北スペインの旅その 9 王宮へ


にほんブログ村




昼間っから酔っています〜(@_@)!
ホロ酔い気分でグラン・ビアに戻り・・・

マドリッドの紋章になっているプエルタ・デル・ソルの
熊と山桃の像まで来ると・・・・


ソルはすごい人でごった返しています。
ここから1km程歩くとスペインの王宮です。

のーんびり歩くこと15分くらい・・
通りの名前が刻まれたタイルの絵が
フェリペ5世になりました。


王宮は、フェリペ5世の命によって建てられ 30年もの歳月をかけて、
1755年に完成したそうです。

もうすぐかな~と思っていたら・・・
急に視界が開けます。

うぉ〜〜っ!
スペイン歴代の王が暮らした宮殿の 堂々たる外観が見えてきました。
青空に 品のあるベージュっぽい壁が映えます。

ヨーロッパの宮殿というと、
ベルサイユやシェーンブルグの名前が出てきますが( ^ω^)・・・


ここは、ヨーロツパ最大の宮殿として、見逃せない場所なそうです。

朝方は肌寒いのですが、
この時間になると、痛いくらいの強い陽射です。


王宮の前に広がる緑豊かな公園で、ホッと一息。


こちらも
ウァォ〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))〜です。

王宮の真正面には、アルムデナ大聖堂〜!
スケールの大きさに圧倒されてしまいます。


後ろを振り向くと王宮です。

オリエンテ宮とも呼ばれているこの宮殿、端正な外観ですが、
中は贅を尽くした造りで、なんと床面積は13万5千平米もあるそうです。
これから王宮の中に入ります〜(^^♪


広大な石畳の広場〜\( 'ω')/!
ここでどんな行事が行われるのでしょうか。
パレードとか 見れたら最高です・・・・


今日は ど真ん中の扉から堂々と入場です〜(笑)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。