思い出旅-30- タイ・アユタヤ遺跡

ここは、バンコクからおよそ80km北にある古都、アユタヤです。


アユタヤ王朝の都として、
1350年から約400年もの間水運交易で発展した町なそうです。


その後、隣の国ビルマから何度も攻め込まれ、
アユタヤの寺院は、無残に破壊されたとのこと。


今では、仏塔や壁が残されているだけとなっていますが、
当時の遺跡が歴史公園となって保存され、
世界遺産に登録されています 。


町じゅうのどこからでも見える、ワット・ヤイチャイモンコン。
72mもの大塔です。


初代ウートン王がスリランカから戻った修行僧たちの 

瞑想のために建てた寺院なそうです。

中には、こんな仏像が・・・。
お顔がとっても可愛いのです~(^^♪

整然と並ぶ仏像たち・・・。

一方で 首が破壊された痛々しい仏像たち・・・

歴史公園の中にあるワット・プラ・シーサンペットです。
1491年に建てられた王室守護寺院跡なそうです。


当時は、ここに16mもある黄金の仏像があつたそうです。
ビルマとの交戦で破壊され、現在では3基の仏塔だけが残っています。

歴史公園内には、こんな仏像も・・(゚д゚)!


ワット・マハータートにある神秘的な仏頭。
侵攻の際に切り落とされた仏像の頭が


長い年月をかけ、木の茎が絡んだのだそうです。

かつては、「ロンドンのように見事」と称されるほどの
国際都市だったそうです。


朽ちたレンガ・・・・それを取り囲む美しいみどり~


廃虚感にあふれていますが・・・
静かに時を止める  世界遺産のアユタヤです。


ちょっと旅~2018 金沢・白川郷その5  白川郷へ

今日の夕食、金沢の味を求めて、片町、香林坊辺りを徘徊です( ^ω^)・・・


午後イチで、人気の居酒屋「いたる」の場所を確認していたのですが、
なんと・・・開店時間の17時30分に行ったのに もう満席~😞


スゴイ人気なんですねー!

それでも片町のこんな居酒屋に入り、

何としても食べたかった のどぐろの お造りや、

地元で採れた海の幸いろいろ、

ホタルイカの釜めし等々


それぞれ思い思いのものをいただき~(*^。^*)
旅の話で盛り上がりました。


みーんな 新鮮~!
プリップリッ( ^ω^)・・・
トロットロ~!

本当に美味しい お魚と日本酒、そしてビール、最高でした~ヾ(o´∀`o)ノ♪


今日の宿はビジネスホテル、
大浴場もあって、ゆっくりくつろぐことができましたよ~(^^♪

翌日・・・バスは念願の 白川郷へ( ^ω^)・・・


岐阜県最北端の険しい山中にある、日本古来の合掌造り民家の残る村「白川郷」。


昔ながらの風習がそのまま残っている集落では、
今でも人が実際に暮らしているそうです。


荻町城跡展望台から眺めた、合掌造りの家々。
まるでミニチュアのジオラマのよう~( ^)o(^ )

雪どけが進んで、土手には ふきのとうも芽吹いています~♫。

雪に閉ざされながらも 

冬は、囲炉裏端で 
こんなお手玉を作るそうです。

あったかい民芸品の数々。

見るものすべてが  なつかしく、本当に美しい~! !


日本むかし話の世界に入り込んだ様な雰囲気です。

少しずつ雪が緩んでいくこの時期・・・

田んぼのあぜ道を歩くと 
澄んだ 水が流れています。


何気ない山里の風景ですが、
久し振りに日常からはなれて
落ちついた時間・・・


山は 青き ふるさと
水は清き ふるさと ~♫です。

インドの旅 - 7 - サルナートからベナレスへ

インド3日目。


きょうは 7時15分にホテル出発です。
バスで、インド初のハイウェイ体験~(*^。^*)


ブッタガヤからサルナート、さらにベナレスへ。 
6時間30分を越す大移動日、命がけのドライブです(笑)


出発して間もなく、ブッタガヤの方向に、
神々しい日の出が見れました。


今日一日 いいことありそう~♫

ブッダガヤからサルナートへ向かう途中 


おもしろいのはローカルバス!!
鍋、釜、段ボールを載せて、家族総出の巡礼旅なの~ ( ^)o(^ )!


バスの上にもたくさんの荷物を次から次と載せています。

素朴なインド 満載でーす!!

このトラック~!
インド音楽が 大音量で鳴り響いています。


デコボコの舗装道~(笑)を
全力で走り抜ける インドのトラックも魅力たっぷり! 
インド版のトラック野郎です~!(^^)!

ようやく・・・ベナレスまで、あと10kmヾ(o´∀`o)♪


渋滞があったり、デコボコ道があったり・・・・


疲れましたが、そろそろ、サルナートの街~!
ウトウトしていたら、いきなりここでランチ~(゚д゚)!

インドの食べ物は、基本どの店も美味しいです!
それだけインド料理は日本人の口に合います。

ラッキョウみたいな 玉ねぎの甘酢漬けも最高~(*^。^*)!


町のざわめきを離れて、大きな並木路を進むと、
芝生が広がる中に大きなストゥーパ(仏塔)が見えてきました。


サルナートは ブッタが初めて説法をした所、


ここで ブッタの 初めて言葉になった教えは、
世界へと広がり、
多くの人の心にしみ込んでいったそうです。


6世紀に築かれた巨大な仏塔 ダメーク・ストゥーパは、
高さ42メートル、直径28メートルの 大きな仏塔。


当時は90mの高さがあったそうですよ~(゚д゚)!

6世紀に建てられたものが
ここに残っていることが素晴らしい~Σ(´∀`;)


圧倒的な存在感 です~!  ! 

塔の周りを回って礼拝する修行者の姿・・・心 洗われます。


7時間のバス旅を終え、ようやく
ヒンドゥー教最大の聖地ベナレスに到着です。


ホッとしている間もなく、


ヒンドゥー教の祈りの儀式
ガンジス河のほとりで行われる「アルティ」を見に
このリキシャに揺られて~♫

人・人・人でごった返す町中。

さっそく、道のど真ん中に( ^ω^)・・・ 
牛が 行く手をふさいでいますよ~!

ちょっと散歩~2017 予防接種

先日、山梨で見た花桃、とってもきれいでした。 

東京では、新緑がまぶしい季節。

いつもの道も こんなに 新鮮です。

狂犬病の予防接種を受けてきたキッちゃん
帰ってから ずうっと ウトウトしています。

ちょっと心配。

早く、元気になーれ!


北スペインの旅-20- ビルバオのビスカヤ橋

ゲルニカからの帰り道、ビルバオ郊外にある 
世界最古の運搬橋・・・・
ビスカヤ橋に寄ってみることにしました。

地下鉄一号線のAreetの駅で降りて、

地図アプリを頼りに 約10分程歩きます。


街角で見かけた宝くじ売り場・・・
スペインにもあるんですね~(^^♪

ウォォォォ~~!  
見えてきました。
そびえ立つビスカヤ橋。

ビルバオ郊外のポルトゥガレテと、ゲチョの町を結ぶ
 全長160mの鉄橋です。


あのエッフェル塔で有名なエッフェルの弟子、
ビルバオ出身のパラシオという人の設計で、


1893年に開通し今でも
現役で活躍しているそうです。

ビルバオは鉄鋼業の町、
その象徴がこのビスカヤ橋と。


鉄づくりの頑丈な橋は、さすがエッフェル流です。


軽量鉄のケーブルで作られた構造は、
世界遺産になっているそうです。

橋桁は、この高さ、
船の運航を妨げないよう、水面から45mの高さに作られたそうです。


観光者向けに
エレベーターで橋桁まで昇り、
この高い橋桁を 歩いて向こう岸に渡り、
向こう岸のエレベーターで降りて、ゴンドラで戻って来るという
チケットもありました。


でも・・・
高所は苦手です~(+_+)

その代わり、
橋桁から鉄のワイヤーで吊り下げられたゴンドラが、
人や車を乗せて移動する仕組みになっています。

さあ、ゴンドラに乗って出発です~(*^▽^*)

ネルビオン川の 向こうは もう海!
ビルバオ港やゲチョの街並みが見渡せます~(*^▽^*)!

なーんだ  あっという間、3分で 対岸のゲチョの町に到着です。


このゴンドラは、24時間 8分ごとに運行されているとのこと。
交通料は、わずか0.4€ 50円です!
地元住民にとって大切な交通手段になってるようです。

世界最古の運搬橋( ^ω^)・・・


レトロなゴンドラなのに・・・・
近未来的な感じ~ヾ(o´∀`o)ノ♪


とっても カッコイイ 乗り物と橋でしたよ~!(^^)!