北スペインの旅 -31-  トレドの大聖堂

すぐにそこにあるはずの トレドの大聖堂・・・・


迷路みたいに 狭くて 入り組んだ旧市街の道々~(゚д゚)!


地図もアプリも アテになりませーん~!


かなり 迷ってようやく!

そして、入った大聖堂に
つい クギ付け~!

ここは、
13世紀の初めから15世紀の終わり、
約250年もの歳月をかけて 建てられ、


スペインカトリックの総本山
世界で4番目に大きい 大聖堂なそうです。


中に入ると その広さと天井の高さに圧倒されます。

美しいステンドグラスに 豪華な彫刻、

派手さはないけれど、装飾がとっても素晴らしいです。

中には、なんと750枚ものステンドグラスが 飾られているそう~!
礼拝堂の向かい側に 聖歌隊席があります。

聖歌隊席中央には
トレドの守護神 マリア像が~♥

聖歌隊席上には、立派なパイプオルガンです。

このパイプオルガンの真正面にも
別のパイプオルガンが設置されていました。


金色に装飾され、天使たちがちりばめられています。
音色も聴いてみたかった・・・♪~(´ε` )

礼拝堂の裏側には 
トランスパレンテと言われる 透かしの入った祭壇衝立があります。


光が差し込んで、神々しい~!


装飾は、これでもかー!っていうくらいビッシリ~(@_@)!

トランスパレンテの向かい側の天井付近に、


太陽の光りが射し込む窓が・・・・。


開口部から注ぐ 柔らかい自然の光で、


大理石や青銅、絵画で表現された 作品の表情が変わります~!

吸い込まれそうな  見事なブルーのステンドグラスーーー!  !

極めつけはこれ!


大聖堂の大きな見どころ、主祭壇です。


鉄柵で囲まれているため、近づくことができません。

それでも、柵のすき間からスマホを入れ、なんとか撮影できました。


高さは30mもあり、
キリストの生涯を綴った「新約聖書」の 20場面がビッシリ彫られています。


金色にかがやき、見ているとまぶしーいー!


すごいです~!  !

トレドの大聖堂、
スペイン カトリックの最高峰と言われるだけあって
ため息の連続~! !


世界遺産の街、トレドを訪れたら
絶対外せない 観光スポツトなそうです。


入場料が 強気の価格8€ でしたが、
その分見どころ たっぷり~-d^☆^b~!


すべてのもののスケールが大きくて
圧倒されるばかりでした~(๑`^´๑)~!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。