ちょつと旅~2016 奥能登のリーズナブルな旅・2 ~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村




能登中島駅に到着しました。この駅、


愛称は「劇場ロマン駅」と。レトロな雰囲気になごみます。


このホームは2011年、サントリーBOSSコーヒーのCM「駅員篇」の舞台になったそうです。 


近くには、のと演劇堂があり、仲代達也の無名塾が合宿に来ている演劇の町でもあるそうです。
なんと、ステージの後ろには緑地。


駅舎の中には、無名塾のロングラン公演のポスターがたくさん。


今日の宿、九十九湾に到着です。
白さぎが・・・・・。
水面に映って・・・・・。
全く動きません。


波がとっても静かです。穏やかで美しいです。


お部屋も豪華じゃないけど、こんな感じでまあまあ・・・・。


夕食は、おいしかつたです。
九十九湾で採れたサザエやエビ、イカ、カレイやお肉、お刺身まで


あの旅行代金で赤字にならないのかしらと・・・・・。


翌朝は、豪快な大雨です。


見附島へ。この島、軍艦に見えることから、軍艦島と言われているそうです。
島まで渡れる石の通路がありましたが、雨でキケンなのでここでストップです。


ようやく雨もあがりました。
能登半島最北端の町、珠洲市にある白亜の禄剛崎灯台へ


日本の灯台50選に選ばれているそうです。
ここは 海から登る朝日と 沈む夕日が同じ場所でみられるとのこと。
なんだかステキな話です。


近くにはコスモスやすすき・・・・秋真っ盛りです。


禄剛崎一体は、海岸段丘が発達、沿岸には千畳敷と呼ばれる海食台地が見えました。
抜群の透明度でした。


すず塩田村へ。日本で唯一残る揚浜塩田なそうです。


海水を砂の塩田にまき、塩分を凝縮させて、こし、大釜でじっくり煮詰める作り方なそうです。


塩はなめても、しょっぱくないのです。とって もまろやかでした。


最後に行った垂水の滝、滝の流れが直接海に注いでいます。


真冬には、日本海からの強風にあおられ、滝の水が真っ逆さまに吹き上がるので
「吹上の滝」とも言われているそうです。


輪島朝市の九谷焼、ちょつとおすまししている表情が かわいかったです。


奥能登をめぐる一泊二日のツアー旅、特に九十九湾の宿、炭火の囲炉裏で
採れたての海産物を焼きながらいただいたのが、最高! ! でした。
楽しく、おいしく、安く、大満足なステキ旅でした。




にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。