アイスランド⑩ 神がかりなほど美しい~!アイスケーブ


いよいよ 氷の洞窟 アイスケーブ~~!💓~!

入口の急斜面、すべりますが、入口付近は砂利の地面が見えま~す!

一歩中に入ると、
めっちゃ! きれい~~~\(◎o◎)/!

壁がぜ~~んぶ!  ブルーにかがやいてます~~~! !(@ ̄□ ̄@;)!!


光が差し込むと、周りの氷に反射し、入口付近は、まだ氷の層が薄いので、
透き通った水色で~~す!

奥に進んで行くと、氷の層が厚くなり
それに比例してブルーが濃くなりま~す!


まるで 真っ青に輝くサファイヤに包まれているみたいです!(*´∀`*)!

純度の高い氷のアップです。


ヴァクナヨークトル氷河の氷は、何百年もの時間をかけ、積もった雪が
その重さで圧縮されて できたものなそうです~~。


だから中の空気が抜けて純度の高い氷になるとのこと。

純度の高い氷は、太陽光に含まれる七色の光のうち、青い光だけを
透過させる性質があるそうですよ~~。


だから氷が厚いほどブルーが濃くなると・・・( ^ω^)・・・


ここは、厚さ最大で1000mにも及ぶ巨大な氷河!!
青い光が一層増して、洞窟の中を光り輝かせているのだそうです~~!

海の中のような ふか~~いブルー~~! !


今まで見たことのない 信じられない光景の連続です~(@_@)!

 

このスーパーブルーは、まるでLEDのような青い輝き~~(((o(*゚▽゚*)o)))!
息を呑むような・・・空間~~~~! !

神がかりなほどに・・・神秘的で・・・美ししい! !
ただひたすら・・・ここにこれた感謝で 夢中で写真とってます!


時間が許す限り、ずうっと見ていたい~~! !

氷の洞窟滞在時間は30分ほど( ^ω^)・・・
アッという間、すご~く短く感じられました。

アイスランドの真っ青な地下世界!!
ここには、深く、青く、きらめく、奇跡の世界が 広がっていました~~~(@ ̄□ ̄@;)!!


ちょっとですが思い出旅⑩ ~遠野の秋まつり

ここは、「遠野物語」で知られる民話の里・・・(*^^*)!

町ではちょうど秋祭り~

「遠野しし踊り」深い情感を漂わせて~~荒々しく・・かっこいい~~・💓!

河童がひょっこり出てきそうなカッパ淵には、胡瓜のついた釣り竿が・・・(笑)


ちょっと旅~2017 長崎・佐賀の旅③ 坂本龍馬の亀山社中


長崎港をずう~っと眼下に見渡せる坂本龍馬ゆかりの史跡が点在する
亀山社中跡界隈・・・


坂本龍馬ファン必見の場所、「亀山社中」は
1865年薩摩藩などの援助を受けて、坂本龍馬がつくった日本初の
貿易商社なそうです!(^O^)


大河ドラマ「龍馬伝」で見た「亀山社中」のシーン・・
今でも鮮明に覚えています( ^ω^)・・・

せっかく長崎に来たのだから、今日は 龍馬がブーツで闊歩したという小路をたどり、
歴史の息吹を感じてみま~す!


ここは、坂本龍馬の最も有名な写真を撮った場所~!
上野撮影局跡( ^ω^)・・・
当時から屋根はなかったそうですよ~!

龍馬が肘を置いた台座も~~~ そのまんま(*^▽^*)!

橋を渡り、結構 きつい石段の道を登って行きま~す!
息 絶え絶え~~(@_@)!


亀山社中の面々がよく訪れたという若宮稲荷神社まで登ってきました(^O^)!
石段の脇は桜並木( ^ω^)・・・
龍馬も愛用した「亀山焼窯跡」も残されています~!

亀山社中記念館付近から寺町通りまで続いている龍馬通り・・
こんな楽しい看板があちらこちらに~!

龍馬や志士たちが闊歩した石段の道・・・眼下の広がる市街地の景観を楽しみながら
ゆつくり歩きま~す!


亀山社中の近くまで行くと、こんなブーツ像が!
かなり坂道を登って来たので、眺めは最高(*^▽^*)!
この巨大なブーツ60cmあるそうですよ~~!


ブーツ像に足を入れ、舵を握れば、気分はすっかり龍馬~~\(◎o◎)/!

亀山社中記念館に到着です!
「亀山社中」跡地にある記念館、当時の間取りに限りなく近く復元されているとのこと。

母屋には、三部屋、土間の上には、隠し部屋もあります!
ここの館長は海援隊の武田鉄矢とのこと。
ミーハーですが、中には、福山雅治のサインも~!

復元された館内には、
紋服、拳銃、ブーツなどの龍馬の愛用品、
手紙や亀山焼などがた~くさん!((◎_◎;)・・


小さな庭から 龍馬が見ていたであろう長崎の町が一望できます~ヾ(o´∀`o)ノ♪

記念館を出て坂を下り、ちょつと歩いたら、あの眼鏡橋~ヾ(*´∀`*)ノ
この辺りは 歩いているだけでも風情があり、とっても楽しいで~す!

激動の時代を駆け抜けた 坂本龍馬にロマンを感じ、当時に想いをはせてみた
つかの間の散歩でした~(*^▽^*)!

幕末の風雲児、坂本龍馬は、日本で最初にブーツを履いたと言われているそうです。
自由と希望の地 この長崎で 龍馬はブーツを履き 何を思い 長崎の空を見上げていたのでしょうか~(^_-)-☆・・・・。 



ちょっとですが 思い出旅⑨~ 万里の長城から


どんどん変わりゆく北京!
日中はガスがかっていた北京の空😞・・・・
夜景は全然期待していなかったのですが・・・
ホテルの部屋から外を見たら・・・しっとり~(^^♪・・・とってもきれいでした !


翌日、北京市内からバスで万里の長城へ( ^ω^)・・・
ここ八達嶺は、北京からとっても近いです!


この長城は、2300年以上も前に領土の境界を守り、シルクロードの貿易を守るために
つくられたのだそうです。


ずうっと続く壁の道~~!
長城はどこまでも続いています(@ ̄□ ̄@;)!!

やっぱり広い!
中国の雄大さ・・・実際に見て体感しました~!💓!





アイスランド⑨ パワフルな四駆で さあ!氷の洞窟へ

アイスランドで  どうしても叶えたかった、二つのこと~(*^▽^*)


ひとつはオーロラを見ること!!
そしてもう一つは、氷の洞窟、アイスケーブを見ることで~~~す! !


真っ青に輝く 神秘の洞窟を求めて このツアーに参加したという人が
半数以上いましたよ~~!
そのアイスケーブにこれから向かいま~~す !(^O^)


取り敢えずこのレストランでランチです。

゛RESTAURANT  MUSEUM゛という看板だけあって、どうやらミュージアムが併設されているようでしたが・・・
どんなミュージアムなのかまでは わかりません("^ω^)・・・。


野菜とお肉たっぷりのあったか~~いスープ、冷えた体に 最高でした~~!

アイスランドの国土の10%を占める氷河・・・・
長い時間をかけて 少しずつ変化する 氷河にできる洞窟・・・


気温が高かったり、雨が降ったり、吹雪だったり・・・
と北極に近いアイスランドの自然は 想像以上に 不安定な気象条件で、なかなか
中に入れるチャンスは少ないそうです。


時には、崩壊する可能性もあり、洞窟に入る危険性も伴います。


今日も ここに来る2時間ぐらい前に ようやく、洞窟の中に入れるというOKサインが
出るという状況でしたよ~~! 
昨日は吹雪で入れなかったそうです! 


私達は本当にラッキーです~~~!(^^)!


これから向かうヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟は、火山からの地熱により、
夏の間に氷が溶けて形成されたものなそうで~す!


見学できる時期は、11月から3月に限られるとのこと。

ここからは  こんなパワフルな四駆のジープが
私達を 氷の洞窟、アイスケーブまで連れて行ってくれま~す!

前に見えるのは、大西洋・・・
ここは、ブライザメルクルヨークトル氷河が大西洋と出会う場所とのこと。

橋を渡りま~す!
右手向こうには、一面の雪原が広がっています!

 一面の白銀世界(@_@)! !💓

こんな~~~道なき雪道を走りま~~す!ヾ(*´∀`*)ノ

 ふか~~い溝も大きく車体を揺らしながら( ^ω^)・・・難なくクリア! !

ジープに揺られること30分!
ついに念願の「氷の洞窟」に到着で~~す!   \(◎o◎)/!

さっき買ったアイゼンを履き、ツアーから支給のヘルメットをかぶりま~す!

前方に見えるポッカリ空いた穴( ^ω^)・・・
どうやら、ここがアイスケーブの入口のようで~す!

レイキャビックから300Km、ヴィトナヨークトル氷河付近の
このアイスケーブ( ^ω^)・・・


ヴィトナヨークトル氷河の面積は約8100㎢、東京都や大阪府の約4倍の
大きさなそうです。


この巨大な氷河はヨーロッパ最大の大きさとのこと。


風の音意外は何の音もしない世界・・・・
一面の雪原の向こうには、氷河のある岩山が所々に見えます!