ちょっと旅~2018 富山の旅-4- 宇奈月の温泉宿

黒部峡谷と、後立山連峰の山々から 
ふたたび宇奈月温泉へー・・・。


今晩は ここで一泊しまーす~♫

黒部峡谷の玄関口にあり、富山県内でも
最大の温泉街がある 宇奈月温泉。


温泉の歴史は、黒部川電源開発が始まった 
大正時代にさかのぼり、


1923年に開湯されたそうです。


建ち並ぶ旅館やホテルも
紅葉真っ盛りー(・∀・)

川沿いに、保養所や温泉旅館がズラーリ!
駅のホームにまで 足湯がありますー!

駅前には 
温泉噴水がー! !

街角には著名彫刻家の 27体のブロンズ像があるんだそうです! 

やっと 宿に、到着しました。


足が  パンパンです~!
早く温泉入って ゆっくりしたいー! 

お部屋は、思ったより広く

ウエルカムフルーツに 珍しいアケビがついて

窓からの眺めも最高  !


わりと手ごろな料金なのに・・・
お値段以上です。


ただし、カーテンの陰に カメムシが5~6匹いましたー(≧∇≦)!

さっそく、露天風呂へ。
誰もいないので、写真を撮らせていただきました。


湯量が豊富で、透明度抜群!


紅葉の山々に囲まれ ・・・・
大自然を ひとり占め!


じんわり 体の芯から あったまりますー('◇')ー!

さぁー!
お楽しみ夕食タイム~♪


きょうの献立は、渓谷懐石 
派手さはないですが、


いずれも、富山が誇る美味しいものばかり。


ここは、山峡にありながら日本海が近く、
新鮮な海の幸も味わうことができ ^ω^・・・


峡谷の名水で仕込む 地酒や地ビールも絶品です。

特に 白海老の炊き込みご飯、 
甘みが優しい風味 最高ですーー*^▽^*ー! !

食事処を出ると、すぐ前に、川端康成直筆の手紙が展示されてましたー✉

昭和44年、宇奈月は豪雨にみまわれ、歴史的な被害をうけたそう。
これは、その時のお見舞いの手紙なそうです。


開湯以来、多くの文人から愛されてきた宇奈月温泉、
一時はどん底に落ち込んだ温泉街、


黒部・宇奈月に関わる多くの人たちの尽力で 見事に立ち直ったのが、
今の姿なそうです。


温泉はもちろん、食も、観光も楽しめる宇奈月温泉ー! !


黒部峡谷鉄道・宇奈月駅から欅平駅まで、約80分のトロッコの旅・・・・、


新緑も紅葉も、黒部峡谷の自然を 身近に感じることができますー('◇')ー!

そして、トロッコ電車と 関電の竪坑エレベーターで行く
黒部峡谷パノラマ展望ツアーは最高でしたー・∀・~!


富山までお出かけのさいには、ぜひお立ち寄りください。


ちなみに、「黒部峡谷」と「黒部・立山アルペンルート」は、名前は似ていますが、
場所が全く違いますので ご注意くださいね。


あしたは
ローカル線に乗り 富山市に向かいます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。