ちょっと旅~2017 青森ねぶた、秋田竿灯祭り~その1


にほんブログ村




所用で帰省し、せっかく盛岡にいるのだからと 急に思い立ち、( ^ω^)・・・。
青森ねぶた祭り、秋田竿灯祭りを見に行くことに~(^^♪
ねぶた祭りも 竿灯祭りも 見るのは初めてで~す! 
  
さっそく、ねぶた祭で延べ300万人もの観光客が訪れるという青森駅へ
駅は、大勢の人・・・熱気ムンムンです。

駅構内のねぶた・・・睨みのきいた この迫力・・スゴイ~\(◎o◎)/!
お祭りへの期待が一気にふくらみま~す(^^♪。

駅構内には、青森を代表する版画家、棟方志功の情熱的な作品もずらりと並んでいます。
やっぱり迫力ある~!    スゴイ~ です・・・ Σ(・ω・ノ)ノ!

改札口を抜けるといきなりの金魚!
どうして金魚なんだろう?

駅前では、「幸せの鈴」を一個ずつ みんなに配っています。

これは、踊り手のハネトが衣装に付ける鈴なそうです。
シャンシャンと鳴らしながら跳ね、とってもいい音色・・・。


この音が幸せを呼ぶと言われているそうですよ~(;・∀・)

このお店では、金魚ねぶたが飾ってあります。
どうして金魚なの? お店の人に聞いてみました~(;・∀・)


その昔、津軽のお殿様が飼っていた金魚・・・・!
庶民には、手の届かなかった憧れの金魚・・・(^^)!
それが お祭りで金魚提灯として登場することになり、そのうち、金魚のねぶたが出来た
のだそうです。
だから金魚なのですね~(*^^*)!

あちらこちらのお店ではハネト用の衣装が売られています。
これは、とっても鮮やかな、花笠( ^ω^)・・・。

浴衣にたすき、帯のしごきです。

全部身に着けるとこうなりま~す☆◝(⁰▿⁰)◜☆


ハネトの衣装を身にまとえば、歓喜乱舞せずにはいられないのが ねぶたなそうです。
ハネトはこんな正装をすれば、だれでも参加できるそうですよ~!
ねぶたを体験するには、跳ねるのがイチバンと~\( 'ω')/

街中がそわそわ、ざわざわしているこの感じ・・・
何だかたまりません )^o^(!


いざ 出陣~(^_-)-☆



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。