ちょっと旅~2017 長崎と佐賀の旅11 呼子の七ツ釜

爽やかな~玄界灘の潮風~( ^ω^)・・・。
海辺を歩いていたら、イカ型のユニークな船が停泊しています。


全然予定になかったのですが、ちょうど船がでるところに出くわし、
これから、このイカ型の船に乗って、神秘の洞窟、呼子「七ツ釜」を遊覧することになりました~!


「七ツ釜」は荒波が造った海蝕洞で 国の天然記念物になっているそうです。

港を出るとすぐ、左手に呼子と加部島を結ぶ呼子大橋が見えてきました。
潮風がやさしく、海は、とっても穏やかです。

船は、岬をぐるっと回って 7つの洞窟のあるスポツトに到着です。

ここが「七ツ釜」と呼ばれる洞窟とのこと。


玄界灘の荒波は、玄武岩の硬い岩肌を長い間打ち続け、波が岩を浸食し、こんな海蝕洞
が出来たのだそうです。

この岩・・・・六角形の柱状節理がビッシリ・・・。
火山噴火で流れ出たマグマが急に冷やされてこんな風になるのだそうです。

舟は吸い込まれるように、洞窟の中へ入っていきます。


この洞窟は、高さが5m程あります。
奥行きは、100m程ありますが、横幅が狭く、舟が入っていくのは
至難の業〜(゚д゚)!
船体をこすることなくスイスイと・・・


スゴイ腕前に大拍手です〜!
波は穏やかで、海底までのぞくことができるほど〜ヾ(*´∀`*)ノ!

偶然に舳先が十字架のように見え・・・とっても神秘的~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°


実際に頭の上の 岩に触れることができました~!
水が透き通っていて、深~いブルー・・・


行ったことはないのですが・・・
イタリアの青の洞窟という感じですか~)^o^(!


ちょっと旅~2017  山梨の初雪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




主人の実家、山梨に来ています。
朝起きたら・・・・なんと・・・なんと・・外は、真っ白〜(@_@!
初雪でしょうか・・・。
とってもきれいです。

道路にも雪がうっすら・・・

キッちゃんは、ルンルンで〜♫雪とたわむれています〜。


路上は、ツルン、ツルン〜で、
油断してると 滑ってしまいますよ〜)^o^(!

うわぁ〜(@ ̄□ ̄@;)!!
何やら 足あと〜👣を発見〜!


これは、ウサギかな〜?  ?
どうやら・・大きい方のふたつが後ろ脚


小さい方の縦 チョン チョンが前足のようです。
ピョンピョン飛び跳ねている様子が分かりますよ〜
おもしろいですね〜(^^♪

こっちは、鹿でしょうか〜?  ?
ひずめが割れている様子が〜
いろんな動物たちと出会ったようで、心がはずみます〜(*^^*)

 

目の前には、富士山がくっきりと。

晴れてとっても気持ちのいい朝〜
美しい富士山を見れて、今日はいいことありそう〜! !

ちょっと散歩~2017   アスファルトに咲く花〜♫

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




我家でも、そろそろクリスマスの準備です。


ポインセチアを買って来たので、玄関先に飾ります。

ミニツリーも物置から出し・・・


キッちゃんにと となりのお姉さんから頂いた
サンタさんの洋服で〜
写真撮ります〜\( 'ω')/!


と思っていたら・・・・
キッちゃん・・・なかなかのってこない〜・・・

ご機嫌ななめで・・
あげくの果てに
この状態〜(*_*;

あきらめて、外回りの大掃除をします。


裏庭のセンリョウ・・・・ 
日当たりが悪いのに こんなに青々と 元気です。

表に出たら・・・
アスファルトのすき間にへばりつくように 
こんな雑草の花が咲いています。

この花・・・よく見たらキレイ〜(●^o^●)!
ヒマラヤ原産の ヒメツルソバというそうです。

抜かずに 見守ります。


♫ 涙の数だけ強くなれるよ〜
   アスファルトに咲く花のように~♫
なーんて 歌いたくなります。


ちょっと散歩~2017 丸の内界隈

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




もう12月〜
クリスマスの雰囲気を追いかけて
都心、皇居前広場から丸の内へと 歩いてみました( ^ω^)・・・

お濠前では、ゴーカートが ルンルンで 通り過ぎていきます〜♫

仲通りの ビルの店先に・・・
こんな〜鮮やかなクリスマスリースを発見〜ヾ(*´∀`*)ノ

オープンカフェも・・・クリスマスの装いです〜。

お店には 大人の感じの ツリーがいっぱい・・・

仲通りは とってもオシャレ〜

枯葉〜のシャンソンが流れてくるような〜
ここはパリ? ・・・っていう感じです〜(^_-)-☆


ちょっと散歩~2017 安藤忠雄展 直島・地中美術館


にほんブログ村




大好きな安藤忠雄展を見に 国立新美術館まで行って来ました〜!


今回は、美しい瀬戸内海のひとつの島、直島に展開された、
「直島プロジェクト」の映像を紹介します。


カメラOKの二つ目のコーナーです。

直島はかつて 三菱マテリアルの精錬所しかなかった小さな島だったそうです。
更に産廃処理のゴミまで捨てられていたとのこと。


それが・・・
1998年、当時のベネッセホールディングスの会長が、
安藤忠雄らを呼び寄せ、直島の再生プロジェクトをスタートさせたそうです。

大自然を舞台に手掛けた「直島プロジェクト」・・・


プロジェクトが手掛けた中のひとつ、
築約100年の古民家を生かした安藤忠雄美術館です。

木とコンクリート・・・
小さいながらも 安藤建築の粋が集まった空間・・・・
建物と空間そのものが ひとつの作品なそうです。

その他、草間彌生の作品など、島の自然の中に現代アートを点在させた
「アートサイト直島」も手掛けていったそうです。

そして

そのひとつ・・・・
2004年に建てられた 安藤忠雄設計の 地中美術館。

建物の大半が地中に埋まったこの美術館には・・・

クロード・モネの「睡蓮」シリーズを自然光で鑑賞する部屋や

ウォルター・デ・マリアの作品など

地下でありながら、自然光がふりそそぎ、

一日の中でも、表情が刻々と変わるそうです。

映像ながらも とっても神秘的でした〜!


これらはみな アーチストと 建築家が 互いに構想をぶつけ合いながら
作り上げられた作品とのこと。


直島の のどかな景色の中、美術館の洗練された雰囲気が映像でも 伝わってきます。


プロジェクトスタートから25年〜
直島は、今では 年間40万人もの人が訪れる「文化の島」となったそうです。


これを見たら、すっかり直島の虜になってしまいました~(^^♪
本物を見に ぜひ直島に行って見たいです。


安藤忠雄展、みごたえ十分〜!


すばらしい作品の数々を鑑賞でき、至福の時間を過ごすことができました〜(*''▽'')!

美術館を出る頃には、日もとっぷり暮れていましたよ〜。