インドの旅 - 3 - 世界最高のミナレット


にほんブログ村




インド2日目。


今日は、13世紀に作られたという 巨大な尖塔、 クトゥブ・ミナールを見て、
飛行機でヒンドゥー教と仏教の聖地ブッタ・ガヤに向かう予定てす。


大渋滞でかなり時間がかかってしまいましたが、
デリー初めの観光場所、クトゥブ・ミナールに到着です。

ここには、デリー3大世界遺産のひとつ
「勝利の塔」と呼ばれる  インドで一番高い レンガ造りの塔があるとのこと。


ヒンドゥー教とイスラム教が融合した インド最古の遺跡群なそうです。


入場料は なんと、
インド人30ルピー(60円)で、外国人500ルピー(1000円)。


世界遺産で この格差です!

見えてきました~。


クトゥブ・ミナールは 13世紀に北インドに進出した
イスラム国家の王朝、スルターン・クトゥブッディーン・アイバクが建てた
巨大な尖塔。
高さは72.5mもあるそうです。


この塔のすぐ近くに デリー空港があるので、
飛行機からもよく見えるそうです。


そう言えば、上空を 次から次へと飛行機が飛んでいきます。

ミナレットは一部分だけで、その他にモスクやら廟やらの
遺跡が部分 部分に残っています。


これら全体をまとめて
一帯の遺跡群は、1993年に世界遺産に登録されたそうです。

ヒンドゥー、イスラム両様式が混在した遺産とのこと。
この柱と梁がいい感じです~(*^。^*)

モスクで最も古い部分(13世紀初頭)も
とっても雰囲気あります。


因みにこれらの石材は、ヒンドゥー教寺院の古材を転用したものなそうです。

向こうのアーチの真ん中に小さく見える、細い柱~
拡大版を撮り忘れてしまいましたが~😞


4世紀、グプタ朝のインド統一時に作られた純度99%の鉄柱なそうです。
1700年経た現在も錆びずに残っていまーす。
スゴイ !  !

柱はこんな感じです。
地震のないインドでは、石と石の間に接着剤は使ってないと。

インコのようなカワイイ小鳥 発見~♫

これは、アラーイ・ミナール、
時のスルタン、アラー・ウッディーンが 
さらに高い塔を建てようとした残骸なそうです。


結局、途中で暗殺され、未完に終わり、こんな中途半端な形で残っているとのこと。
それでも、 直径も25mもあるそうです。

もう一度ミナレット。 
近くから見上げれば、まさしくズドーン~\( 'ω')/。
青空に向かって勢いよく伸びてます!  !


今日は天気で良かった~(^∇^)


よく見ると、円柱と角柱が交互に混ざってできています。


塔の内部へは、以前は入れたようですが、現在は入る事が出来ません。

379段の階段を登りたかった~~~~ヾ(^∇^)ー♪
これから飛行機で、ブッタ・ガヤに向かいます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。