ちょつと散歩 2017 ~ 金沢八景その1 ~


にほんブログ村

きょうは朝から雲一つない、いい天気! !
家に居るのはもったいないので 海が見える 金沢八景まで散歩に
出かけま~~す! !
金沢八景は、横浜市金沢区、すぐ隣はもう横須賀です。
古くから交通の要所として、鎌倉への海上輸送の荷上場として栄えてきたそうです。

駅では、駅前再開発とシーサイドライン新駅の工事中、
以前見たことのある駅前の風景は一変していて ちょっとビックリしました!
駅前の国道16号線を渡るとすぐ、琵琶島神社、前に見える海は平潟湾です。
久しぶりに見るうみ~~~っ! !    思わず背伸びして~~深呼吸! !
やつぱり海はイイです! !

~~

鳥居前の観光案内版を見たら、
以前には この辺り、「瀬戸入海」と呼ばれたひろ~~~い! !入江があったそうです。
これらの内海を囲むように、金沢の八景があったとのこと。
江戸時代には安藤広重の描いた八枚の錦絵により、金沢八景の名勝が広く知られた
そうです。
八景は、8つの景勝の場所を総じての呼び名とのこと。

この辺りの土地勘はまったくないのですが・・・・。
取り敢えず歩いてみよう! !
今日は、この安藤広重が描いた8つの景勝地をできるだけ回ってみたいと思います。

ここ琵琶島神社は平潟湾に突き出した 本当にちっちゃな半島です。
周りにビルが立ち並んでいるなんて 思えないこの空間、
潮のかおりが気持ちいいです。

目の前は平潟湾、広重の絵では、「平潟落雁」として描かれているとのこと。
シーサイドラインがぐるっと平潟湾を囲んでいます。
春の海・・・・
ひねもす のたりのたりかな・・・・っていう感じです。

琵琶島神社の国道を隔てた真正面にあるのが、瀬戸神社です。
こんもりと木々に囲まれています。
今から1500年以上も前に海神を祀ったのがこの神社の起源とのこと。
源頼朝が鎌倉に幕府を開く際に その鬼門の守り神にもなつたそうです。
・・・・すごい歴史です。

瀬戸神社から歩いて2~3分、瀬戸橋の脇には釣船屋さんが何軒かあります。

ここでは、こんなに魚が釣れる ! ! ・・・Σ(゚Д゚)

海辺に寄ってみると、ワカメを採っている船が・・・。
「ワカメ持ってかないか~~っ」と声を掛けられてしました。
ワカメのしゃぶしゃぶが美味しいのだそうです。
気軽に声をかけられ 思わぬのいただきもの うれしいです。

江戸時代のこの辺りの広重の絵(ウィキペディアより)
「瀬戸秋月」です。
月あかりが映し出す風情あふれる海の様子・・・何だか とっても優雅! !

この絵の右側の料亭のような建物や舟遊びの様子、昔この辺は、花街だつたそうです。
今でも船着き場があるこんな料亭が一軒ありましたよ。

昔の面影が少し残っている・・・瀬戸神社界隈。
月明かりの枇杷島は、今でも広重の絵のような美しい松や、静かな海が見えそうです。
これから また、広重の絵をたどつて、海の夕照がすばらしいと言われる野島公園まで歩いてみます。

ニュージーランド⑪ スリル万点 マウントクック上空の遊覧飛行


にほんブログ村




いよいよ旅のハイライト、アオラキ・マウントクツク国立公園の上空を飛びます。


サザンアルプスの分水嶺、ニュージーランド最大のタスマン氷河、
マウントクックなどを上空から眺めるコース、
飛行機は小型で8人乗り、ちょつとドキドキですが、約40分のフライトに出発です。


マウントクックが見られる確率は、50%ぐらいなそうですが、今日は雲一つない晴天、
ラッキー! !です。


マウントクックを目指し、高度を上げています。
下を見ると、ちょっと怖いです・・・・。


眼下に広がるミルキーブルーのプカキ湖、夏の間は、トラウトやサーモンのフィッシングや水上スキーなどを楽しむ人々で賑わっているそうです。


中途半端なこの高度・・・・・落ち着きません・・・・


グネグネとしたゴットリー川が見えてきました。
テカポ湖を形成したのと同じ氷河に削られてできた谷川なそうです。


砂利の川原は2Kmもあり、いくつもの川筋が網目を描くように流れています。


シバルト山とシバルト山脈(たぶん?  パイロットの方に説明していただきましたが たくさんの山々、ちょつとわかりずらかつたです・・)が見えてきました。
右側に見えるのがシバルト山脈で、その頂点にあたるのが、標高2800mのシバルト山なそうです。


羊飼いの人たちは、眼下の たにまに点在する小屋に泊まりながら、何日もかけて羊を移動させるのだそうです。


マウントクツク国立公園の上空に来ると、ゴットリー川の源流付近に、ゴットリー氷河とクラッセン氷河が見えてきました。


目を見張る壮大な山々・・・・。
夏は、氷河から融け落ちた氷塊がゴットリー川へ流れ込むそうですが、融雪は見られません。


氷河が次々に目に飛び込んできます。
マーチソン氷河まで来ました。
全長16Kmのマーチソン氷河は、ニュージーランドで2番目に大きな氷河なそうです。


タスマン氷河の氷帽とマルテブルン山(手前、3170m)とのこと。
全長29Kmにも及ぶニュージーランド最大のタスマン氷河。
表面は、最大800mの雪の層に覆われているとのこと。


この氷河にスキーをつけたセスナ機で着陸し、静寂を味わうツアーもあるそうです。
凄い企画です。


広大な雪原には、山小屋もあり、スキーや登山の人気スポットになっているそうです。


マーチン氷河とタスマン氷河は、マルテブルン山脈を挟んで平行に並んでいます。


ついにアオラキ・マウントクツク(3754m)です ! !
アオラキとは、「雲を突き抜ける山」という意味なそうです。
堂々たるニュージーランドの最高峰です。


ゾクゾク~~~~してきます。
初登頂は地元の19才のジャック・クラークが達成したそうです。


手を伸ばせば 触れられると思われるほど近づいて着ました。
すご~~~い! ! !です。
この迫力!  !


1991年、この山頂で、標高が20mも低くなる大規模な岩石なだれが発生したそうです。
この急斜面を・・・・。


もし、なだれがなかったら、富士山とほぼ同じ高さなそうです。


南面の巨大な岩肌が目を引くラペルーズ山です。
青空にくっきりと美しいです。
こちらも劣らずの迫力! !


タスマン氷河湖が左下に見えてきました。
この湖は1991年に形成されて以来、拡大し続けているそうです。
タスマン氷河上流の氷雪原から500年かけて今の位置まで移動したもので、
湖の底は、厚さ200mを超える氷の層になっているそうです。


もうすぐテカポ湖 飛行場に着陸です。
あっという間の40分でした。


すべてが想像をはるかに超える体験でした。


タスマン氷河は、少しづつ、谷間の岩肌を削りながら、ゆつくり動いているそうです。


自然が作り出したこのダイナミツクな景色いっぱいのニュージーランド! !


いつまでも忘れられない思い出になりそうです。


これからクライストチャーチへ、飛行機でオークランドに向かい、日本に帰ります。

ニュージーランド⑩ 雨にけむる ミルフォード・サウンド


にほんブログ村




さあ! ! ミルフォード・サウンドクルーズに出発です。


ここは、南島西海岸側。
遠い昔 氷河に削られてできた 世界遺産に登録されているフィヨルド、
ニュージーランドでも1.2を争う観光のシンボル的な場所なそうです。


雨にけむるミルフォード・サウンド。
年間三分の二以上も雨が降っているとのこと。


霧が流れていて、次々に山の形が変わっていきます。


この景色こそ、ロード・オブ・ザ・リングの「滅びの山」みたいです。


何重にも険しい山々が霧がかっていて、幻想的・・・


濃い色の深い海から ほぼ垂直に突き出す崖の上には、いくつもの峰が並び、最大落差
1000mにもなる滝が流れ落ちてきます。


岩の間から流れ落ちる滝・滝・滝・・・。


こんな雨の日は水かさが増し、優大な風景をいっそう迫力あるものにしています。


雨天時には、何千ものこんな滝が見られるそうですが、これらの滝は快晴時には涸れてしまい、恒久的に見られる滝は、たったの2本、一つは160mのボーウェン滝、もう一つは155mのスターリング滝なそうです。


いくつもの船がスターリング滝に近づいていきます。


滝のギリギリ近くまで船は寄っていきます。


ハイライトの ここスターリン滝の水しぶきを浴びに、船が集まっています。


みんなで 頭から 水しぶき  浴びてます。


気持ちい~~~いっ! ! !


切り立った山肌・・・・あちらこちらから滝水が流れ落ちています。


この神々しい風景、
山々の威厳、
圧倒されてしまいました。

雨のミルフォード・サウンド、 スーケールの大きさにビックリ! !
レインコートは着ていましたが、びしょ濡れです。


このダークな景色 うまく説明できないのですが・・・・最高でした!!
この先を15Km程進むと タスマン海に出ます。




台湾の旅⑭ 港町高雄の雰囲気万歳! ! 旗津半島へ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




今日は高雄市の西側、港町の雰囲気万歳、旗津半島まで、フェリーに乗って
行ってみます。
少し霞んでいますが、朝、ホテルからの高雄港の様子です。


この海のずうっと向こうは、もうフィリピン・・・。


旗津半島は、高雄港を覆うように伸びる 幅200m、長さ11.3Kmのとっても小っちゃな
半島です。


最寄駅は、地下鉄「美麗島駅」から橘線に乗り換え、3つ目「西子湾駅」。


フェリーは、高雄市の鼓山輪渡と対岸の旗津輪渡を結んでいます。


10分毎に次から次に発着するフェリーに乗り込みます。


フェリーの2階に上がりました・・・・ 


なまあったかい風( ^ω^)・・・汐のかおり・・・。気持ちイ~~イです! !


バイクも自転車も、次々に乗ってきて、あっという間に出発です。


レトロなフェリー、
休日には高雄港を巡る遊覧船にもなるそうです。


大型船がたくさん行き交っていて、船上からは、高雄と旗津の街並みが見渡せ、
なんとも、旅情を誘います。


対岸にうっすら高雄85が。
この 独特の活気 ! !


あっという間に旗津に到着。
ずうっと向こう、丘の上に旗后灯台が見えます。


港に到着すると、名物の輪タクやレンタサイクルのお店が並んでいます。


値段は なんと!! 交渉しだいなそうです。
この竹カゴの帽子、涼し気~~! !


路の両側には、夜市のように食べ物中心の屋台やお店が並んでいます。
これは、なに?
「梅の愛玉」?


買ってみたら、こんなドリンク! !
梅、ハチミツゼリー・・・という感じの甘酸っぱい飲み物でした。


目の前のにぎやかな通りを進むと、カラフルな天后宮が見えてきました。


この屋根、鯛や龍や鳳凰(?) とっても にぎやかな飾りつけです。
中国伝統の寺院建築とのこと。


ここは、名が知られたパワースポット。
しばし祈りを捧げます。


旗津は海産物のメッカ。
新鮮な魚介類をその場で調理して食べられるお店が、
フェリーターミナルから外海に出るまで、道沿いにズラリと並んでいます。


ツヤツヤと新鮮、今にも飛び跳ねそうです。


通りを進むと、海水浴もできる海岸公園が続いていました。
急に日がさしてきました。
南国の強い日差しが刺激的です。

公園沿いは、サイクリングコースになつていて、気持ちよさそうに走り抜けていく
自転車が目につきます。


高雄港の北の入口を守る一帯は 夕日の名所となっているそうです。


南国の海風に吹かれながら、遠く台湾海峡に浮かぶ船々のシルエット、
たそがれ色に染まる夕日を眺めれば、最高の気分に浸れるに違いありません。


夕方までここに居たいのですが・・・・残念("^ω^)・・・
午後には、新幹線でまた、台北に戻ります。

ちょっと散歩2017 ~皇居周辺の桜・さくら~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村




親戚が所用で上京して来ました。
時間があったので ちょうど満開のさくらを見に、千鳥ヶ淵に行ってみよう~~~っ! !と、
さっそく話がまとまり、東京駅からスタートして、皇居周辺から千鳥ヶ淵まで
ぐるっと廻って来ました。


ここは、東京駅の斜め前の大手門、青い空に突き出した高層ビルを背景に しだれ桜も
見ごろを迎えています。


東京でさくらが見られるのもあと数日! !
今日のこのタイミング、最高です! !


皇居東御苑に入ってきました。こんなに広い芝生広場があるんだ!
きもちい~~いっ!!


後ろはビル群なのに・・・このゆつたり感! !   
ここには、旧江戸城の本丸と二の丸があった場所なそうです。


周りにはソメイヨシノ、里桜、山桜など280本もの桜が咲いているとのこと。
これは、アマギヨシノという桜・・・この咲きっぷり \(◎o◎)/!
勢いある~~~っ! !


北桔橋門のすぐ近くにある天守閣跡です。
かつては、本丸を含めた江戸城の様子が見渡せたそうです。
今日は、大手町や丸の内がよく見えます。


今は、石垣だけが残っていますが・・・・なんだか不思議な空間です。
意外に狭いんだ~~・・・・。


北桔橋門から北の丸公園の方向を見ると、とってもステキな風景! !
都心とは思えない豊かなみどりが・・・・・。


東京にもこんな場所があるんだ! !  初めて見ました。


北の丸公園を抜けるあたりに、突然こんなな建物が・・・・。これは何? 
旧近衛師団司令部庁舎と表示がありました。


明治43年に建てられた明治の代表的な洋風建築とのこと。
今は工芸やデザイン全般をコレクションする美術館になつていました。
関東大震災や第二次大戦をくぐりぬけ、ほぼ完全な姿をとどめている重要文化財な
そうです。


中に入ってみました。
こんな作品が展示されていました。ガラス製で外国の方の作品です。
ハンマーでカットした作品なそうです。
とってもきれい! !  この鮮やかさ、素晴らしいです!!


千鳥ヶ淵公園に入ってきました。
春らんまん・・・、この柔らかなみどり・・・・日差しにつつまれて・・・・


見渡す限りの桜・サクラ。さくら・・・ぽかぽか陽気と・・お堀と・・ボート・・・・。
でも ここは都心、ボートはなんと、2時間半待ちでしたよ。😅


お堀の水面に向かって、こんなに枝を伸ばし、ボリュームたっぷり~~! !


これから 花吹雪が舞い、散ったさくらの花びらが水面に浮かぶ花筏が 
また、ちがった美しさを見せてくれます。


都内屈指の桜の名所、東京、皇居周辺の桜を案内でき、なによりのおもてなしができました( ^ω^)・・・。


ビルに囲まれた都心にもかかわらず、緑いつぱい、桜いっぱいのこんな広い空間があったなんて驚きです! !


季節はどんどん進んでいます。
さわやかな新緑の季節も もうすぐです。





にほんブログ村