北スペインの旅-20- ビルバオのビスカヤ橋

ゲルニカからの帰り道、ビルバオ郊外にある 
世界最古の運搬橋・・・・
ビスカヤ橋に寄ってみることにしました。

地下鉄一号線のAreetの駅で降りて、

地図アプリを頼りに 約10分程歩きます。


街角で見かけた宝くじ売り場・・・
スペインにもあるんですね~(^^♪

ウォォォォ~~!  
見えてきました。
そびえ立つビスカヤ橋。

ビルバオ郊外のポルトゥガレテと、ゲチョの町を結ぶ
 全長160mの鉄橋です。


あのエッフェル塔で有名なエッフェルの弟子、
ビルバオ出身のパラシオという人の設計で、


1893年に開通し今でも
現役で活躍しているそうです。

ビルバオは鉄鋼業の町、
その象徴がこのビスカヤ橋と。


鉄づくりの頑丈な橋は、さすがエッフェル流です。


軽量鉄のケーブルで作られた構造は、
世界遺産になっているそうです。

橋桁は、この高さ、
船の運航を妨げないよう、水面から45mの高さに作られたそうです。


観光者向けに
エレベーターで橋桁まで昇り、
この高い橋桁を 歩いて向こう岸に渡り、
向こう岸のエレベーターで降りて、ゴンドラで戻って来るという
チケットもありました。


でも・・・
高所は苦手です~(+_+)

その代わり、
橋桁から鉄のワイヤーで吊り下げられたゴンドラが、
人や車を乗せて移動する仕組みになっています。

さあ、ゴンドラに乗って出発です~(*^▽^*)

ネルビオン川の 向こうは もう海!
ビルバオ港やゲチョの街並みが見渡せます~(*^▽^*)!

なーんだ  あっという間、3分で 対岸のゲチョの町に到着です。


このゴンドラは、24時間 8分ごとに運行されているとのこと。
交通料は、わずか0.4€ 50円です!
地元住民にとって大切な交通手段になってるようです。

世界最古の運搬橋( ^ω^)・・・


レトロなゴンドラなのに・・・・
近未来的な感じ~ヾ(o´∀`o)ノ♪


とっても カッコイイ 乗り物と橋でしたよ~!(^^)!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。