ちょっと旅 2017~福島の春・その2~


にほんブログ村




会津若松の市内には、色々なタイプのレトロな観光周遊バスが走っています。
街中の時刻表を見たら、30分間隔ぐらいで走っている様子・・・
地元の人もたくさん乗っていましたよ~~ Σ(・ω・ノ)!


この街は趣ある蔵づくりの建物がとっても多いです。


鶴ヶ城近くの大通り沿い宮泉酒蔵です。白壁が映えます! !
見学、試飲も可能との事。
見学したかったのですが、時間がなくて・・ほんとに残念! ! 通り過ぎてしまいました。


鶴ヶ城のすぐ前、こちらも蔵づくり( ^ω^)・・・
会津藩御用達、お菓子の老舗、會津葵とのこと。
ここには、美術館や工芸品に囲まれた茶房もあるそうです。


会津若松は、駅周辺よりも、一駅手前の七日町駅周辺の方が見所が多いとのこと。
ここは、七日町の駅舎、このレトロな感じ、何ともステキです! !


「七日町」は「なぬかまち」と呼ぶそうです。
駅中にもレトロなカフェがありましたよ~~! !


この通りには、大正ロマンあふれる建物が、点々と・・・・。
会津漆器、絵ろうそくのお店、( ^ω^)・・・炭の専門店、まで・・・。


ここは阿弥陀寺の境内。
これは、明治3年に解体された鶴ヶ城の一部を移築したもので、
鶴ヶ城の現在に残るたった一つの建物なそうです。


もともとは、鶴ヶ城の小天守で、三階建てに見えますが、内部は四階建ての造りになっているとのこと。


阿弥陀寺の境内には、戊辰戦争で散った若き戦士たちや、新選組斎藤一のお墓などが、
ひっそりと佇んでいました。


明治時代の海産物問屋、渋川問屋です。
七日町通りでも、別格の風格です。
現在は、囲炉裏なども備えた、洋風、和風と雰囲気抜群の郷土料理のお店とのこと。


裏手には、シックで大人な雰囲気の宿泊施設が( ^ω^)・・・。
庭園内には、図書室もあり、隠家的な宿として人気があるそうです。


メンバーみんなの一番人気のここ、田楽焼きで有名な満田屋まで来ました! !
満田屋は江戸末期創業の味噌専門店です。


味噌蔵を改造した店内で、会津の郷土料理「みそ田楽」が楽しめるとのこと。


ゆずや山椒などが入った秘伝の味噌だれをぬり、囲炉裏の炭火で一本ずつ焼き上げます。


素材の素朴な味と、味噌だれの風味がとけあい 香ばしく、
なつかしい味が口いっぱ~~い! !  この椎茸絶品でした! !
里芋、ニシン、五平餅なども・・・


テンション上がり、ドライバー以外は辛口生酒を頂いてしまいました! !
気分は最高! !


旅の記念に縁起よさそう! !
この赤べこを買いました。
お腹をにぎるとモーってなくんですよ~~~! ! (。・ω・。)ノ

会津若松、初めて来ましたが、
ここは、古い建物が立ち並ぶ、どこか懐かしい( ^ω^)・・・趣のある町並みと
洗練されたモダンな雰囲気が漂う町。


福島にこんなステキな小京都の町並みがあることに感動! !しました。


お城も町もぬくもりいっぱい! !
楽しく散策できました~~~! !


ちょつと旅 2017~福島の春・その1~


にほんブログ村




サークル仲間と福島に来ました! !
目的はさくら( ^ω^)・・・
もう一年も前からの 計画で~~す! !
さくらの開花が例年より10日も遅れ、
計画がすっかり狂ってしましたが・・(。・ω・。)ノ


きょうは会津若松の市内を巡り、ちょっと足を伸ばして 鍾乳洞の阿武隈洞まで行く
予定です。


目の前に会津磐梯山が見えてきました! !
会津盆地にそびえる会津富士は東北名峰の一つとのこと。
大きく裾野を広げる標高1816mの雄大な稜線・・・・・絶景! ! です。


会津若松の街へ進みます。・・・市内はどこも満開のサクラ・・・さくら・・・! !
街全体が、うすピンク一色~~~! !


まず、市内きってのさくらの名所、鶴ヶ城へ行きま~~す! !
美しいお堀には、巨大な鯉が泳いでいましたよ~~。


難攻不落の名城と言われた鶴ヶ城は、戊辰戦争で、新政府軍の猛攻にあったにもかかわらず、籠城一か月、それでもお城は落ちなかったそうです。


明治7年石垣だけを残して取り壊されたそうですが、たくさんの方々の寄付により、昭和40年に再建されたとのこと。姿がとっても美しいお城です。


ここは全国の「桜の名所100選」にも選ばれているとのこと。
市内の高校生も中学生も おやつを持ってお花見に来ていました~~~! !


鶴ヶ城には1000本ものソメイヨシノが植えられているそうです。
それが一斉に満開なのですから、すごいです!!


天守閣の上から、城内のさくらを眺めま~~す! !


この天守閣、平成23年には、幕末時代の赤瓦でリニューアル。
日本で唯一の赤瓦天守閣なそうです。


お城とさくら・・・やつぱり抜群! ! の相性です。
日本人でよかった~~~っていう感じがします! !


ランチは会津のお蕎麦とみんなの意見が一致。
ネットでも紹介されている福島名物、会津扶ち十割蕎麦のお店に入りました。


店主の方から作り方を丁寧に説明していただきました。
叩いてお蕎麦を伸ばし、打ち粉を全く使っていないそうです。
素朴なのですが、蕎麦の香りがとっても強く、ホントのお蕎麦っていう感じです! !


お盆は上品な会津漆器!!


楊枝と一緒に・・起き上がりこぼしが・・・。
転んでも 転んでも起き上がる、福島のシンボルとのこと。
このシンプルな笑顔・・・( ^ω^)・・・いやされま~~す! !

!

市内は、観光バスや個人の旅行者、大勢の観光客で活気づいてます。
私達もこれから街中を散策します。
さっき通った道々、城下町の情緒感じる建物がた~~くさん! !
楽しみで~~~す! !


ちょつと散歩 2017 ~ 金沢八景 その 2 ~


にほんブログ村




瀬戸神社から20分程歩くと、安藤広重の絵「野島の夕照」に描かれたあたりの
夕照橋です。
白一色! !  愛嬌があります! !


広重の絵(ウィキペディアより)「野島夕照」です。
海の青色と、オレンジ色に薄く染まった夕照・・・・。
この海のブルーが最高! !


付近は埋め立てられていますが、橋の写真を撮っていたら、
「こっから見る夕やけはきれいだよ~~~! !」
と近所のおばさんが、広重の錦絵の話でしょう・・・・と声をかけてくれました。


地元の人はとっても気軽に声をかけてくれます。


橋を渡り、息を切らしながら・・野島公園の展望台に登ります。


うわぁ!  平潟湾が一望できます! !


こちらは「野島の夕映」、
ここから見る 夕方の平潟湾も、何とも言えないよ~~~~! !と
やはり、さっきのおばさんが教えてくれました。


左手の堤防は、金沢漁港、右手には八景島シーパラダイスの三角屋根が見えます。


ずうっと向こうに うっすら房総半島が。
晴れた日には、左方向に 遠く丹沢や富士山も見られるそうです。


ひろ~~~い! ! 海を見ていると 心がすーっとします!


展望台を下り~~~かなり歩きました~~~。
足はヘトヘト・・・。お腹ペコペコ・・・・。しばし休憩です。 


ランチは、こんな籠にのったお料理。
ポン酢でいただいた 蒸し野菜と蒸し豚、甘みがあっておいしかった~~! !


食事を済ませ、足どり軽く( ^ω^)・・・海の公園まで来ました。


この辺は、広重の絵に描かれている「乙舳の帰帆」の面影が残る地域とのことです。
この内側には、寺前という旧海岸線があったとのこと。


今は人工の砂浜になっているそうですが、日差しもあったかくて、ひたすらのどか・・・春の海です。


潮干狩りをしている人が・・・・
ここは、放流貝ではなく、自然発生した本物の地アサリで、
しかも無料で潮干狩りを楽しめるとのこと。


ビーチのすぐ裏手には芝生の松林があり、ベキューをしているグループも・・・。
近くには、バーベキューも楽しめるカキ小屋もありましたよ。


すぐ前には、八景島のシーパラ。
海ってやつぱり気分がい~~~~いっ! !
景色も気分も最高! !
ほんとうにパラダイスです。


これから 鎌倉時代に北条市一門が菩提寺として建てたという 称名寺に
行ってみま~~す! !

ちょつと散歩 2017 ~ 金沢八景その1 ~


にほんブログ村




きょうは朝から雲一つない、いい天気! !
家に居るのはもったいないので 海が見える 金沢八景まで散歩に
出かけま~~す! !


金沢八景は、横浜市金沢区、すぐ隣はもう横須賀です。
古くから交通の要所として、鎌倉への海上輸送の荷上場として栄えてきたそうです。


駅では、駅前再開発とシーサイドライン新駅の工事中、
以前見たことのある駅前の風景は一変していて ちょっとビックリしました!


駅前の国道16号線を渡るとすぐ、琵琶島神社、前に見える海は平潟湾です。
久しぶりに見るうみ~~~っ! !    思わず背伸びして~~深呼吸! !
やつぱり海はイイです! !

~~


鳥居前の観光案内版を見たら、
以前には この辺り、「瀬戸入海」と呼ばれたひろ~~~い! !入江があったそうです。
これらの内海を囲むように、金沢の八景があったとのこと。


江戸時代には安藤広重の描いた八枚の錦絵により、金沢八景の名勝が広く知られた
そうです。


八景は、8つの景勝の場所を総じての呼び名とのこと。

この辺りの土地勘はまったくないのですが・・・・。
取り敢えず歩いてみよう! !


今日は、この安藤広重が描いた8つの景勝地をできるだけ回ってみたいと思います。


ここ琵琶島神社は平潟湾に突き出した 本当にちっちゃな半島です。
周りにビルが立ち並んでいるなんて 思えないこの空間、


潮のかおりが気持ちいいです。


目の前は平潟湾、広重の絵では、「平潟落雁」として描かれているとのこと。
シーサイドラインがぐるっと平潟湾を囲んでいます。


春の海・・・・
ひねもす のたりのたりかな・・・・っていう感じです。


琵琶島神社の国道を隔てた真正面にあるのが、瀬戸神社です。
こんもりと木々に囲まれています。


今から1500年以上も前に海神を祀ったのがこの神社の起源とのこと。


源頼朝が鎌倉に幕府を開く際に その鬼門の守り神にもなつたそうです。
・・・・すごい歴史です。


瀬戸神社から歩いて2~3分、瀬戸橋の脇には釣船屋さんが何軒かあります。


ここでは、こんなに魚が釣れる ! ! ・・・Σ(゚Д゚)


海辺に寄ってみると、ワカメを採っている船が・・・。


「ワカメ持ってかないか~~っ」と声を掛けられてしました。
ワカメのしゃぶしゃぶが美味しいのだそうです。


気軽に声をかけられ 思わぬのいただきもの うれしいです。


江戸時代のこの辺りの広重の絵(ウィキペディアより)
「瀬戸秋月」です。


月あかりが映し出す風情あふれる海の様子・・・何だか とっても優雅! !


この絵の右側の料亭のような建物や舟遊びの様子、昔この辺は、花街だつたそうです。
今でも船着き場があるこんな料亭が一軒ありましたよ。

昔の面影が少し残っている・・・瀬戸神社界隈。
月明かりの枇杷島は、今でも広重の絵のような美しい松や、静かな海が見えそうです。


これから また、広重の絵をたどつて、海の夕照がすばらしいと言われる野島公園まで歩いてみます。


ニュージーランド⑪ スリル万点 マウントクック上空の遊覧飛行


にほんブログ村




いよいよ旅のハイライト、アオラキ・マウントクツク国立公園の上空を飛びます。


サザンアルプスの分水嶺、ニュージーランド最大のタスマン氷河、
マウントクックなどを上空から眺めるコース、
飛行機は小型で8人乗り、ちょつとドキドキですが、約40分のフライトに出発です。


マウントクックが見られる確率は、50%ぐらいなそうですが、今日は雲一つない晴天、
ラッキー! !です。


マウントクックを目指し、高度を上げています。
下を見ると、ちょっと怖いです・・・・。


眼下に広がるミルキーブルーのプカキ湖、夏の間は、トラウトやサーモンのフィッシングや水上スキーなどを楽しむ人々で賑わっているそうです。


中途半端なこの高度・・・・・落ち着きません・・・・


グネグネとしたゴットリー川が見えてきました。
テカポ湖を形成したのと同じ氷河に削られてできた谷川なそうです。


砂利の川原は2Kmもあり、いくつもの川筋が網目を描くように流れています。


シバルト山とシバルト山脈(たぶん?  パイロットの方に説明していただきましたが たくさんの山々、ちょつとわかりずらかつたです・・)が見えてきました。
右側に見えるのがシバルト山脈で、その頂点にあたるのが、標高2800mのシバルト山なそうです。


羊飼いの人たちは、眼下の たにまに点在する小屋に泊まりながら、何日もかけて羊を移動させるのだそうです。


マウントクツク国立公園の上空に来ると、ゴットリー川の源流付近に、ゴットリー氷河とクラッセン氷河が見えてきました。


目を見張る壮大な山々・・・・。
夏は、氷河から融け落ちた氷塊がゴットリー川へ流れ込むそうですが、融雪は見られません。


氷河が次々に目に飛び込んできます。
マーチソン氷河まで来ました。
全長16Kmのマーチソン氷河は、ニュージーランドで2番目に大きな氷河なそうです。


タスマン氷河の氷帽とマルテブルン山(手前、3170m)とのこと。
全長29Kmにも及ぶニュージーランド最大のタスマン氷河。
表面は、最大800mの雪の層に覆われているとのこと。


この氷河にスキーをつけたセスナ機で着陸し、静寂を味わうツアーもあるそうです。
凄い企画です。


広大な雪原には、山小屋もあり、スキーや登山の人気スポットになっているそうです。


マーチン氷河とタスマン氷河は、マルテブルン山脈を挟んで平行に並んでいます。


ついにアオラキ・マウントクツク(3754m)です ! !
アオラキとは、「雲を突き抜ける山」という意味なそうです。
堂々たるニュージーランドの最高峰です。


ゾクゾク~~~~してきます。
初登頂は地元の19才のジャック・クラークが達成したそうです。


手を伸ばせば 触れられると思われるほど近づいて着ました。
すご~~~い! ! !です。
この迫力!  !


1991年、この山頂で、標高が20mも低くなる大規模な岩石なだれが発生したそうです。
この急斜面を・・・・。


もし、なだれがなかったら、富士山とほぼ同じ高さなそうです。


南面の巨大な岩肌が目を引くラペルーズ山です。
青空にくっきりと美しいです。
こちらも劣らずの迫力! !


タスマン氷河湖が左下に見えてきました。
この湖は1991年に形成されて以来、拡大し続けているそうです。
タスマン氷河上流の氷雪原から500年かけて今の位置まで移動したもので、
湖の底は、厚さ200mを超える氷の層になっているそうです。


もうすぐテカポ湖 飛行場に着陸です。
あっという間の40分でした。


すべてが想像をはるかに超える体験でした。


タスマン氷河は、少しづつ、谷間の岩肌を削りながら、ゆつくり動いているそうです。


自然が作り出したこのダイナミツクな景色いっぱいのニュージーランド! !


いつまでも忘れられない思い出になりそうです。


これからクライストチャーチへ、飛行機でオークランドに向かい、日本に帰ります。