アイスランド⑱ アクラネースのふたつの灯台


にほんブログ村




バスは今日の宿、レイキャビックに向け ひたすら走ります。

点在する民家、こんな寒さの中、遠くに放牧されている馬がみえますよ~。

風に吹かれた サラサラのパウダースノーが 
行手の視界を遮ることもあります。
荒涼とした山々は、吹雪くとスゴイです!

ここは、アイスランド西岸、アクラーネスの町。
レイキャビックまであと30分程なのですが、この町には、美しい灯台があるとのこと。
ちょっと寄り道です。

人口は6700人ほどの小さな町なのですが、この町には、国内最大の
セメント工場があるそうです。
セメントの原料は、なんと、海底に沈む貝殻なそうです。

バスは 海辺にある二つの灯台に向かいます。

ひとつは、1918年に建てられた古い方の灯台( ^ω^)・・・。
世界で最も美しい灯台の一つと言われているそうです~!


中は音響効果抜群(^^♪ 
レコーディングスタジオとして使われることもあると。

灯台の下にこんなものが・・・・。
ワルガキ風のストーンアート、雪合戦でも しているような~(^^♪

ぬける青空の中、絶好のロケーション~\( 'ω')/!
もう一つの灯台は、ロケットのようです!
つい最近オープンしたばかりのニュースポットと。

この灯台の下にも~( ^ω^)・・・。
イエィ~ !  
「この絵・・僕が書いたんだよ~!」っていう感じ~(^_-)-☆

町の南側、フヴァル湾の入口には、アイスランド唯一の海底トンネルが
あります。
全長5762mもあり、このトンネルの開通により、レイキャビックまでの
道のりが一時間以上短縮されたそうです。
これからそのトンネルを通り、レイキャビックの町に戻りま~す(*^^*)!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。