北スペインの旅 -30-  トレドへ

北スペインの旅も あっという間~!
とうとう最後の一日になってしまいました~(´・ω・`)


サンティアゴ・デ・コンポステーラから きのうマドリードに戻り、


きょうは・・・・
『もし、1日しかスペインに居られないのなら、迷わずトレドへ行け』 
と言われるくらい有名な観光地トレドまで 出かけます。


トレドは  スペイン中部の ラ マンチャ州ににある古代都市。


スペインの古都として たくさんの観光客が訪れる場所です。


もう何度も利用した アトーチャ駅から~

国鉄RENFEの特急-Avantで35分。 

トレド駅に到着しました。 
駅舎は小さいけれど ・・・

エキゾチックなステンドグラスがあって雰囲気があります。


イスラム教とキリスト教の建築様式が融合したムデハル様式で
内装までも美しい~駅舎がすてきです。

駅舎を出ると 目の前に真っ赤なツーリストバスが3台~!


どれにのっても 同じようなルートを辿るとのこと。


トレドは大型バスが走れる道が制限されているので
異なったルートを走ったり できないそう。


さぁ!
バスに乗って出発でーす!


5分ほどで
古代ローマの時代に起源を持つ 旧市街 東側のアルカンタラ橋。

もともとは 
9世紀にトレドを支配したイスラム教徒によって造られた橋なそうです。
味がありますね~♫

旧市街へ入る前に、対岸の展望台に立ち寄ります。


うわぁっ! 


300年前にできた街がそのまま残っている 奇跡の街が一望です!


タホ川に守られた 古色の街が眼前に広がり、


旧市街の光景は まるで天空城のよう。

トレドは、
3方をスペイン最長のタホ川に囲まれている城塞都市~♫


城壁の街と聞いていたので
フランスのカルカソンヌのようなイメージを持っていたのですが、


トレドの方がはるかに規模が大きい~~!


紀元前にローマに制服されて以降、
さまざまな民族に支配され


キリスト教、ユダヤ教、イスラム教など様々な文化が息づく
魅力的な町なそう。


この町で最も高い丘に立つ アルカサルが
美しいです。

途中 少しだけ登り坂があって、20分ほどでビサグラ新門に到着しました。


ビサグラ新門を外側から。左右の塔で門を守る構造です。

丸みがあって 一見かわいい感じにも見えますが、


真ん中の大きなトレド帝国の紋章が刻み込まれていて、威厳を感じます。

いよいよ 旧市街に入っていきます。


この門は トレド市街最古のビサグラ門なそう。

街の中に入ると、次々と石造りの立派な建物が現れます。


ここでバスを降り、一番訪れてみたかった
カテドラルにむかいます。

地図を持っていたので、直線距離で、カテドラルに行こうとしましたが・・・


どんどん下る狭い路地で、迷路のよう~(@_@)~!
あちらこちらで、道をたずねても、
なかなか着きません~(≧∇≦)~!


ちょっと散歩~2018~ 山梨にて

山梨まで お墓まいりに行って来ました~♫

ついでに寄った 富士吉田の北口本宮 富士浅間神社。


一歩足を踏み入れただけで


空気が 変わる感じがします。
思わず深呼吸~(゚д゚)!


境内は、濃い緑に囲まれ
荘厳な雰囲気。


そして、こんなにも大きい鳥居が登場します。


ここの鳥居、木造では
日本一の大きさ。


神社のために建てられたというよりも
偉大な富士山のために建てられているそう。

手水舎にある青銅の龍の口から こんこんと流れる水は、


富士信仰の霊場である富士八海の一つ、
泉水から引き込んだ霊水なそうです。

あいにくの雨でしたが、
このところの体調不良、
みんなの健康を祈願してきました。

神社わきの ご神木からは、
やわらかな風が流れてきます。

触れてみると、とっても心地がいい~♥

本殿に向かって右側奥に社があり 

ここが、富士山の 吉田口登山道の出発点になるそうです。

神の山である富士山に、
その神域に「これから入らせて頂きます」というご挨拶と、


登山の無事を祈って参拝するところなそう。

境内にいるだけでもマイナスイオンを感じる空気が、
とっても清々しいです。


浅間神社は、訪れる人々を見守っている・・・
そういう感じがしましたよ。


☆     ☆     ☆     ☆     ☆


さて、雨も上がって、さっそくダンベルつけて、
マユちゃんとキッちゃんと散歩です。

野生のオダマキが かれんです。

マユちゃん こんな、野いちごを見つけました。
これって、食べれる? 


たぶん、でも本当にって自信ないから・・・。

代わりに、実家のまわりに咲いていた
タンポポや シダの葉や ホタルブクロを摘んで


飾ってみると 涼し気です~♫

みんなのお土産を 少しずつおすそ分け
ですが・・・・(´;ω;`)

じっとガマン~(;O;)


ダイエット!
ダイエットです~! !

ちょっと散歩~2018~  体重が~(≧∇≦)! !

大変なことに気がつきました。


朝、久々に体重計にのったら、


驚きの数字が!


えっ!


太ってる~(:_;)
過去最高です。


BMIは 26。1、オーバーです。
前回と比べて2ポイントも上!


体脂肪率も 4ポイント 増えてます。

うわー完璧に油断してました!


最近疲れやすいなーって思ったら  太ったせい?


太ると  体に重りをつけた状態になるから  普通の人より疲れやすい。


まずい!


かなりまずいです!



いただいた くず餅も、じっとガマンです。

今朝はサラダと、牛乳とパン一切れ。

昼は、大戸屋のヘルシーランチ。

キッちゃんの散歩も

ダンベルを付けて行きます。

油断するとダメです。


プッちゃんって、運動不足なのに、体重は全然変わりません。

うらやましい~(;´д`)!


これから秋に向けて 体重落とします。

まず、3kgは減らすと 断言します!


グァムの旅  その7  イルカウォッチング

グアム4日目、
名残惜しいのですが グァムも今日の午前中までとなりました。


グァム近海には、美しい熱帯魚だけでなく、
野生のイルカが生息していて 
イルカに出会えるのも 大きな魅力なそうです。


なので これから
クルーザーに乗って イルカウォッチングツアーに
参加してきます!


こんなカラフルバスに乗って いざ、アガット・マリーナへ。

バスで30分位、アガット・スモール・ボート・ハーバーに到着です。

マリーナに到着後は、こんなボートに乗ります。
いざ出航~!

グアムの海には、スピナー・ドルフィンという、
スピンやジャンプが得意な  遊び好きのイルカが生息しているそうです。


本当にイルカを見ることが出来るのかな?・・・とちょつと気になりますが・・・

ボートに乗って30分ほど、
急に~(*_*)!


いたー!
突然、「あそこ、あそこ」との複数の声。


どこだ、どこだ?


おおーっ、前方に見えました、確かに。
3頭、4頭、間違いなくイルカだ!!

今度は はっきり2頭が見えます~!!


しかし距離が遠い。
カメラをズームにして何とか写しましたが、ややピンボケ状態です。

なかなか真横とかの近さでは なかったけど、
けっこう何回も 姿を見せてくれます。

今度は 背びれしか見えませんが( ^ω^)・・・
だんだんはっきりと見えてきました。


1頭が波間から体を浮き上がらせ、
シャッターチャンスが巡ってきました。

ジャンプも何回もしてくれたのですが・・・
かろうじて~(^^♪

イルカウォッチングクルーズでは、 


途中でボートシュノーケルやフィッシングも楽しめます。

さぁー
みんな一斉に海へ~! !


ボート周辺でのシュノーケリングなので、人口密度がすごいです。

海の中は魚がいっぱい~!
人もいっぱい~!


透明度抜群の海の中は、感動もの~♥
スズメダイやエンジェルフィッシュが見れました!

すぐに人とぶつかってしまい、
足が着かないので ちょつと怖いです。


早々にシュノーケリングを切り上げて、観察組にまわりました。

イルカウォッチング、
ふだん 水族館で見るよりも 少し小さい野生のイルカ。
活き活きとした 機敏な泳ぎ、最高でした!


イルカの姿は見ることはできましたが、欲を言えばもう少し近間で見たかった~♥


でもグァムでは、自然保護のため、
イルカに近づくことは法律で禁止されているのだそう。
納得です。

グアムの海は 水色というイメージが強かったけど、
青い! 青い !
めちゃくちゃ青いです!

4日間のグァム。


こんなに日本から近くて、
ちょつとした国内旅行よりも、リーズナブルです。


あまりにも魅力的~!
すっかりグアムのとりこになってしまいました。 

グァム~! 
 絶対にまた来たいと 願ってます~☆ 


北スペインの旅 -29- 歓喜の丘から  

やっぱり ここまで来たら カミーノを歩きたい~!


なので、きょう 私達は


モンテ・ド・ゴソの丘から カテドラルまでのカミーノ(巡礼道)を
少しですが 歩いてます。


ここは コンポステーラの街から 東へ5km~


歓喜の丘
モンテ・ド・ゴソです~♪


巡礼の人たちが ここに立ち、
あと5kmで目指すゴールの 大聖堂が見えた時は、


今までの苦労がやっと報われると
歓喜の叫びを上げたと言われる場所なそうです~!

この丘からサンティアゴ・デ・コンポステーラまでは
歩くと2時間ぐらい かかります。


今回は、サンティアゴのバスターミナルから 空港行きのバスに乗り、
サン・マルコスのバス停で下車。


バス通りからサン・マルコス通りに入って10分ほど歩き、
ここまで来ました。

周りには教会と売店があり、巡礼者が10人ほど 休憩中~♫


モニュメントの奥には広大な広場があり、そこを抜けていくと一段高い丘があります。

ここから 360度の見晴らしは抜群ですが・・・・、


残念ながら 丘からサンティアゴ教会を見ることができません~(´・ω・`)

さあー!
サンチァゴ大聖堂をめざして 出発です。


道中は景色の変化が楽しく、


本格的な巡礼者の姿や 帆立貝の道標がいたるところにあり、


かなり巡礼者の気分を味わえます。

牛や羊とすれ違ったり、
延々つづく牧草地を眺めながら( ^ω^)・・・。


梢からポツリと落ちてくる雨露、


追い越していく自転車・・・。

田舎の家の表札や 庭木まで・・・


歩く速度で見る北スペインの景色は、


田舎好きには たまりません~(^-^)~!

田園風景が終わると、サンティアゴの市街地に入ってきました~( ^)o(^ )!


巡礼路の最後にあるサンチアゴ・デ・コンポステーラ、


旧市街の中心はもちろんサンチアゴ・デ。コンポステーラ大聖堂。

上がり下がりを繰り返しましたが・・・


旧市街の狭い道などを抜けて
もう間もなくカテドラルです。


モンテ・ド・ゴソから ここまでちょうど、2時間かかりました。

旧市街を歩いていると たくさんの観光客や巡礼者で混雑しています。

おみやげ屋さんには、カミーノの道しるべ いろいろ・・・。

大聖堂の他にも 巡礼の町なので、歴史ある教会がたくさん あります。

美味しそうな料理をだしてくれる バルが並ぶ通りや
古い建物が残る商店街なども 並んでいます。


もう昼時( ^ω^)・・・。


お昼過ぎには、大聖堂で行われているミサ(礼拝)に参加したいと思います。


なので、こんなバルに入り、ランチタイムに~(^0_0^)!

ピンチョス色々( ^ω^)・・・。

わずか5kmと書いてありましたが、万歩計は12000歩、
10Kmぐらいは、歩きました。


少しの巡礼旅でしたが、
やはり のどごしのビールは 最高~!

いよいよ大聖堂へ~ヾ(o´∀`o)ノ♪

大聖堂の中は、豪華過ぎる訳でもなく、質素な訳でも無く・・・。

修復中ですが、内部の荘厳さは やはり三大聖地のひとつと言われるだけあって、
圧倒される雰囲気です。

中央には燦然と輝く聖ヤコブ像。

見事に・・・ 絢爛豪華で す。

司祭の祈りの声が、
広ーく高い天井の教会に響き渡り
清廉な気持ちになります。


パイプオルガンの響きと

巡礼の旅を終えた信者全員が


起立して合唱する賛美歌は 荘厳過ぎます~!  !

主祭壇前には 世界一大きいの香炉が設けられています。


長い旅を終えてようやくここにたどり着いた


巡礼者たちの身を清めるものなそうです。

有名な香炉の儀式は、
香を焚いて 堂内で巨大な香炉を大きく振る ボタフメイロ。

この香炉で香が炊かれます。

香炉は翼廊に沿って横に振り子のように大きく振られます。


香炉が舞いました~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°  !

ゴシック窓から差し込む光の中 舞う香炉は


とっても 美しい瞬間でしたー!

振り香炉、ボタフメイロは、


祈りが天に届く事を祈願し 記憶するという


意味あいも 含まれているそうです。


長い巡礼の旅のしめくくりにふさわしいシーン・・・


 感動がこみ上げ てきて・・・胸がいっぱいになりました。