ちょっと散歩~2016 横浜山手界隈~


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村





異国情緒あふれる街、横浜山手から中華街を散歩してきました。


横浜開港当時の面影を色濃く残す山手の丘、幕末から明治32年まで外国人居留地だつたとのこと。みどり豊かな公園や、西洋館が建ち並び、今なおエキゾチックでクラシカルな雰囲気につつまれていました。
ぜいたくな時間・・・・・心和むひと時でした。



横浜駅の壁画です。作者は利根山光人さんと。


港の見える丘公園には 展望台があり、ベイブリツチやマリンタワーが一望できました。


「山手」といわれるのは、「関内」から見て山の手側に位置していたからとのこと。「関内」の外国人居留地は、山手側から見て下にあるので「山下」と呼ばれるようになったそうです。


公園内はバラ園などもあり、季節の花々が彩かでした。


公園内に建っている「横浜イギリス館」、英国総領事公邸として昭和12年に建てられたと。 シンプルだけど、どっしりした重厚感がありました。


山手西洋館は、どこでも入館無料でした。


一階では、ミニコンサートが。館内に美しいメロディーが響いていました。
ここで、結婚式が行われることもあるそうです。


山手十番館。山手の象徴として親しまれているそうです。
明治100年を記念して昭和42年に建てられたと。


山手資料館、明治42年に建てられた木造西洋館で、当時の居留地建築様式を残す
ただひとつの建物との事。
館内の展示品も当時のガラス器やオルガン、蓄音機などがありました。


入口のタイル、あざやかです。


お庭にレトロな水道が・・・・・。


港らしい・・・・灯台の模型のようです。中の電話もレトロ("^ω^)・・・。


外人用アパートメントハウス「山手234番館」
関東大震災で横浜を離れた外国人に戻ってきてもらうために建てられたのだそうです。
設計者は日本人と。昭和50年代まで実際に使われていたそうです。


明るいダイニングルームです。2階はレンタルスペースで、個展が開かれていました。


元町の骨董屋さんのネコ。この場になじんでます。


お庭に立てかけてあった身長計??。なんだか、ユーモラス。


坂道の途中にこんな自転車が・・・・。かっこいい!!!


カトリツク山手教会聖堂です。開港後初のキリスト教教会とのこと。現在の建物は、
昭和8年に再建されたものなそうです。
閑静な住宅地の中に・・・・。この街の雰囲気にピッタシです。


「ベーリック・ホール」、イギリス人貿易商の邸宅です。J.H.モーガンという人の設計で、1930年に建てられたそうです。
現存する山手外国人住宅の中では最大規模で、建築学的にも価値ある建物とのこと。


コンサートなども行われたのでしょうか。ホール、雰囲気が伝わってきます。
たっぷりな窓、光がたくさん入ってきます。


庭園が一望できるサンルーム、落ち着いた色合い、
ゆったりとしたくつろぎの空間です。


ブルーのタイル、斬新です。


夫人の部屋。クローゼツトも広々していました。オレンジ系にまとまっています。
内装も色々楽しめます。


イスラム様式の流れをくむクワットレフォイルと呼ばれる小窓とのことです。
各部屋にありました。シンプルなデザインなのですが・・・・すてきです。


庭園から港みらい地区が一望できます。
明治32年、外国人居留地は廃止され、「山手町」となつたそうです。


坂を下ると元街の交差点、ここから元町のスタートです。
鳥のオブジェが・・・・・。


カフェ入口のランプ、あったか~~いです。


イタリアなどの石畳みを感じさせる通りにすてきなアートフラワー。


フランス風ワインショツプ。雰囲気出してます。


元町らしい、異国風クリスマスショップ。


このランプすてきです! !   !


シルエットのアイアンワーク、横浜な感じです。


少し歩くともう中華街。ガラッと雰囲気変わります。


たくさんの中華料理店、お腹ペコペコ。


ごちゃごちゃしたエネルギッシュなこの感じ、最高!!!!!


関帝廟にやつてきました。このきらびやかな雰囲気、細かい装飾もすばらしいです。


ここに祀られている「関聖帝君」三国志にもでてくる「関羽」とのこと。


ここ東園でランチいただきました。


飲茶セツト、とっても美味しかったです。



元町の手前にあったバル脇のちょい飲み屋さん。
通りに面しているオープンバーという感じ。こんなのはじめて見ました。
馴染みの客でしょうか、会話がはずんでいました。おもしろいです。


レトロだけど、全然古くない洋館。それぞれがすばらしかったです。
インテリアの参考にもなりそうなデザインや配色がたくさんありました。
それとは対照的なゴチャゴチャしてけるど、活気あふれる中華街、
どちらも異国の雰囲気たっぷり、見ごたえありました。
暑さも吹き飛ぶ 楽しくて おいしいひと時でした。


ちょっと散歩 ~2016 銀座~

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村




台紙になる和紙をさがしに、銀座伊東屋と鳩居堂に行ってきました。
ついでにちょっと散歩・・・・・老舗の風格と洗練された空気感、・・・
対照的に新しいお店の数々・・・・・・楽しかったです。


ブルガリ銀座店です。ブランドショツプが並んでます。
ぬけるような青空! ! !


アップルストア銀座。 店内で新しい製品の試用できます。


洗練された空間で、iPhone iPadなど展示していました。
機能の多様さ、デザイン・・・感心してしまいます。


アップルストアの裏通りにある、本物のガス灯です。
すごい!!!  本当にガスが燃えて灯りがついています。


この裏通り、「ガス灯通り」という名前がついていました。


明治初期銀座には文明開化のシンボルとして、火災防止対策として、煉瓦建築とガス灯が
使われはじめたそうです。


今でも実際のガスで輝く灯が4灯、残っていました。      
3丁目の北、南に2組。
そのうちの一つです。実際に見ると、炎がゆらめいていました。


知らなかった新たな発見です!!!  


銀座の新しい顔、数寄屋橋交差点に面する東急プラザ銀座です。
3月にオープンしたばかり。大きいです!!!
四季折々、色々な催物も企画されているようです。


銀座三越のライオン、今にも吠えそう! ! !   老舗の風格感じます。


鳩居堂のアイアンワークの看板、「San-ai」がジャマなのですが・・・すてきです。


鳩居堂のウィンドウ、梅雨模様です。
サーモンピンクの和紙を買いました。


こちらは伊東屋。隣はティファニーです。


伊東屋のウィンドウ、センス がひかります??・・・・。(笑)


裏通りに入ると、こんな路地が・・・・。三原橋横丁です。
ここは、昭和25年から続く小さな飲食街、新旧5軒の飲食店が営業しています。
昼はひっそりしています。


路地の中ほどに、和なお店が・・・。


向かい側には、歴史感じるお店も・・・・・。


路地裏・・・ちょつと寄り道したく・・・そそられます。


路地の奥には、あずま稲荷大名神・・・。本当に、ちっちゃな神社です。
銀座のクラブママが開店前にお参りしそう。


また大通りに出ると
カルティエ、この店構え、すご~~~いっ! ! !


華やかなブランド、グッチのウィンドウです。刺激的!!!
着こなせる人歩いていそう。


銀座のシンボル、和光ビル。堂々と風格あります。
1932年、関東大震災後、服部時計店ビルとして建てられたとのこと。


松屋銀座、ガラス張りが美しいです。


明治初期の京橋界隈、レンガづくりの建物がみえます。
左手前にロケットのような形をしたガス燈も見えます。今のガス燈とだいぶ形が違いますが・・・・・。


現在京橋にあるレンガ銀座の碑と 右は上の写真の左手前にあるガス燈のレプリカです。


明治期の大火により、東京府は不燃性建築のレンガを推奨したそうです。
この碑はその功績をたたえて作られたものなそうです。


碑の前にあるレンガは最近発掘されたものとのこと。


4丁目の交差点付近に新しいビル、建設中。ビールの会社でした。
そういえば、ジョツキにも見えます。


老舗のお菓子屋さん
この豆大福、おいしそう!!!すぎて、買ってしまいました。


ハリー・ウィンストン銀座店
高級感漂っています。気軽には入れませんが、すてきなアクセサリーありそう!!!


画廊入口の一枚の絵・・・・優美!!!          この絵好きです!!!


歌舞伎座です。昔の歌舞伎座の雰囲気を残しています。
好きな演目だけを気軽に鑑賞できる「当日券一幕見席」というのがありました。500~2000円ぐらいなそうです。
雰囲気だけでも・・・・・今度来てみたいです。


歌舞伎座脇に大入り祈願の神社がありました。小さいのにこの存在感・・・です。


B2階は、ショップやお食事処、大勢の人で賑わっていました。


一丁目のチョコレート屋さん、カラフルチョコレートたくさんありました。
このウィンドウ、おもしろいです。


2丁目の街灯、シルエツトがいいです。


路地を入り、能登半島のお店。リーズナブルなランチを頂きました。


器が冷えていて、お魚美味しかったです。プリンプリン! ! !

鮎の塩焼き、ちょつとほろ苦く、美味でした。


シックで華やかなバラ・・・・銀座らしい!!!     グリーンが効いています。


いかにも銀座!!!、この黒 引きつけられました。


二丁目の淡いピンクビル、ミキモト銀座。
ここのイタリアンレストラン、宝石箱と称される内装で評判とのこと。


愛らしい!!!  
天賞堂というブライダルジュエリーのお店。
お店の角からひょつこりと顔を出しているキューピット。
通りを歩くカップルに愛の矢を放つためにねらっているのだとしたら・・・・・。
すてき過ぎます!!!
ここで待ち合わせたら、恋が叶うとか。


久しぶりに銀座を歩きました。
昔からの老舗と ブランドショツプと 風情あふれる路地裏と 
入れ替わりが激しい新しいお店が混在したエネルギーあふれる街でした。
このたくましさはどこから来ているのでしょうか。
明治期には、大火から、戦後には焼け跡から、歴史の中で何度も困難から立ち上がって来た銀座の強さ・・・・・どっしりとした安定感がありました。


あのガス灯、すつかり魅せられてしまいました。
銀座の夜はまた、すてきな雰囲気に変身しそうです。










ちょっと旅 ~2016 河口湖 オルゴールの森~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村



河口湖にある 「オルゴールの森」に行ってきました。
ちょうどバラフェスタ開催中。
バラづくしの館内と、貴重なオルゴールの数々、音色に魅せられてしまいました。
見事なフラワーガーデン、少しでもこの感じ・・・・伝わればうれしいです。


中に入るとバラの上品な香り! ! !
スタッフが目立たないように咲き終わったバラを摘んでいました。


ピンクの華やかなアーチです。ボリューム満点! ! !


色、姿最高! ! !


バラの香りに包まれて・・・・しあわせ・・・。


女の子がドアから・・・・・。演出も凝っています。


この色好きです。


ショツプには、ネコのオルゴールいろいろ、
フルートの音色でしょうか・・・・。ヒモを引くとオルゴール聞こえてきます。


ヨーロッパ調のオルガンホール、仕掛けもいろいろありました。


うす~~いピンク、清楚ですがすがしい・・・・・です。


グリーンガーデンの水辺・・・涼し気です・・・・・。


遠くにうっすらと富士山が・・・・・・・・。


シンデレラの馬車のよう・・・・・・・。


自動バイオリン、100年以上も前に作成された貴重なものと。
自動演奏の原理はオルゴールと同じとのこと。


このイス、優雅! ! !      花々との共演です。


バラに囲まれ、一休み・・・・・。


オルガンホールの入口に・・・・すてきな灯りが・・・・。


ヒストリーホールで。
世界的に貴重なオルゴールや、自動演奏楽器の数々・・・。
わかりやすく解説してもらいました。


テノールオペラ歌手の佐々木さんです。
左端の自動バイオリンは1918年、ドイツ製と。
製品化されるのに200年以上の歳月がかかっているそうです。


このバイオリン演奏と 佐々木さんの「椿姫」のコラボ、聞けました! ! !
弓使いから指使いまでの自動演奏、佐々木さんのテノール、素晴らしかったです。


ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」もパイプオルガンの自動演奏をバックに聞けました。
力強い歌声、最高!!!でした。   ブラボー! ! ! ! !


手動のオルゴール演奏で、「フニクリ・フニクラ」ユーモアたっぷり。


淡いピンクだけのローズアーチ・・・・・すてきです。


オルガンホールです。世界最大規模の自動ダンスオルガン。
トランペットやパーカッションの演奏も 人形が実際に動きながら音を出していました。
圧巻です!!!     演奏もボリューム、迫力満点!!!





バイオリンとピアノの生演奏をバックに、砂と指で絵を描いてストーリーを追っていく、
サンド・アートライブもすばらしかったです。この日は「竹取物語」でした。
外国の方々のために、英語、中国語、アラビア語での訳もありました。


このデザイン、見とれてしまいました。


ミニ美術館、ひとりの作家の作品販売していました。


お庭の向こうは河口湖です。


この窓からからくり人形が出てきて、トルコマーチの演奏始まります。
同時に噴水ショーも見れました。



カフェ入口のアーチ、香りに誘われてしまいます。


オルゴールの森から一歩外はハーブガーデン・・・・・。
ラベンダーごしの富士山、雪が大分溶けて夏模様です。


ハーブ色々・・・・・いい香り・・・・・。



河口湖町の信号は富士山です。


名物のほうとう屋さんに寄りました。


かぼちゃほうとう、とっても大きなかぼちゃ たくさん入っていました。
ホクホクして、美味しかったです。


オルゴールの森の駐車場の前にあったクリスマスショップ。


カメラOKと・・・・。サンタやスノーマンのぬいぐるみ・・・賑やか。
たのし~~~いです! ! !


クリスマス、待ちどおしい!!!


スコップもこんな風に絵を描くと雰囲気盛り上がります。今度挑戦してみたいです。


オルゴールの森で
民族衣装を着た女の子、シャララ~~ン、キラキラっとパイプをゆらし、
透明な音色奏でていました。


色とりどりのローズガーデンは、河口湖の風景や樹木などの自然とバラが調和するように設計されていました。


バラ担当スタッフに敬意と感謝です! ! !


とても貴重なオルゴール・・・・、自動演奏とオペラ歌手とのコラボも迫力満点でした。


河口湖の一角・・・・・・感動のひと時でした。


ちょっと散歩 ~2016 目黒 ~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村





東京都庭園美術館の「メディチ家の至宝」展を見に、目黒まで行ってきました。


午後には気温が30℃にも上昇したのですが、カラッとした陽気にめぐまれ、目黒の街を気持ちよく散歩できました。


意外にお寺や神社が多く、個性豊かなカフェや居酒屋もありました。



東京都庭園美術館は、旧朝香宮邸で、皇族のお屋敷だった緑深い、ひろ~~い敷地に囲まれた美術館でした。
日本庭園、西洋庭園も美しかったです。


アールデコ調と言われる内装、豪華なのですが、
それを感じさせない落ち着いたベージュっぽい色合いや、シンプルなデザインがとってもすてきでした。


メディチ家のジュエリーの数々、素晴らしかったです! ! !
息を呑む豪華さでした。
美術館の中は撮影できませんでした。


入口のアーチから見ると・・・・・・みどりも力強いです。


売店やカフェのある棟です。ガラスと日本庭園のみどりが、いかにも涼し気で、
デザインが映えます。


西洋庭園のオブジェ、この作品、好きです。


こちらも、みどりと調和して、すてきです。


美術館を出て、目黒駅に向かって歩いていたら、カレーのいい香りが・・・。
内装がエキゾチックなカレー専門店でした。布地のキルトみたいな壁おもしろいです。


ビルの隙間にあった壁面のグリーン。スペースがなくてもできる癒しの空間です。


行人坂、とにかく、急勾配! ! !下るのも、登るのも大変です。
平均勾配15.6%とのこと。上と下の落差が約22mあります。


坂の途中の大円寺に大日如来堂を造るために、多くの行人がこの辺に住むようになり
行人坂と呼ばれるようになったそうです。



この急坂の途中にへばりつくように「大円寺」はあります。
このお寺には、たくさんの石仏がありました。


入って左側には、五百羅漢像、
やわらかい夕日にはえて、ひとりひとり優しくみえますが、それぞれが豊かな表情です。


真摯で凛々しいお顔立ち。見ている方も凛としてきます。


ほほえましいです。


しづかな笑顔、心落ち着きます。


店先に置いてあった子供のながぐつ。かわい~~いじゃん!!


坂を下って目黒川の太鼓橋を渡りました。今度桜の季節に訪れてみたい・・・・・・。


小さなバック屋さん。時々しかお店を開けないそうです。
気まぐれバック屋さんです。


昭和レトロな居酒屋さん。さび具合にも味があります。


通りに面して可愛い洋服屋さん。バックや帽子も涼し気です。


通りの奥に隠れ家的なカフェ発見! ! !


自作の作品を色々配置しているアトリエカフェという感じのお店でした。


お食事もできました。「焼魚定食」な感じではなかったのですが、
頂いたらとても美味しかったです。


2階はアトリエ兼作品の展示場になっていました。
柔らかな日差し、白い窓、ガラス越しのみどりの蔦が優しいです。


このしぶ~~い感じ、どうすればこんな風に仕上がるのでしょうか。


このランプもここでの作品です。あったかさ、伝わってきます。


サラダが似合いそうな、可愛いお皿です。


更に大きな通りを渡って五百羅漢寺へ・・・・・・・・・・・ 圧巻でした。
300以上残っている等身大の迫力ある羅漢像。
300年前、松雪元慶(禅師)という人が、托鉢で集めた浄財を元に十数年かけて作り上げたそうです。
残念ながら撮影禁止でしたが、感動しました。



「庖魂の碑」がありました。魚の形をした自然石です。魚鳥と庖丁を供養しているそうです。はじめて見ました。


五百羅漢寺から300m程先にあった たこ薬師、
こじんまりとしたお寺なのですが、子宝や出世のご利益を求めて全国から参拝客が訪れるそうです。


さっきのアトリエカフェで出会った おしゃれなワンちゃん、また出会いました。


罪を犯した権八と遊女小紫の物語、
江戸版ロミオとジュリエットのような二人を哀れんで建てられたのが、この比翼塚と。
この物語は、浄瑠璃や歌舞伎に脚色され、「お若け~えの、お待ちなせ~やし」
という有名なセリフとともに 今でも演じられているそうです。
比翼塚の前にちっちゃな石仏ふたつ、2人を供養しているのでしょうか。
かわい~~いっ!!


目黒不動尊に着きました。
808年に創建されたお寺で、江戸時代の三大不動尊の一つとのこと。
この辺、江戸時代には門前町として とても栄えたそうです。
落語の「目黒のさんま」は、このあたりにあった参詣者のための茶屋が
舞台だということです。



境内に「無事」かえるが・・・・。なぜか哀愁たっぷり・・・・・。


本堂です。
厳かに・・・・・手を合わせました。
この朱色、大きな提灯・・・・・・はなやかです。


本堂の背後に堂々たる大日如来像がありました。
逆光ですが・・・・・・。
1683年作と。お顔がとてもやさしいです。


比翼塚にあった 本当にちっちゃな石仏。
得もいえぬこの表情・・・・・。
最高です! ! !



目黒には、驚くような急な坂がありました。江戸時代には「夕日の丘」と呼ばれ富士山も見られ、美しい風景の名所だったそうです。大円寺や目黒雅叙園には、今でもその名残が残っていました。


表の印象は地味でも、中に入ってみたら個性が光る魅力的な場所も多かったです。
あのアトリエカフェ、気に入りました。時々焼魚定食を食べに来たいです。


それにしても、あの石仏の素朴でひたむきな表情は、いつまでも心に残ります。


















ちょっと散歩 ~2016丸の内界隈~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村



皇居和田倉門から有楽町まで歩いてみました。
丸ビルから有楽町の駅に伸びる丸の内ストリート、洗練されたカラフルな趣があります。
アートギャラリーとして、作品も色々、歩いているだけで楽しくなります。


皇居和田倉門周辺。
前方に石垣が見えます。後方には丸ビルがあります。


この小さなドームから馬場先濠を見てみました。
いい感じ!!!
ビル群とお濠、ホッとできます。      静かな午後です。


江戸城のたたずまい・・・・。 スカイバス、皇居、銀座、丸の内コースです。


皇居外苑、黒松が点在する大芝生広場。
見渡すと、城門、黒松とが程よく調和しています。


馬場先濠には白鳥が悠々とおよいでいました。
ワルツ聞こえてきそうです!!!


丸ビルと新ビル、青空に冴えてます。東京の新名所です。
こうして見ると、迫力あります。


丸ビル前から、ストリートギャラリー、始まります。
アートフラワーの演出も数々。


三沢厚彦さん作「ANIMAL 2012-01B」
鼻がピンクなホワイトタイガー、迫力というより目が魅力的です。


通りにガーデニングのお店。野菜もアートになります。


所々にベンチがあります。彫刻やみどりを眺めながら一休み。




ミニガーデンの小物も販売していました。


バツク屋さんもカラフル。レイアウトさすがです。


これ、クッキー屋さんです。通りに馴染んでます。


水玉で有名な、草間弥生さんの「われは南瓜」という作品です。
テーマは「永遠」と。草間さんの作品の中では、地味な方だと思います。
不思議に落ち着きます。ガラスの水玉、涼し気です。


靴屋さんのウィンドーにこんな飾りが・・・・。グレーとイエロー、効いてます。


こちらは、ジュリアーノ・ヴァンジ作「追憶」という作品です。
ビルをバックに追憶しているのでしょうか・・・・・。


白のアジサイと、淡いピンクのベコニア、すがすがしいです。


東京駅から歩いて五分程の所に、赤レンガの「三菱一号館美術館」があります。
三菱が、1894年、明治期、丸の内最初のビルとして建設されたものを復元しています。
館内には、カフェバー、ショツプ、歴史体感スペースなどがあります。
一号館広場はみどり豊かな、くつろぎのスペースになっています。


美術館では、「オートクチュール展」が開催されていました。


オープンテラスのカフェやバー、ショップに隣接するアートな一号館広場。
みどり、オブジェ、噴水、レトロな赤レンガ。
天気にも恵まれ、お茶するのに最高!!!!!でした。


黄金の彫刻は、バーナード・メドウス作「恋人たち」です。


作者はわかりません。やさし~~い!!!


木陰の木漏れ日・・・・・・・。すがすがしい・・・・すてきな空間。


みどり色々、これもアートです。


これは、アギュスタン・カルデナスの作品「拡散する水」
この空間に白が彩かです。


グリーンショップのどんぐりも楽しいです。


三菱一号館の建設された年にちなんで「カフェ1894」
雰囲気は、当時を再現した感じです。
ランチもリーズナブルでおいしそうでしたが、40分待ちと混雑でした。


雰囲気だけでもと、天井を撮影させていただきました。


バカラの花瓶、このストリートによく合います。キラキラ輝いています。


すぐ向かい側には
東京国際フォーラムの地上広場。自然の木々に囲まれ、こちらも都会の癒し空間です。
旧都庁舎を建て替えて造られています。


フォーラムのあちらこちらにもアートが点在しています。


アクセサリー、色々。まつ毛かわいい!!!


シンボル的なガラス棟は、大きな船のようです。ひろ~~い!!!


水飲み場です。この形ちょっとユーモラス。


有楽町の駅に到着しました。ライラックのような並木続いてました。

丸の内ストリート、有楽町駅まで歩いてもわずかに15分くらいなのに、
色んなものが見れました。
日常からちょっと抜け出し、街まるごとのアートに触れ、とっても新鮮! ! !


展示作品も時々変わるようです。
季節が変わるとまた趣も変化しそう。
もう一度訪れてみたい魅力的な場所でした。