ちょっと旅 ~2016 忍野八海~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村


にほんブログ村




5月4日
今日の富士山、すっきり晴れました。


朝霧高原付近です。

昨夜の雨でまた、雪どけが進んだようです。


道端でりんどうのような可愛いお花、見つけました。




5月3日、山中湖近くの花の都公園と、忍野八海に寄ってみました。
花の都公園は30万平方メートルの広大なお花畑です。


色々な種類のチューリップがたくさ~~ん。なにしろ広いです。


山裾に日差しも心地よく、鯉のぼりも のどか。


大きな水車と、清流と、新緑と・・・。みどりのやすらぎです。


水辺の空間です。時間ごとに滝が流れる演出がありました。


温室の中の花々・・・。
咲き誇るという感じです。豪華に・・・・・。
サボテンの花、黄色がさえます。


サイネリア??  目にも彩か、そして姿、可憐です。


ゼラニウムいろいろ。はっきりした色や配色がきれい。


手作りコーナー。ドライフラワーを使ってメルヘンに。


富士山噴火時の溶岩樹型、色々ありました。
倒れた木々が、溶岩に埋まった痕跡です。木は溶岩の熱で燃えてしまいます。


忍野八海といえば、富士山のおいしい雪どけ水です。
水の中に手を入れていると、キ~~ンとしてきます。
この水、ここに届くまでに20年の歳月がかかっているそうです。
じっくり濾過されています。


富士山の雪とけ水は、ここ忍野で八つの湧水「出口の池」「お釜池」「底抜池」「銚子池」[湧池」「濁池」[鏡池」「菖蒲池」になります。
古くから富士山信仰の霊泉となってきました。


底抜池のある茅葺き民家と富士山、もう少し晴れていたら・・・と。ちょっと残念ですが、池の雰囲気が厳かで神秘性を感じます。


この忍野八海は、世界遺産富士山の構成資産の一部として、認定されているそうです。


透明度がすごいんです!!!
鯉が空中を飛んでるようにも見えます。


天然記念物、名水百選にも指定されています。


茅葺屋根の民家の玄関先にこんな飾りがありました。


この地域で「ヒイチー」と呼ばれ、小正月の道祖神祭に、色とりどりの吹き流しをつけて魔除けにしているのだそうです。

湧水の数々、エメラルドブルーの神秘・・・・水はすべての源です。
湧水にパワーを感じた忍野八海でした。








ちょっと旅 ~2016 富士芝ざくら~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村


にほんブログ村



4月30日から富士山周辺を廻っています。
日によって富士山の表情は色々・・・・・・。
今日は青空とくっきり富士。ラッキーな一日です。


富士芝桜を見に行く予定でしたが、渋滞に巻き込まれ、脇道へ。
これは、富士桜です。この辺にたくさん咲いています。



富士桜は、1~2㎝の小さな桜です。ここ富士山周辺や箱根付近に咲く、日本固有のさくらとのこと。
もうかなり散っています。
下を向いて控えめに咲く特徴があると。



精進湖付近、芽吹きの季節。やわらかいみどりのシャワーです。


下方には、西湖と青木ヶ原樹海。
遠くの南アルプスはかすんでいます。


山道を走っていたら、鹿 発見!!!
振り向いています。


警戒しています。が、かわい~~い!!
凛々しい感じ。 逃げません。


すぐそばでこんなキノコが!!! スマホで調べてみたらアミガサタケ??
初めて見ました。


上九一色村付近の牧場に咲いていた満開のさくらと富士山。
ぬけるような青空です。
電線がちょっとジャマでした。

渋滞が収まりそうにありません。
今日は芝桜あきらめ、明日の早朝行ってみることにしました。




5月1日
朝8時にはもう芝桜周辺の道路は渋滞が始まっていました。
駐車場はすでに混み合っています。


今日の富士山は晴れているのに、うっすらと霞んでいます。
昨日行っておけばよかったと、ちょっぴり後悔。
でも・・・なんとかうす~~く見えます。
見晴台から。手前の芝桜との共演です。


濃いピンクが映えます。80万株の芝桜、
会場の花の文様は 巨大な竜を象っているのだそうです。


ムスカリも沢山咲いていると見事です。
むらさきがきれい!!! ちょうど見ごろです。


下から見た、芝桜富士と富士山。富士山の感じ、よく出ています。


光の向きで、色彩やかです。


アネモネでしょうか。華やか。


ピンク一色、幸せ気分になります。


芝桜よかったです。これだけの作品の作成に携わった方々、すごいと思います。
気温がぐんぐん上昇しています。これから西湖に向かいます。






ちょっと散歩 ~2016 神楽坂~

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村



4月26日、きょうは、神楽坂に寄ってみました。
もう夏日な感じ、紫外線が半端じゃないです。ジリジリと・・・・。


「神楽坂」の名前の由来は
津久戸明神が牛込に移る時に、お神輿が重くて 坂を登れずにいたところ、
神楽を演奏したら、簡単に登ることができたから・・・・・
という言われがあるそうです。



この坂、全国的にも珍しい逆転式一方通行。
午前中は「坂上→坂下」午後はその逆と、注意が必要です。
そうなった背景に、
その昔、田中角栄が目白台の自宅に帰宅する際に通るこの道、混雑を避けるために便宜を図ったからという説もあるとか。



坂を上って、裏通りの「芸者新道」沿いに、カフェや和食処・・・
この道は、芸者さんが料亭から料亭を移動する時に、表通りを避け、抜け道としてこの道を使ったことから、この名がついたと。


大正時代には、花街としてにぎわった街、料亭があちらこちらに。


表通りの雑貨屋さん、
猫グッズも色々ありました。
このネコ君、以外にも、複雑な表情です。



狭い路地を入り、狭い階段を下りる途中の懐石料理のお店・・・
あじな 鯉のぼりです。


看板も表示もありません。  
この暖簾だけです。
腕に自信ありっていう お店な感じ。


すてきに自己中なおネコさん!!


メイン道りの中ほど、毘沙門天善國寺、ふじ棚が見事でした。



親子でおすまし・・・お出かけしてきま~~す。


今ではめずらしい、履物屋さん。さすが芸者さんの街です。


鯉のぼりも  スタンバイOK。


坂の下に八百屋さん、旬な野菜が色々ありました。


パリやスペイン風のレストラン、緑が効いてます。




ほっこりネコくん、いい夢みてる??


住宅街の一角、目立たない場所なのに、この配置や色でPRしています。
中に入ってみたくなります。  ジャズバーのような感じでした。


Y字路に建つ英国風のバー、存在感あります。
昼ですが、ロックでスコッチウィスキー いただきた~~いです。



名前もおしゃれな 「かくれんぼ横丁」・・・
芸者さんの置屋や料亭が点在しています。
石畳の迷路のように入り組んだ道に数々の名店があります。
ほんとうにかくれんぼできそう。
芸者さんにも、その角で出会えるかも。


お店の案内入れ、おしゃれですね。


おいしそうなステーキ屋さん。今度みんなをさそって来よう!!


黒塀が雰囲気醸し出しています。


中庭がすてきです。ランチは意外にリーズナブル。


表通りの歯医者さんの看板、磨き方教えてます。
白がまぶしく、たのし~~い!!!


陶芸教室のお店で、こんなランプシェイドを見つけました。
メルヘンな灯り、絵本からぬけ出てきたようです。



神楽坂には、何度か来ているのですが、カメラを持って歩くと、普段何気なく歩いていた道でも、新しい発見があります。


狭い路地の民家が居酒屋だったり、
人通りの少ない路地のお蕎麦屋さんに行列ができていたり、
階段の途中に、手作りアクセサリーのお店があったり、
エクゾチックなカフェ、路地の奥のジャズバーなどなど。


神楽坂は 江戸情緒と今どきの新しさが混在して、十分に楽しめる刺激的な街です。


店先に飾られていた 日本画のような見事なクレマチスや
情熱的な深紅のダリアです。神楽坂の街を象徴しているようです。








ちょっと散歩 ~2016 東京大仏界隈 ~

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村



4月22日、晴れ。


東京にも大仏があります。
高さ13m、青銅製で重さ32トン、鋳造大仏では、奈良、鎌倉についで三番目の大きさなそうです。


きょうは 緑濃い板橋、東京大仏界隈を歩いてみました。


テーマは「新緑」と「石仏」(がたくさんあったので)にしてみました。




大仏のある乗蓮寺は、応永年間(1394~1427)に了賢無的が現在の板橋区仲町に創建したと伝えられているとのこと。


その後江戸時代に板橋区仲宿に移転し、
徳川家康から、十石の朱印地が寄進され、格式ある寺院になったそうです。


1973年、高速道路の建設などにより、現在の赤塚城二の丸跡に移転しています。


見る角度により、微妙に表情が変化します。


大仏の手前に七福神の石像がありました。
各々の表情が魅力的。底抜けに明るい笑顔がいいです!!

一人ダブっていますが・・・・・・。


大仏の脇に並ぶ小さなお地蔵さん・・・・。何か神聖で、かわい~~い!!です。


こんなユーモアたっぷりの石像がありました。
行者の元祖「役の小角(おずぬ)」との表示です。


これは、何でも耐える「がまんの鬼」
この仕草、かわいいです。


お寺の前の池のお堂。かがやいてます。


大仏から坂を上ったところに松月院というお寺があります。



境内は、みどりや花々が豊富。



クレマチス、ぼたんが見事でした。


幼稚園もあり、鯉のぼり 泳いでます。


幼稚園前にお寺らしい、手を合わせた女の子の像がありました。
幼い笑顔がかわいいです。


鐘つき堂。
 風格感じます。





松月院から赤塚駅に向かう大通りの道々にも 緑が爽やかです。
お地蔵さんもあちらこちらに点在していました。


若葉や花々がつややか。
このみずみずしさ!!! 


増福寺というお寺の前のお地蔵さん


これは、何という花でしょう。かわいらしい小花!!


大通り沿いにもお地蔵さん。


都忘れも、色彩かです。


路地の曲がり角にあつた素朴な石仏。


目にも優しいゴールドクレスト。


 モッコウバラも涼やか。


木々や草花が、日々勢いよく伸びています。


神社の境内にこ~~んな大木ありました。


小さな商店街の八百屋さんとお豆腐やさん。
なつかしい下町の雰囲気です。


石屋さんの店頭にあったピカチュゥ、
どんな場所におかれるんでしょうか。


松月院脇に「怪談、乳房榎」の記念碑がありました。
「乳房榎」は三遊亭円朝の傑作作品の一つとの事。
このあたりで語られていた昔話が、
江戸の講談師に伝わり円朝の耳に入ったのでは??ということでした。
柵があり、斜めからの撮影でした。



商店街のウィンドウに飾ってあったランプ、
手作りの温かさ伝わってきます。


東京大仏のある赤塚は、武蔵野台地の端に位置するため
起伏に富み、緑豊かな閑静な石仏の多い下町です。
なつかしい風景や、代々伝わってきた農家の行事などが、まだ残っている信仰深い
地域です。
出かけてみると、あちらこちらにまだ知られていない
未開の宝物が眠っているような気がしてくる場所でした。



道端で摘んだ雑草を飾ってみました。





ちょっと散歩 ~2016 根津神社~


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村



4月20日、デジカメ教室、撮影実習、最終日です。


場所は文京区、根津神社。テーマは「赤いもの」「四角いもの」「石仏、石像」。


根津神社は、不忍通りから少し入った弥生坂の手前にあります。


この神社は、今から1900年程前に、日本武尊が千駄木に創祀した後、江戸時代、五代将軍綱吉が現在の場所へと写したそうです。


ちょうど、つつじが五分咲き、キラキラかがやく新緑と相まって、
目にも彩か、花々、木々、赤い千本鳥居からたくさんエネルギーをもらいました。


正面の鳥居、堂々たる門がまえです。



ちょうど、つつじ祭り開催中。
入口付近に、この時期だけの特設茶屋で早速、あま~~い甘酒、いただきました。



神池です。江戸時代は馬蹄形をしていたと。今残っているのは、西半分なそうです。


かめとかもが、仲良く日向ぼっこです。


池から見たつつじ苑です。


新緑、みどり、あざやか!!!


何と言っても、千本鳥居が圧巻でした!!!
千本鳥居といえば、京都の伏見稲荷しか知らなかったのですが、
京都まで行かなくても、
東京にもあるじゃない!!!


この乙女稲荷神社の両側に、鳥居が並んでいます。


きつねの「石像」発見!!  


この鳥居、北から南に通りぬけると、邪気が払われるそうです。


鳥居の奥にあった庚申塔(?)「石仏」発見!!
仏像の下方は、見ざる、聞かざる、言わざる??


神社前の楼門です。宝永3年建立で、江戸の神社の楼門で、残っているのは
ここだけという、重要文化財指定の貴重な門と。そういわれれば、風格あります。

「四角いもの」をさがして、アップしてみました。


屋根の下の部分が色あざやかです。この名称が分かりません。



唐門です。これも貴重な重要文化財と。

一番奥が社殿です。(権現づくり、重要文化財)


社殿前に、こ~~~んな絵馬、ありましたよ。


つつじ苑の中です。こんもりと見事です。


約100種、3000株のつつじです。





新緑、青空と、最高!!!


かわい~~い!! 園児たち、お行儀よく鑑賞中・・・・・。


根津神社は、表通りの喧騒を感じさせない静けさ、厳かな雰囲気満載です。
自然の音にも耳を傾けられる空間でした。
心洗われます。