イタリアの旅 -6- 青の洞窟

いよいよ次です~!! ! 


どきどき~♥ 
さあーっ! ! !
あの 小さい穴に入りまーす!


洞窟入口は、手漕ぎ船が1艘やっと入れるくらいの小ささ。

頭を沈めないと危ないです。


カタコトの日本語で
「スミマセーン アタマ コロンデ!コロンデ!」と頭を沈めろとの合図で
一気に洞窟内に入ります。


どーん。


出たーーーーーーーーーーーー!  !
青の洞窟だあぁーーーーーーーーーーーーーーー!  !   ! 


洞窟に入った後、すぐ後ろを振り向くと、こんな景色が。

「ワァー」と叫んで船が安定すると  そこは不思議な神秘的の世界~(◎_◎;)~!


天然の青です。
          
洞窟内は結構広く 5艘ほどの船がそれぞれ順番に ゆったりと中を回ります。

それぞれの船頭さんが  歌を唄って洞窟の中に響き渡ります。
まるで違う世界にいる様~! 


海底が透き通って見えるほど 澄んでいて、
外から差し込む光が海面に当たり  青色に発色しています。

そして洞窟奥も とっても美しい青・・・・青・・・・青。

もう、めちゃめちゃ綺麗でした。

暗い中、水だけが発光していて
その色が  写真や言葉では言い表せない。

溶けるような水色というか・・・。

やっぱり この感動は一生ものです~ヾ(o´∀`o)ノ♪


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。