思い出旅-37- 大津祭り

NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」を見ていた4年前、
滋賀県の大津祭りの準備の様子を見て・・・ 


町衆の気合入った 豪華な曳山、
そしてすべての曳山に 工夫を凝らしたカラクリがあるではないですかー(*_*;!


すっかり魅了され
急に思いたって 京都から大津にまわり 大津祭りを見てきました~♫


☆    ☆    ☆     ☆     ☆    


大津祭りは長浜曳山祭・日吉山王祭と並ぶ「湖国三大祭」の一つで、
国の重要無形民俗文化財に指定されている 由緒あるお祭りなそう。


宵宮、本祭と2日間行われ、本祭では、13基の曳山が
一日かけて旧市街を巡行するそうです。

きょうは、宵宮。
最初に祭り会館に行って 曳山を見学しました。


大津祭の最大の魅力は、
曳山に乗っている からくり人形たちを見ること。


それぞれに
中国の故事や能・狂言から題材をとったストーリーを
からくり仕掛けで演じるそう。


これは、西王母山というカラクリ・・・


桃が二つに割れて 中から童子が。
桃太郎?~😊

曳山のある町屋では、明日の本祭で曳山に乗る 人形や飾りたちが
展示されています。 


宵宮では、からくり人形が曳山から降ろされているので、間近に見ることができます。。

見送り幕の中には、16世紀にベルギーで織られたタペストリーもあり、
国の重要文化財になっていると。

幕の豪華なこと~‧(∗︎*⁰͈꒨⁰͈)‧!  こんなに 間近で見ることができます。

13基の曳山は、
いずれも江戸時代に作られたものなそう。


明日の本祭では、その13基が勢ぞろい!
楽しみです~♫


いよいよ夕暮れ時、


提灯の明かりが灯り、いたるところでお囃子や笛、太鼓の演奏が。


だんだん観客も増えて、会場はお祭りムード一色です。

町屋のワンちゃんたちも 祭袢てんで 大はしゃぎ°~☆◝⁰▿⁰◜☆!

夕刻から「ヨイヤマ」という曲に合わせて太鼓がリズムを刻み、
一挙に熱気に包まれます。


灯りに包まれた曳山は、昼間とは違う美しさ  !
華やかな曳山が 提灯の灯りに浮かび上がって、とっても幻想的です。


コンチキチンの祭囃子がいつまでも続き・・・・・
たくさんの提灯で浮かび上がった曳山は、とっても優雅~~‧(∗︎*⁰͈꒨⁰͈)‧!

翌朝 !
いよいよ本祭、


13基の曳山が 天孫神社前に出そろいましたー(●^o^●)!
圧巻です~! 

さあー!
大津の町内を一日かけて 華やかに巡行しま~す☆˚₊*̥☆

コンチキチン♫のお囃子が お祭り気分を盛り上げ、
所望と言われる場所で 巧妙なカラクリが披露されます。

巡行する曳山の上からは、無病息災を祈念する厄除けの
ちまきや手ぬぐいが  見物客に向かってまかれて


大さわぎ―! 
[放って~! !」と叫んで ちまきをキャッチ~(≧∇≦)! ! !

曳山は、祇園祭りとよく似ているそうですが、大津は車輪が3つ、
祇園祭は 都人の厳かな雰囲気で 上品な感じがしますが


こちらは、「賑やか」といったイメージがぴったり。
一日中 街中が盛り上がり かなりアグレッシブです。


町中には、こんな楽しい飾りたちも。

京都から電車で10分、
豊かな歴史と、琵琶湖や比叡山に囲まれた自然環境抜群な大津。

人出も程々で、近くから じっくり見ることができ、
そして 何よりも とっても 涼しい~! ! !
心地よいお祭りでした~♪~(´ε` )


一つ一つのからくりの動きに ワクワク感が止まりませんよー!
古くから豊かな文化をはぐくんできた 大津町衆の文化力の高さを、
ぜひ、お確かめください😊~! 


☆     ☆     ☆     ☆     ☆


▼今年の開催日時
 2018年10月6日(土)夕刻〜21:00 宵宮
 お昼過ぎ頃になると13台の曳山が各町内を練り歩きます。
 10月7日(日)09:30頃〜17:30 本祭


イタリアの旅 -4- 駅ナカのフードコート

ローマで一番おいしいと評判なピザ屋さん、


さんざん歩いたけど💦
結局探すことができずー_|-_-;| ̄

最近、テルミニ駅の 隣にオープンした
「メルカート・ チェントラーレ・ローマ」に行って見ることに~♫


日本語で言うと"ローマの中央市場"なそうです。


一番奥に設けられた、フードエリア。
足を踏み入れると、
うぉぉぉぉ〜っ〜〜! です。

モダンな空間と 充実した品揃え~!


パスタからスイーツまで、色々・・・!
市場、バル、フードコートがひとつになった感じです。 


左右にはお店がズラーリー^◇^
好きなものを注文し、座って食べられます。

珍しいアーティチョークも・・・

ここで調理して
揚げたてを 売ってます。


ほんのり甘く、ホクホクー!

どの時間帯にも楽しめるバルコーナーも。
食前酒からビールまで なんでも~😃


フードコートで食事を買って、バルで飲み物を注文すれば、
立派な ローマの郷土料理プレートが完成です~♫

さあ、きょうは、
本場のピッツァ、パルミジャーノをいただきますー (=^ェ^=)

チーズが、ものすごーく〜おいしい~~~~ヾ(^∇^)ー♪😋-☆☆☆


クラシカルにしっかりと焼き上げたピッツァ、
薪窯の中で450度~500度という高温で焼かれていますー!

駅ナカにあるので列車の待ち時間はもちろん、
お部屋食のテイクアウト、デザートだけ食べたい時に・・・と使い勝手も抜群!


朝から夜遅くまで営業しているのも魅力です。
ローマ滞在中は、
昼に夕に 


ここを何度も利用させていただきました~☆

さて、翌日~♫
イタリア3日目。
朝 荷物をまとめ、ホテルを8時半に出発ー!


きょうから2泊、ナポリ→カプリ島をまわってきます。
目当ては、カプリ島の 青の洞窟~☆´∀`☆

3日後、またローマに戻ってくるので、
スーツケースを駅に預け・・・。

5分遅れですが、9時10分発~! 

いざ~ナポリへ出発ー! !

青の洞窟、
この時期、洞窟に入れる確率は 70%以下という情報も。

なんとか、いいタイミングで洞窟に入れますように~_(._.)_
ただ ただ祈りつつ~カプリ島に向かいまーす! !


スイスの旅 -1-  昨年、念願のスイスへ

子供のころからの憧れだった スイス、
昨年、6月ようやく行くことができました。


3か月間とか、半年間とか ゆっくり過ごすのが 
スイス旅行の夢だったのですが・・・・


それはなかなかむずかしい~!
でも、2週間、とってもアバウトな計画でしたが、


名峰連なる山々の 壮大なパノラマ
肌で感じることができました~! !

一番行きたかったのは、
標高、約3842mのエギーユ・デュ・ミディ展望台。


シャモニーからモンブラン間近を 高速ロープウェイで上りました。

正面にはモンブラン、眼下にはヴァレ・ブランシュ氷河、
その他グランドジョラス、スイスアルプスなども一望でき 


あんなに空に近づいたのは人生初ー!

スイスを象徴する名峰のひとつ 憧れののマッターホルンは 4478m、
鋭く切り立つその姿は、
見る角度によって 色んな風に見えます。

スイスは鉄道がキチンとしていて とってもわかりやすく、
時間もほぼ時刻表どおり、
各地への移動も とっても便利です。


きれいな花々や、親切な方々との出会いも
忘れる事の出来ない 宝物になりました。


♡     ☆     ♡     ☆     ♡


出発は成田から。

成田発11:10 SK984便
スカンジナビア航空 コペンハーゲン行、


乗り換えて
チューリッヒに向かいます。

フライト時間は、11時間20分。
いよいよ出発です!   


機内では、お酒ばっかり 飲んでるようですが、
このワインたけで 後はぐっすり。

もう、スェーデンの上空、
海がとっても 青いです。


海の中にポッカリ 海ほたるみたいに見えますが、
スウェーデンとデンマークを結ぶ海底トンネルなそうです。

ようやくコペンハーゲン空港に到着しました。
ちょっと 小さすぎる人魚姫~。


難題のトランジットですが、
今回は着いた場所がターミナル3

そして、ラッキーなことに~!
出発もターミナル3から


乗り換え時間は、2時間 35分でしたが、
迷うことなく クリアできました。

19時45分 チューリッヒ空港に到着です。
まだ、こんなに明るい~^0_0^

地下鉄に乗って、チューリッヒの中央駅に向かいます。


それにしても 想像以上に スイスは暑い! 


北海道旅行ぐらいのイメージでしたが、
東京よりも暑いです!

やっとチューリッヒ中央駅に到着しました。
  
駅・地上階の店舗の脇を通り抜けて 外に出ると
そこが中央駅の正面。

頭は、ボーっとしてますが、感慨ひとしお。


ホテルは Montana。
駅から200mと書いてあるので 3分ぐらいで着くかと思ったけど、
全然着きません~(≧∇≦)!!


ちょつと散歩 ~2018~ いつもの公園

6日未明に発生した北海道地震で被災された皆様に 
心よりお見舞い申し上げます。


停電が道内全域に。
断水も深刻です。
市民の暮らしに色んな影響が広がっているようです。
一日も早く平穏な生活に戻れますよう、お祈りしています。
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     


今朝も キッちゃんと 近所の公園に散歩です~♫


朝夕の散歩が、ようやく~😊心地いい季節になりました。

何気なく散歩している いつもの公園ですが、


ふと、地図を見たら 
「広域避難場所」っていう文字が目につきました~(*_*)

実はこの公園の オープンスペース、
発災時には、いろんな役割を担う 防災公園になっているそうです~!

ふだんは、BBQ広場になっている この場所・・・

よく見ても 普通のベンチなのですが・・・・

災害時には、ここで、炊き出しができるそう~(+_+)!

その他にも、マンホールが臨時のトイレになったり・・・

地面の下には、見えない貯水槽があり、
近隣の川に 大量の雨水が入り込むのを防いでいるのだそうですよー!

春には、さくら~(*゚▽゚*)~

秋のおわりには こんなにきれいなイチョウ並木が見られる
憩いの森なのですが~(*'▽')

発災時 救援部隊の活動拠点になってるなんて
ネットを見て はじめて知りました~(゚д゚)!


これを機に
もう一度 自分の避難場所や 避難経路の確認をしておきたいと思います。


いつも 
心地いい~(*‘∀‘) 自然豊かな環境を整備して下さっている
公園課のスタッフにも、


キッちゃん共々
感謝~感謝~です—_(._.)_! !

きょうは、台風の後・・・
こんな 落ち葉と どんぐりが 拾えました~💛

いつもの公園なのですが、
あらためて 公園の力を見直して しまいましたよー♪~(´ε` )


本物の秋が 待ちどおしいですー!  ! 

北スペインの旅~-32- トレド、エル・グレコ美術館

台風21号の風と雨、すざましかったです。
台風で被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます。


一日も早く平穏な生活に戻れますよう、お祈りしています。
まだ、台風の影響を受ける地域もあるようなので お気をつけ下さい。
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     



トレドの街中は、狭い路地がいっぱい~!


パッと道が開けたところに 穴場的な教会があったり
絶景スポットがあったりして、散策が おもしろいです~!

エル・グレコ美術館のすぐ近くにある  ユダヤ教の トランシト教会、


あまりにもステキなので、思わずパチリ~♫

これは、教会の前に展示してあった
この教会を描いた絵ですー(*^。^*)


絵の美しさに 引き込まれてしまいました。

坂の下にある、
小じんまりとした美術館に到着です!


ここは、トレドを代表するエルグレコの絵が満喫できる美術館~♫


スペインで唯一 エル・グレコに焦点を当た美術館なそうです。

そして、エル・グレコの散り散りになっていた作品を 集めるために
造られた美術館なそう。


中世のエル・グレコが住んでいたという家屋を再現~
美術館ぽくなくて 良い感じです-(^_-)-☆

トレドで活躍した画家なので、
てっきりスペイン人だと思っていたエル・グレコですが・・・


クレタ島出身のギリシア人だったとは
はじめて知りました。

こちらに エルグレコが住んでいた住居跡です(1577〜1614年)

パティオは 当時の中庭を再現し、
建物の中に残っていた柱を そのまま使っているのだそうです。

パティオの階段を上がった先の 2階のギャラリーで 目にした絵は、


トレドの旧市街を描いたエル・グレコの『トレドの景観と地図』です!


今見てきたトレドの街が


そのままの姿で よみがえったよう~(゚д゚)!


この地図はとっても正確で、現在の旧市街地図とほとんど変化がないそうです。

学校で 勉強した記憶がある「オルガス伯の埋葬 」
間近で見れて感激です~! !

エル・グレコの絵って


描かれている人の 高貴な内面が感じられて・・・・。
なんだか 清々しさを感じます。

グレコの家 入り口脇には、こんな地下室が・・・・。


一部はワインセラーになっていましたよ。
レストランだったら~最高ですね~!  !  !

美術館を出て・・・・
坂を登り・・・ 

歩いていると、
あちこちの店先にドン・キホーテの人形が飾ってあります。


この日だけで トレドにすっかり魅了された私たち・・・・


きょうでスペインの旅も終わりなんて・・・
悲しいです~;っД`)

ここトレドにもう一泊ぐらいしたかった。
ここなら一週間でも、いられる感じです。


でも、ふたたび新ビサクラ門をくぐり、

電車でマドリッドのアトーチャ駅まで戻り、

スペイン最後の夜・・・。


急に思い立って
タブラオで フラメンコを見てきました。

フラメンコは何度か見たけれど、 やっぱり
タップの激しいリズミカルな動き・・・・・。


メリハリのある躍動感が最高です!!

北スペインの旅日記もこれで最後になりました。

これから 日本に帰ります。

サンティアゴ・デ・コンポステーラを訪れる巡礼旅・・・
いつかはこの地を訪れてみたいと ずうっと思っていました。


800kmの道のりを 歩き通す自信はなかったので、
ならば、列車の旅をやってみようと~!


今回は、マドリットからですが、
牛追い祭りで知られるバンプローナ、
バスク地方の港湾都市ビルバオ、 


ピカソでおなじみのゲルニカなどで途中下車をしながら 
キリスト教の三大聖地、サンチャゴ・デ・コンポステーラを目指しました。


一つ一つの風情あふれる街は、
歴史や文化を感じる要素が あちらこちらに いっぱい~! !


おまけのトレドも
最高でした~!


エキゾチックな情熱的スペインとはちょっと違う、
郷愁と大自然のみどりあふれる 北スペイン 
楽しかったー! !


ありがとう~!  !  ! スペイン♫~-d^☆^b~♪