インドの旅 - 10 - 赤砂岩のアグラ城

霧がかったガンジス川に浮かぶボート、
日の出前から沐浴する信者・・・
ベナレスでしか目にすることができない光景、最高~でした!


心残りはあるのですが、そんなベナレスともお別れです。


ベナレス発、12時10分。
空路アグラへ向かいまーす!

アグラの見所は2つ。


インドで一番有名なタージマハールと、
どっしりとした存在感のある アグラ城です。

まずは、アグラ城へー!

赤砂岩で出来たアグラ城は 荘厳ですごい迫力~!!

古代都市アグラは、紀元前からあったそうですが、


ムガル帝国が 1526年から約100年間ここを都と定め、
特に繁栄を極めたそうですー(^-^)


最初の門、堅固なアマルシン門~!

とっても重厚な感じ・・・(゚д゚)!
この時代、赤色は帝国の力強さの象徴だったと。


そのまま進むと 威圧感たっぷりなアクバリー門~😃

門をくぐると、
アクバル帝が 愛息のためにに造ったという 


なんて オシャレな ジャハーンギール宮殿~!

ヒンズー様式とイスラム建築が混じり合った造りとのこと。
いつか・・・・どこかで・・・見たような( ^ω^)・・・。 


なつかしい感じがしまーす~(^-^)


よく見ると  なんて見事な彫刻~!  !  !

ここは、ムサンマン・ブルジュ、白大理石の豪華な 8角塔
この歴史を知ると、とてもせつないドラマがあるそうです。


タージ・マハールを完成させた 第5代シャー・ジャハーン、

皇帝の愛した第1皇子は 野心溢れる第3皇子に殺され、


自分はここアーグラ城塞の塔 ムサンマン・ブルジュに幽閉されたそうですー!

窓の向こうには、自分が造ったタージマハールが 
ヤムナー河の水面に浮かぶように見えます。

シャー・ジャハーンは、最愛の王妃・ムムターズが眠るタージマハールを
遠く向こうに眺める日々・・・。


幽閉されて7年後にここで死を迎えたそうです・・・(´・ω・`)
悲しすぎます~!

宮殿の中には、こんなシマリスがたーくさん・( ^ω^)・・・。

ムガル帝国の最盛期をしのぶ
ムガル文化遺産の数々、

豪華でしたが・・・
過去の栄華と悲しい物語にも触れられました。


さあー!
宮殿の外に出て、お待ちかねの    ランチタイム~( ^)o(^ )!


きょうは、クリーミーで、トマト味っぽいカレー。

ドリンクは 飲むヨーグルト 塩ラッシー~!


スッキリした口当たりが カレーによく合います~(^o^)。

アグラ城の城塞は、赤く 力強く 
色褪せることなく 
立ちはだかっているという 感じでしたー!


1983年にユネスコの世界遺産に登録されたそうです。


そして、遥か遠く・・・
ヤムナー河に浮かんでいるように見えた タージマハールは


とても美しく幻想的~~~~ヾ(^∇^)ー!


これから そのタージマハール
世界で最も美しいお墓に むかいまーす! !

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。