ちょっと散歩~2018 フェルメール展

久しぶりの更新です。
訪問ありがとうございます!! 
また、よろしくお願いします。


☆    ☆    ☆    ☆


画家 フェルメールの現存作品は
世界でわずか35点と言われているそうです。


今回はその中から9点も来日し、上野の森美術館に集結ー*´▽`*
日本美術展史上最大のフェルメール展だとか。


早速行ってきましたー(*゚▽゚*)ー! 

チケットは 日時指定制で 13時~14時半の指定。
ちょっと早めに着いたのですが、


すでに長蛇の列ー(≧∇≦)ー!


いったい、一回あたり 何人がエントリーしているのかしら・・・
入場は15時ごろになりそう。


時間がもったいないので、それまでちょっと散歩です~♪~(´ε` )

上野公園の中で   行ったことのない場所がいくつかあります。


その中の一つ 上野東照宮へ
行ってみることにー!

鳥居をくぐって少し進むと


これは すごいーーっ!!
金ぴかの社殿が~~~(゚д゚)!


ここは、家康公を中心にお祀りされてる神社、
360年ぶりに大改修が完成したばかり(2014年)なそうです。


拝観料は、500円。
さっそく、入ってみまーす~♫

小さい入口から、塀の中へー!


わぁーっ!  !
正面には 金ぴかの唐門がー(@_@)! !


正式名称は、唐破風造り四脚門なそう。
本物の金箔らしいー! !

いよいよ、社殿正面・・・
超ー☆豪華ーー!!


金色殿とも呼ばれ、
参道側から拝殿、幣殿、本殿の三つの部屋から構成される
権現造りなそう。



となりには、
五重塔がすっくと・・・

拝殿の方に 近づいてみまーす。


本当に、発光しているような感じ! !

それにしても、黄金色の社殿、
あったかい太陽の光のようで、まぶしい~! ! !


昔は、交通手段が 歩くことかしかなかったから


日光まで行けないかわりに
江戸の人達はここに お参りに来たんだそう。


黄金の社殿を眺めるだけでも 前向きな力が満ちてきますよー☆

階段を下って・・・
不忍池は 見渡すかぎり蓮の葉っぱに 覆い尽くされ、

清んだ空に この光景は圧巻です!

さあーっ!
いよいよ本日のメインイベント、フェルメール展ー😄


彼が残した絵画は35点と とっても少なく、
歴史的な記述もあまり残ってないそうです。


そのうち、日本初公開の「ワイングラス」「赤い帽子の娘」「取り持ち女」を含む
9点が、今回 欧米の主要美術館から 特別に貸し出されたそう。

フェルメール作品を含め 全48点。
こじんまりとした印象の 展覧会でしたが


何気ない日常の風景 何気ない日常のしぐさが 
とても あたたかく描かれていました。


残念ながら撮影禁止でしたが、
解説によると・・・・、


彼の絵は、緻密に計算されつくしているのに、
見ている人に それを全く感じさせない 技があるのだそう。


すばらしかったです。


フェルメールメールの絵を 9枚も見れただけで
大満足!

ショップには、展覧会のメインビジュアル
「牛乳を注ぐ女」をモチーフにしたグッズがたくさん!


並んで・・・並んで、ようやく絵を一枚 買えました。

入口には、フェルメールの生まれ故郷 オランダの風景が・・・。

一年ぶりの美術館、
フェルメール展よかったです。


上野の森も堪能できましたー! 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。