インドの旅 - 12 - アグラからジャイプルへ

インド5日目。
アグラからジャイプルに向かう途中です。


もう昼時、
こーんな緑に囲まれた
青空レストランで、ランチです。

気持ちいい風~( ^ω^)・・・
野菜が新鮮で 甘いー ! !

ランチの後は、 ファテープル・シークリーへ。


ファテープル・シークリーは、「勝利の都」という意味を持ち、
ムガル帝国の第3代皇帝アクバルによって造られたそう・・・。


ファテープル・シークリーの成り立ちは こんなストーリー(*^。^*)

6世紀、世継ぎに恵まれない3代皇帝アクバルが、
預言者に従ってこの地を訪れたら、


預言どおり 3人の息子を授り、

その恩に報いて ここに遷都し 5年の歳月をかけて 
築いた都なそうです。


でも水不足で
たった14年間だけの幻の都だったとのこと。


もったいないですよねー!  !


アクバル帝が居住した 世界遺産ジョダ・バイ宮殿~♫

石の装飾が美しいです!
アクバル式と呼ばれる 建築様式なそうです。

木造建築のような5層の宮殿、


シンプルだけど、
職人の技を感じますよー!  !

赤砂岩の大門ブランド・ダルワーザーは、
大モスクにふさわしく勇壮な姿で 圧巻~°˖(⁰▿⁰)˖°!  !


ここは、子宝に恵まれる聖地とされ、
今でも多くの巡礼者が訪れているそうです。


これが、6世紀にできた宮殿なんて~(;゚Д゚)
日本では、聖徳太子の時代です。

ファテープル・シークリーを後に
バスはジャイプルにむけ、走りまーす!  !


ジャイプールまで、あとわずか・・・・、
ここで、アバネリの階段井戸に 寄り道~♫


インド各地には、雨水を貯めて使う
階段状の井戸が作られているそう。


日本では、井戸といえば、細い円柱状に深く掘られ、
地下水をくみ上げる形式ですが・・・


インドは広範囲から雨水を集めるこーんな
大規模な階段構造です。

この階段を・・・・下りて・・・・下りて・・・・
水を汲んだら・・・上がって・・・・上がって( ^ω^)・・・


想像するだけで疲れてしまいそうですが、


リズミカルなデザインが 不思議な感じ~~o(*゚▽゚*)o~!

アグラから約5時間のバス移動・・・ようやく
ピンクシティと呼ばれる ジャイプルの街に入って来ました。

いつの間にか日もとっぷり暮れて。


ライトアップされた マハラジャ 夏の別荘( ^ω^)・・・

湖に浮かぶ水の宮殿、

そして 優しい光に照らされ、 
川面に映る 幻想的な夜の アンベール城です。

どこかやわらかく、あったかーい風情。
浮かびあがる城の偉容・・・ 


この 壮大さは きょうのの疲れを癒してくれます~ヾ(o´∀`o)ノ♪


あした また、このお城にきます。
期待ワクワク~♫   あした 楽しみ~!  !


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。