フランス⑲ 城塞の中は おしゃれな旧市街地  


にほんブログ村




カルカッソンヌは難攻不落のお城でしたが、十字軍側の征伐の対象になっていた
そうです。


十字軍から兵糧攻めにあった際に、無駄な抵抗を辞め、即降伏したため今でも昔の
ままの光景が残されているとのこと。
旧市街地は中世の雰囲気満載です。


城塞の窓からはずうっと歩いてきた、新市街地が見えます。
遠くには、ピレネー山脈を見ることができました。


近郊には、ブドウ畑が広がっています。


南仏風の丸い瓦屋根、ベージュ色の壁、城塞の円錐形の屋根、不思議な感じです。


売り出し中の別荘もありました。


下に降りて 旧市街地を散歩してみます。
城内は狭い通路の両側にお店やホテルが並び、とっても賑わっています。


観光客のためのたくさんのお店は、それぞれがとってもおしゃれです。


ブドウ棚が涼し気なカフェ。


カラフルな風車が似合います。


大司教館を改装したという5つ星ホテル、「ド・ラ・シテ」
時間によつて変わっていく城郭の表情を お部屋から 眺められるそうです。


フランスのお菓子、ヌガーもカラフル!!!


かわいいお菓子がたくさん・・・・・。


サン・ナゼール・バジリカ聖堂です。
11世紀のロマネスク様式の教会で ステンドグラスは13~14世紀の
ものなそうです。


路地を入るとおしゃれなレストランが色々。


こちらは、小さな井戸のある屋外のレストラン・・・。
この井戸、人気のスポットになっているそうです。


お化け屋敷 ??  


十字軍のカルカッソンヌへの進撃の歴史を 展示しているのでしょうか。 
窓から鎧が見えます。 


このお店、何屋さん??


靴屋さんでした。中はとってもおしゃれ。       
そしてこれは、時計です! !


真っ青な空に映える城塞の威容、城塞の中の街の雰囲気、
最高!!でした。


ふと時計を見たら、もう少しで12時。
時間がない! !


カルカッソンヌ駅、12時33分発の列車に乗らないと、
予約しているナルボンヌからのTGVに間に合わないのです。


城塞の出口でタクシーを探したのですが、見当たりません。
遅れたらもう一泊してみよう・・・・と思いながら・・
ホテルに向かって歩いていたら・・・・。
丁度バスが・・・ 運転手さんに聞いてみると、カルカッソンヌの駅に止まると。
良かった・・・・・。


無事ホテルでリュックを受け取り、カルカッソンヌからナルボンヌへ。
13時17分発のパリ・リヨン駅行のTGVでパリに戻れました。


途中車窓からは、南仏の明るい地中海を見ることができました。

南フランスの のどかな丘に立つ 2500年の歴史を刻んできたカルカッソンヌ、
気分は一気に中世にタイムスリップでした感じでした。
すばらしかったです! !


あしたは旅の休日、パリの町を散歩してのんびり過ごします。



にほんブログ村

フランス⑱ 世界遺産、カルカッソンヌの城塞へ


にほんブログ村




ホテルにリュックを預け、のんびり歩いてカルカッソンヌの城塞に向かいます。
ホテル脇の道をまっすぐ進むと、広場が。


広場には、こんな有料のトイレがありました。
トイレとは思えない・・・可愛らしい・・・。


道のフェンスにはアートフラワーが ずうっと並んでいました。
道々に色んなアートフラワーがあります。


オード川の「ポン・ヴィユ」(旧橋)を渡ると、城塞が姿をあらわしはじめ、
だんだん見えてきました。


カルカッソンヌのお城は、ヨーロッパ最大の城塞とのこと。
全長3㎞にも及ぶ城壁と52の塔で囲まれていると。
人気の高い世界遺産で年間200万人もの観光客が訪れるそうです。


ホテルやレストランなどが立ち並ぶトリヴァ通りを歩き・・・・・


グスターヴィナドー通りを上ると城壁の塔が見えてきました。


カルカッソンヌは紀元前6世紀頃にガレリア人が住み始め、最初の要塞が作られたのは、古代ローマ時代、紀元前3世紀とのこと。


その後 古代ローマ時代の要塞跡に トランカヴェル家統治のもとで、
11~13世紀に城壁が築かれ 内側の城壁には紀元前3世紀頃の石が 使われたそうです。


ナルボンヌ門に到着です。


こんなワゴン車もこの門を通ります。


お城をぐるっと囲む、外側の城壁と内側の高い城壁が見えます。


11~13世紀に築かれた この2重の城壁、中にあるコムタル城 それに52の青い円錐形の屋根の塔は、完璧な状態で当時のまま残されているそうです。


コムタル城の中へ。
2重の城壁のまたその中にそびえるコムタル城は、3重の城壁に囲まれていました。
どんな攻撃にも崩れそうにない、強靭な城塞です。


コムタル城の中から 城壁を巡る通路が この中の旧市街地の街を取り囲んでいます。           
これから城壁を回ってみます。


見晴らし最高!!!  テンション上がります。
円錐形の屋根の向こうには バジリカ教会が見えます。

中の旧市街地は 中世の雰囲気満載の街並みです。
旧市街地も歩いてみます。





にほんブログ村

フランス⑰ おいしかったカルカッソンヌの郷土料理カスレ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




トゥールーズからローカル列車に乗り、今日の宿泊地カルカッソンヌへ向かいます。


車窓は、ブドウやヒマワリ畑が広がっています。
世界の車窓から~~~♬~~~~♫~~~~です。


約1時間でカルカッソンヌです。
真っ白な かわいい駅舎。


この町は、1997年に世界遺産に登録されたそうです。
カルカッソンヌはフランスの世界遺産の中で、モンサンミッシェルに次いで
2番目に人気が高いとのこと。


「カルカッソンヌを見ずして死ぬな」と称えられるくらい、ヨーロッパ最大の美しい
城塞があるそうです。 楽しみで~~~す!!!


駅前にはすぐミディ運河が。遊覧船の乗り場がありました。
そういえば、トゥールーズの駅前でも見ました。
地中海のセートという町を結ぶ240㎞の水路と。


この運河もカルカッソンヌと同時に世界遺産に登録されているそうです。


大西洋岸から地中海沿岸に貨物を輸送する航路が、この運河の開通により、3000㎞も短縮できたそうです。
ジブラルタル海峡を通らなくても地中海側に行けるとのこと。


丁度、駅前の水路には水門があり、高低差のある運河、
水門を閉じて水位を高くしている様子が見れました。
こんなの初めて見ました。おもしろかったです。


駅前、橋の向こうが今日泊まるデュソレイユ ル テルミヌスです。


歴史を感じるロビー、風格があります。


お部屋は天井が高く、広さも十分、バスルームまでオレンジ色で統一されていて、
快適でした。
朝食付き2人で133€とリーズナブルでした。


廊下にこんな扉が・・・・これは何だろう??


扉を開けてみると、なんと!!!   エレベーターでした。


お部屋の窓からさっきのミディ運河が。
もう夜も8時を過ぎてしまいました。
これから ホテル1階のビストロに 夕食を食べに行きます。


生ハムとモッツアレラのサラダ。


ムール貝と 手前がこの地方の郷土料理カスレです。
白インゲン、豚肉、カモのコンフィのソーセージ入り、アツアツです。
濃厚でまろやかな風味、白いんげんのマイルドさが、とってもおいしかったです。


あしたはカルカッソンヌの城塞を見に行きます。




にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村


ちょっと旅 ~2016 盛岡・ゆこたんの森 ~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




今日は 盛岡から西に20㎞広大な紅葉樹林が広がり、温泉のある「ゆこたんの森」という宿に泊まりに行きます。


のどかな牧草地・・・・。
岩手山を背景に、小岩井農場の台地に根を張る 一本桜。
この一本桜、NHKの朝ドラ「どんど晴れ」で名前が知られるようになりました。
雲と、青空と、大地と、さくら・・・・。紅葉がまちどおしいです。


道の途中に、手作りアイスクリームのお店が・・・。


じゃがバターのアイス、はじめての味 おいし~~い!!


お店の前には、カラフルな牛が・・・・。
もみじも少し色づいています。


遊歩道のベンチで森林浴です。
背伸びして・・・・気持ちい~~~~いっ! !


めずらしい・・・秋の味覚・・・あけびです。
この実がパックリ開き、中から真っ白な果実が少し顔を出しています。


お店の前には、こんなかぼちゃが・・・・・。


ゆこたんの森に到着です。


駐車場のまわりの木々も少し色づきはじめていました。
ここはぐるっと広葉樹の森に囲まれています。


まわりの森を散歩してみました。


清々し~~~~~いっ! ! です。


太陽の光を浴びながら散歩すると、落ち葉のカサコソという音・・・
木々のあったかさが 伝わってきます。


夕食は、地元で採れた素朴な食材が多かったです。
ちょっとだけ もの足りなかった・・・。


露天風呂は最高! !、  森の湯です。
手を伸ばせば、どんぐりが・・・


木造りのサラサラとした透明なお湯にザブンとつかると
全身に快感がしみわたります


この静寂・・・・・木々たちの表情を眺めて。

森からマイナスイオンのシャワーを浴び、頭・・・からっぽ・・・にして
元気もらいました。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

ちょっと旅~ 2016 盛岡の小さい秋 ~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




久しぶりに帰省し、盛岡のあちらこちらを 自転車で散策して来ました。
ついでに郊外の森の中、「ゆこたんの森」に宿泊してきました。


紅葉には、ちょつと早かったのですが、清々しい空気に触れ、
身も心も癒されてきました。


やっぱりふるさとは最高です! !


盛岡の新名所、下町鉈屋町界隈です。
このあたりは かつて盛岡城下の南玄関口として栄え、明治期に建てられた古い町屋、
当時をしのばせる古い商家が残っています。


通りを進むと盛岡三清水のひとつ、大慈清水が・・・・。
今でも この辺りの 共同井戸として使われています。
平成の名水100選に選ばれているそうです。


飲料水、米とぎ場、野菜、食器洗い場と並んでいます。
茶道用にと 遠くからも汲みに来るそうです。


鉈屋町は、盛岡藩の南の寺院群があり、お寺が多い町です。


中国風の かわいらしい山門が目を引きます。
ここ大慈寺には、平民宰相としても知られている 原敬のお墓があります。


16体の羅漢様です。
南部藩時代に建てられた宗龍寺の境内跡にあります。
当時の地元の石工が作ったそうです。


親しみやすいお顔立ち・・・・なんだかほっこりします。


ガーデニングにハマっている知人宅の玄関先です。 
落ち着いた色の花、控えめな秋の鉢植えたちです。


ブログの許可をもらい写真をとらせてもらいました。


明治期に建てられたお家の中も拝見、
和風のたたずまい、とっても すてきです! !


肴町をぬけて 中津川まで来ました。
「岩手銀行 中の橋支店」です。


東京駅などを手掛けた辰野金吾の設計とのこと。
明治44年旧盛岡銀行として建てられ、当時の姿を完全に残しているそうです。


町なかにフツーに建っいて 今でも銀行として使われています。


町の真ん中を流れる中津川です。


初夏には岸辺一面に淡いブルーの忘れな草が咲き、
10月上旬にはサケの遡上や産卵を見ることができます。


盛岡のお国自慢、石割桜です。


ここは 裁判所の前、 市内で一番早く咲く桜です。
花崗岩の割れ目から育った桜・・・樹齢360年を超えるそうです。


町の中心にある岩手公園、別名、盛岡城跡公園です。
公園内は昔のままです。ここに来るとなぜかほっとします。
空気がひんやり・・・・少し紅葉がはじまっています。


石垣ともみじと・・・・・。
やわらかい朝の陽射しの中で、木々たちが 生き生きとした表情を見せています。


岩手公園の下、三の丸跡にある烏帽子岩です。
高さ6.6m、周囲20mもあるそうです。


この岩、強い気を発しているパワースポットとのこと。
岩にふれ、パワーをいただいて来ました。


公園下の花時計、笑顔がカワ(・∀・)イイ!!


商店街のほっこりカボチャ・・・・なにか( ^ω^)・・・
ちょつと・・・・足りないような・・・
飾り気のないほうが、素朴でいいかも。


ハロウィン🎃も近いです。

ちょっとだけでは 紹介しきれない歴史と魅力あふれる盛岡の町です。
これから寒さ厳しい冬。11月になると初雪が降ります。


真冬の雪の中でも、「もりおか雪あかり」など、また違った風情が楽しめます。
 あそびに おでんせ (いらして下さい)! !


明日は郊外の森の宿、「ゆこたんの森」に行ってみます。




にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村