蓮の池は、モネの絵 さながら

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




花々が咲き乱れる庭から 地下道を通りぬけると、池が見えてきました。
モネ自身が作り上げた睡蓮の庭。
50才の時に、この家を購入したモネは、池を掘り、睡蓮を植えたそうです。


モネが愛し、さまざまなインスピレーションを生んだ池、
光によって変化する自然の美しさを この池から見出した最高の場所・・・・
ここで、あの「睡蓮」の連作が生まれたのです。


この感じ・・・、モネの絵に近いと思います。
まるでモネの絵の中に入り込んでしまったよう・・・・。


しばし見とれてしまいます。


柳ってこんなに美しい! !と初めて感じました。


カモミールも いい香りです。


日本の太鼓橋をイメージして作られたといわれる橋です。


ダリアもこんなに鮮やか! !  


竹藪もあり・・・日本庭園の感じもします。


モネのアトリエ跡のミュージアムショップ。
天井がガラス張りで明るい陽射しが入ってきます。
睡蓮の絵も映えます。


村のインフォメーションに楽しいラビットが。


この村一帯は、新鋭芸術家のアトリエがたくさんあり、
それぞれの中を見ることができました。


村はずれの、名もない 小さな教会に モネは眠っています。


お墓にも花々が・・・・・・。
しづかに手を合わせます。


モネの美しい庭、木々や草花のみずみずしい色、とっても心を豊かにしてもらいました。


きのうから続いたモネの旅・・・・・・・・・・・奥深かったです・・・・
いつまでも、心に残りそう・・・・・。


あしたから 世界中から巡礼者が集うルルド、トゥールーズ、カルカッソンヌへ2泊3日の旅に出ます。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

フランス⑩ 風がささやくジヴェルニー・モネの家

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




ルーアンから列車で30分程、ヴェルノンに到着です。
ジヴェルニーまではバスを使います。
電車から降りたほとんどの人が、そのバスに向かうので、迷うことはありませんでした。


20分程で、ジヴェルニーに。
ここは、パリから80km西方にある小さな村。
モネが1883年から1926年、86才まで暮らした家があります。


通り沿いの可愛い家々・・・。


村のレストランでは、心地よい太陽の下、ゆるりとランチとカフェを楽しんでいる
人々が・・・・・。
パリとは、空気が違います。
時間の流れも違います。


モネの家に到着です。


入り口には、モネの写真が。


敷地内には、花々が咲き乱れ、まさにモネの絵のような風景が広がっていました。


モネのリビングです。ここで絵を描き続けていたそうです。


2階の寝室。リメイクしているのでしょうか。
可愛い過ぎる・・・・・・。


玄関、廊下、階段など、あらゆる所に浮世絵が飾られていました。
その数なんと231枚と。


ダイニングは黄色一色。光もいっぱい入ってきて・・・・。


キッチンはピッカピカに磨かれていました。
モネは料理好きで、よく画家仲間を招待したそうです


モネ自身が手掛けた庭、きっちりと手入れされた庭には力強い花々が・・・・。
マリーゴールドの花も腰の高さまでありました。


風のあま~~い匂いが・・・・・。ミントの香りも。
サワサワと草木がささやいているようでした。

庭の向こうには、あの睡蓮の池があります。






にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

フランス⑨ 予定外に行ったルーアンの 美しい街並み

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




今日は日帰り旅。
ジヴェルニーに列車とバスで向かい、モネが晩年過ごした家と睡蓮の庭を見て来ます。


地下鉄オペラ駅からサンラザール駅へ。
そこからジヴェルニーの最寄り駅ヴェルノンへ、さらにバス。
約一時間半の旅です。


サンラザール駅の広いこと、出発ホームを探すのに時間がかかり、結局係員にチケット
とヴェルノンと書いたメモを提示。
ずっとずっと先の25番線から 無事8時17分発の列車に乗ることができました。


親切にジェスチャーをまじえて教えて頂いた係の方に感謝です。


列車はルーアン行、
ルーアン!!!、昨日見たモネの絵、「ルーアンの大聖堂」のあのルーアン???じゃない!!!
行ってみたい。
急に終点のルーアンまで行ってみようということになり、ジヴェルニーにはその帰りに寄ることに!!!
持参の時刻表でなんとかやりくり・・・・。それでも夕方7時頃にはホテルに戻れそう。



10時5分ルーアン到着です。


駅からまっすぐな緩やかな坂道を下ると、路地、路地に木骨組みの家が見えてきました。


ノルマンディスタイルの街並み、
「町そのものが美術館」ともいわれているほど美しい街並みです。


旧市街地の様子です。ここはローマ時代からノルマンディ公国の首都としても栄えた
古都とのこと。
ジャンヌダルクの終焉の街としても知られているそうです。



ノルマンディの最高裁判所です。


手前壁面に見えるボコボコした穴、
第二次世界大戦のノルマンディの戦いの跡を、修復せずに残しているのだそうです。


激しい戦闘の様子が、弾痕の跡から伝わってきます。心が痛みます。


ゴシックのルーアン美術館。
モネやシスレーなどのコレクションはフランス第2位の所蔵とのことです。


通りを右に曲がると旧市場広場に出ました。
木骨組みの古い建物が立ち並んでいて 目を楽しませてくれます。


この変わった現代的な建物、ジャンヌダルク教会です。


英仏100年戦争で、フランスを奇跡的に勝利に導いたジャンヌダルク。


にもかかわらず、1431年わずか19才で魔女として断罪され、ここルーアンで火刑に
処せられたとのこと。


中に入るとビックリ!!!です。
船底をひっくり返したような木組みの天井、
この一面のステンドグラス!!!


ルネッサンス期に造られたものと。
すごい技術、鮮やかで、きれい!!!


通りに出ると、骨董店やおしゃれなお店が並んでいます。
マカロンのタワー発見!!!
このお店、「ジャンヌダルクの涙」という可愛い焼き菓子も売ってました。


めずらし~~い!!!
ハチ退治グッズいろいろ・・・の専門店もありました。


通りを左に曲がると、レトロな街並みの中でも ひときわ目を引く
荘厳な飾りの大時計。
14世紀から1928年まで一度も止まることなく動き続けたそうです。


大時計を通り抜けると、ゥワーッ!!!!!
ルーアン大聖堂の迫力が・・・・。
高さ152mの尖塔が見事です。



大聖堂です。
12世紀から400年かけて完成した大聖堂、フランスゴシックの最高峰とのこと。
高さがカメラに収まりません。


夜にはライトアップ、光と音のスペクタルショーが行われ、夜中まで観光客で賑わうそうです。


レースのような繊細な浮彫装飾に見とれてしまいます!!!


モネは向かい側にあるショップの二階で、30点もの「ルーアン大聖堂」の作品を
連作したそうです。


教会の中です。


短時間の滞在で忙しく回りましたが、ヴェルノンへの列車は12時12分発。
ルーアン、ベリーグッド!!!
街中で買ってきたビールとフランスパンのサンドイッチで車中ランチです。




にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村