インドの旅 - 5 - 仏教の聖地、マハーボディ寺院


にほんブログ村




いよいよ 
仏教最大の聖地ブッダガヤ、


その中でも、ブッダが悟りを開いた場所 マハーボディ寺院
に向かっています。


ブッダって言われても、もはや架空の人物なんじゃないかと思うくらい、
遠い存在ですが。

2500年前に本当にブッタがこの地にいたそうです。
ブッタは この寺院の菩提樹の木の下で悟りを開いたと言われています。


寺院の500mほど手前で、みんなで靴を脱ぎ、裸足で歩きます。
気持ちいーい!  !
そして 何だか神聖な気持ちになります。

マハーボディー寺院が近づくに連れ、どんどん人が増えて・・・。


すぐに目に飛び込んできたものは、

マハーボディー寺院の本殿の真ん前でした。
おぉぉぉぉぉー👀👀


これが世界遺産にも登録されているマハーボディー寺院! !
真正面には、中心となる高さ52mの大塔が。


夕陽とのコントラストがキレイ~! ! !

目の前の石段を降りて、本殿に向かいます。


チベット人と思われる人達が、本殿に向かって、お祈りをしています。

本殿の周りを みんな左まわりで廻っていますよー。
これはチベット仏教のコルラという習慣なそうです。

仏教で最も丁寧な礼拝方法、五体投地で、
全力でお祈りしている人がたーくさんいます!


ピーンと 荘厳な緊張感~!


私達も 自然に手を合わせていました。

そして…
大菩提寺で最も大切な場所、


本殿の裏手に ブッダが悟りを開いたと言われる木を発見。


もちろん記念撮影。

ブッタが 菩提樹の下で座禅を組み、瞑想し、悟りを開いたのがここ、
そしてその菩提樹の子孫(四代目といわれる)とされる木が 今も残っていました。


菩提樹に向かい礼拝する、チベット僧。

菩提樹の付近では、たくさんの人達が瞑想して、お経を唱えています。

僧侶がお祈りをしている場所は、大音量でお経が流れ 引き込まれそうな雰囲気です。


敷地の南側には、ブッタが沐浴したと言われている四角い池がありました。

さらに右に進むと、ここだけは なんとなくひんやりとして 
雰囲気が他と全く違います。


思わず 座禅を組んで目をつぶってみたい気持ちになります。

ブッダが5日間断食し、49日間瞑想をしたという言い伝えにそって、
テントを寺院内に持ち込んで 瞑想している僧侶もいました。


凄まじい仏教心です。

仏教信者でなくても
パワーを感じてしまいます。


ブッダガヤって ものすごいパワースポットかもしれません。


そろそろ日が暮れてきました。これから本堂のご本尊をお参りします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。