ちょっと散歩~2019 丸の内仲通り

姉と姪っ子を送りに東京駅まで行き、 


帰りに丸の内仲通りを歩いてきました。

通りには、


高級ブランド店やアートなオブジェなどがあって、


まるで外国の道を歩いている気分です。

路沿いのアート作品、


三沢厚彦さんのアニマルアートは、


白いトラも熊もいなくなってしまい


ぽっかり空いたスペースに現れたのはトリとライオン。

白いトラ好きだったからちょっと寂しいのですが、


このライオンも好きです。

丸ビルを通りかかったら、


ラグビーボールを持ったラガーマンがいました。


お笑い芸人「中川家」のお二人なそうです。


二人とも高校時代 ラグビー部だったそうですよ。

〝まちのコンシェルジュ〟がセグウェイに乗って


颯爽と・・・カッコイイですね。

高層ビルの谷間にある 三菱一号館の中庭。


ケヤキが芽吹いています。

広場を囲む1階には、オープンテラスのビストロ、


ロブションのカフェなどがあって、

木陰でケーキを頂きました。

忙しく過ごした後だったので、ほっと一息、


風が気持ちよかったです。


三菱一号館
千代田区丸の内2丁目6−2

ベトナムの旅-7- フエのグエン朝王宮

ベトナム3日目。


ここは、ベトナム中部のフエ。


つい半世紀前まで使われていた王宮
グエン王朝(1802~1945年)の王宮跡です。


鮮やかなナンバンサイカチの花がお出迎えです。

王宮跡はとっても広く、
こんなカートで回ったり歩いたりです。

最初に見えてきたのは、楼閣がある「午門」


午門って南の門と言う意味なそうです。
ここから入ります。

この門 高さ17m、幅は約58mもあるそうー😲

門をくぐると左右に池が。
王宮内には、中国式の宮殿や庭園が整然と並び、

正面に見えるのが太和殿。
王宮の正殿になるそうです。

瓦屋根には 龍の飾りがまるで動いているよう。

敷地内には色々な門があり

これまで訪れた外国の建物とは違う

色も形も陽気です。

グエン朝の菩提寺 テートー廟には、

13代の歴代皇帝の内、10人の皇帝の位牌が祀られていました。
中は朱塗りと金箔が。


超豪華ですー(゚д゚)!

でも・・・・
ベトナム中部はベトナム戦争の激戦区。


戦闘の爪痕が色濃く残っていて、今は入り口の午門と太和殿、顕臨閣、長生殿しか
残っていないのです。


どうしてこんなところで・・・、


ほんとに残念ー・。・;

彩やかなアオザイ姿にホッと一息です。

建設当時の写真がありました。
かつてはこんな感じだったんですね。

以前は100以上の建物があって
雨が降っても濡れずに建物を結ぶ回廊があったそうです。


今は草が生い茂り「兵どもが夢の跡」という雰囲気・・・。

戦争の傷跡が生々しく残されてはいましたが、立派な城壁や午門といった城門、
正殿などは当時の美しさを彷彿とさせます。


廃墟の中にも明るく、力強い姿がありました。


いま、当時の資料を基に早稲田大学が修復工事をしているそうです。
修復後 もう一度来てみたいと思いました。

ちょっと散歩~2019 神楽坂でランチ

友人とお花見に行った帰りに
神楽坂に寄って、ガレットを頂いてきました。

坂を登ってちょっと路地に入ると・・・・

京都みたいに小路がいろいろ。

そんな一角の
ル・ブルターニュというお店に行きました。


ガレットのメニューが豊富です。

どこか素朴な店内。


ガレットはフランス・ブルターニュ地方のそば粉を使った郷土料理、
100%のそば粉を使っているそうです。

さっそく、トマトベースのガレットクラシックを注文しました。


オニオンやハム、目玉焼き風タマゴ、アンチョビ、ハーブも全部入って、
そば粉のお焦げが 香ばしいです。

周りはパリパリ、内側はもっちり。
この食感がたまりませんー☆

これにカボチャスープやグリーンサラダとコーヒーが付いて1850円です。

そば粉はどこにでも売っているけれど、やっぱり家庭用のクレープパンでは、お店のようにカリッと美味しく焼けません。


このお店、とても美味しかったです。


種類も多く て オーガニック野菜や・・・・

サバのガレットもありました。

ドアノブはオシャレな木靴でしたよ。

ル・ブルターニュ神楽坂店
新宿区神楽坂4-2. Tel/Fax, 03-3235-3001. 
営業時間, 11:30-22:30
定休日 月曜





スイスの旅 -12- ゴルナーグラードからハイキング

ここは、ゴルナーグラード展望台。


これから、歩けるだけ歩いて 山を下って行きます。
行き先板を確認してコースを外れなければ 迷うことはないそうです。


道は狭いですが 整備されていて、スニーカーでも十分。


正面にブライトホルンと ウンタラー・テオドール氷河を見ながら
ハイキングのスタートですー!

目前に迫る4000m級の山々~
なかなか覚えられない山の名前と形💦


「凄い!」の連発ですが時間も疲れも忘れて 簡単に歩けてしまいます。

岩だらけのゴツゴツした道、
その脇に高山植物たち・・・・。

リッフェル湖が見えて来ました。
期待値、上がります!


リッフェル湖に写る  逆さマッターホルンーー!


ちょっとの風で、水面がゆらぎます。
この感じ・・・。
もうちょっとなのになぁ・・・・。

しばらく湖の周りでぼーっ。
音がほとんど しません。

冬はスキー場にもなる 広い斜面を下っていきます〜♪~(´ε` )

ゴルナーグラートから2駅下った、リッフェルベルグ駅が見えてきました。

今日はここまで。

ちょっと汗ばむくらいの心地よさです。

リッフェルベルク駅からは 山を下ってきた電車に乗り、
ツェルマットに向かいます。

ふたたび山々を見ながらツェルマットまでは20分。

きょうの夕食はここ。
刺繍がとっても可愛い地元の乙女たち。

すっかり、チーズフォンデュにハマって、
このところ連日いただいてます。

ホテルに帰って部屋の窓からマッターホルンー!

きょうは目の前にマッターホルンの頭が見えてきて、
そしてマッターホルンがぐんぐん迫ってきて大興奮~!


一度は見てみたかったスイスの象徴マッターホルン、
きれいな光景の連続に感動しっぱなしでした。


マッターホルンの連発ですが(笑)
マッターホルンはやっぱり素晴らしいです! !

ちょっと散歩~2019 野鳥のえさ台

実家にある野鳥のえさ台が壊れてきたので 
新しいのを作ってほしいと頼まれました。


まわりには雑木林がたくさんあって、日々いろんな野鳥がきます。

これはカワラヒワですーヽ(゚∀。)ノ


ここまで来てくれるのは珍しいのですが。

さっそく、裏の林から小枝を集め 

こんな風に組み立てて表面を削り

屋根に木の皮を貼って完成です~♪

夕方、ヤマガラが様子を見に来てくれましたよ。