ちょっとですが思い出旅㉑ 京都の秋~嵯峨野界隈

京都、嵯峨野の竹林にも 秋の気配が・・・・。

落柿舎は柿がちょうど色づきはじめ~

まわりにも 紅葉がちらほら・・・・。

夜ともなると 優しい灯りに 照らされ

燃えるように色づいた もみじが 幻想的です~!


ちょっと旅 2017~ 吉田の火祭り③


にほんブログ村


参道の正面にそびえる富士山が茜色に染まるころ、
観光客がどんどん集まってきます(◎_◎;)!


大たいまつへの点火は、日がとっぷり暮れる頃( ^ω^)・・・。


おみこしがお旅所に到着すると、世話人たちが一気に駆け寄り
それまで参道に寝かされていた 大たいまつが10人ほどの男達によつて、
道の真ん中に次々と 立てられていきます~(^O^)!

この大たいまつ、高さ3m、重さ200kgもあるそうです~\(◎o◎)/!


大きくて重いたいまつを立てる様子は、世話人たちの気合と勢いがすご~い! !
とっても見ごたえがあります~(●^o^●)!

山梨県知事、富士吉田市長が まずお旅所前の大たいまつに火を灯します。

そして、参道の上の大たいまつに 次々に点火され、通りにあるすべてのたいまつに
火がつけられていきま~す\( 'ω')/!

大たいまつに点火されたのを合図に 周辺の家々でも、
玄関先のたいまつに 次々に火がつけられていきま~す!


この時、吉田口登山道に沿った富士山の山小屋でも
一斉にたいまつが焚かれるそうです~(((o(*゚▽゚*)o)))!

高さ3mのたいまつ90本が 浅間神社に続く国道沿いに並び、
夜空をオレンジ色に染めていま~す! !
観客から大歓声~~ °˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°~!

お旅所では、「着輿祭」と「奉安祭」の神事が行われています。

おみこしが無事にお旅所に着いたことを祝して、神楽殿では
太々神楽が舞われます。

約1kmの参道が一面火の海と化し、上吉田の表通り沿いに南北に伸びる一本の火の帯が
現れます~!
7時を回るころには、日も完全に暮れ、たいまつの炎は
いよいよ勢いを増していきます(@ ̄□ ̄@;)!!

火の力って不思議~! 
とっても神秘的です~✌('ω'✌ )~!
街中が火の海に彩られ、
ため息が出るほど 惹きつけられてしまいました~!




ちょっと旅 2017~ 吉田の火祭り②


にほんブログ村


浅間神社の本殿祭、諏訪神社祭が行われた後、
明神みこしと 富士山の形をした赤いみこし(御影)は、午後4寺ごろ、
参道を下って表通りに出、氏子町をまわります(^O^)!


5時半過ぎ~先頭をきって 
子供明神みこしが下って来ました~!

こちらは、赤い富士山形みこしの子供御影~
子供たちが得意げに通り過ぎていきます~(*'▽')!

氏子町に点在する御師(富士講の参拝者の案内や世話をする人)の家の前では、
神主さんが、火祭りの由来や お祭りの様子などを説明しています~(^^♪

行列は、まさかき台、太鼓、明神みこし、赤富士形の御影、氏子参列者の順に
通り過ぎていきます( ^ω^)・・・。

行列は、定められた道順に従ってお旅所に向かいます!

江戸の喧嘩みこしの様に 上下にみこしを揺することはなく、
丁寧に みこしは進みますが、かなりの熱気が伝わってきます~!

「ヨイヨイ」のかけ声、丁寧に力強く進む赤富士のみこし・・・

比較的静かに 祭りは、日暮れの時間を待ちます。


夏登山の 山じまいのお祭りとして 登山者の無事に感謝し、
富士山が噴火しないように ( ^ω^)・・・。
という願いも込められている このお祭り~

これからいよいよ 90本のたいまつへの点火がはじまりま~す ! !


アイスランド㉑ ストロックル間欠泉とグトルフォスの滝

まだ、日は昇ってないのですが( ^ω^)・・・
きょうは、レイキャビックから50kmほどのゴールデンサークル、
ストロックル間欠泉とグトルフォスの滝に行きます。


ここは、レイキャビック市庁舎脇のチョルトニン湖、湖面に浮かぶ
たくさんの白鳥や水鳥たち~、朝から元気です。

予備知識がなければ、絶対にわからない~(*_*;
これは、アイスランドの国会議事堂なそうです~!
ほんと・・アイスランドらしい~(^_-)-☆

街を出ると、ようやく、太陽が出てきました。
ゴールデンサークルは、アイスランドの有名な観光地のひとつです。

その見どころのひとつ、ストロックル間欠泉です。


見ていると、勢いよく噴き出すものもあれば、中途半端に終わるものも
色々あります。

噴出直後は、熱湯が泡立っています。
それが段々、ビー玉のように盛り上がってきま~す。
それが爆発するようにお湯を噴出したら~

これは、スゴ~イ~(@_@!
最大で30mも噴き上がるそうですよ~!


約5分毎ぐらいの間隔で温泉の柱を吹き上げる様を近くで見ていると、
かなりです!
迫力あります~!


ストロックル間欠泉から30分程、ゴールデンサークルのハイライト、
絶対見逃せないグトルフォスの滝です。


下に見える人は 点ぐらいの大きさです!
光の加減によって黄金に見えるとのこと。


滝の幅は70m、落差は一段目で11m 二段目で21mもあり、アイスランドでは、
随一の規模を誇る滝なそうです。


驚いたことに、2段目の滝は川の流れと直角になった深いクレパスに落ちていて、
川がここでなくなったように見えます。
クレパスの幅は20mもあり、その先2.5km続いているそうです。

滝の勢いは、すさましく、水煙を上げながら流れ落ちています。
舞い上がつた水しぶきは、辺り一面に凍り付き、岩肌が真っ白です~(≧▽≦)!


これぞ瀑布という感じの豪快な滝、
スケールの大きさは半端じゃなく、
轟音を立て、まるで地中へと吸い込まれるようです~(@ ̄□ ̄@;)!!


ちょっとですが思い出旅⑳~ 伊勢神宮


にほんブログ村




初めて伊勢神宮に行ってきました~( ^ω^)・・・。
伊勢神宮の  20年に一度行われる遷宮は、飛鳥時代の690年から1300年も
続いているそうです。
すごい歴史です~!


宇治橋を渡って、内宮へ。

内宮本殿は パワー満載とのこと~! !
厳かに・・お参りします。


ここは、御稲御倉。


神宮内では、格別の社殿と。
この中には、次の正殿の御神体となるヒノキの心柱が安置されているとのことです。

目立たないけれど、意外な穴場( ^ω^)・・・。
天照大御神の神気に 間近で接することができる 御宮なそうです~!


五十鈴川のほとりには、少し紅葉が・・・・。

ひんやりとした風は、なんだか神々しい~。