インドの旅 - 13 - アルベール城

インド6日目。


きょうは、朝一番で、アルベール城、


その後ジャイプルの街を廻ります。
ピンクシティと呼ばれる「ジャイプル」


町の名前の後に“プル”が付くのは、ヒンズー教系を意味するそうです。

ジャイプルの中心街から30分くらいバスを走らせると、


おーーっ! なにかバーンと見えてきました。
あれが「アンベール城」!


2013年に世界遺産にも登録され、
インドでも かなり人気観光地となっているそうです。

麓から ジープで 城門まで登ってきました~♫

宮殿の前庭は、宮殿を管理する建物が囲っています。


向かい側の山には、尾根伝いに別の城壁が連なっています。
まるで万里の長城みたい。

この階段を上り、城の中へ入ります。


16世紀に築城されたアンベール城。


当時は、カチワーハ家の王国(アンベール王国)の首都だった所です。
ムガール帝国と同盟を結んだラージプート族のマーン・スィン王が、威信を掛けて
建てたお城。


以降、約130年間、歴代の王によって増築されていったそうです。

うォォォォォっ~~! !
外観からは想像できない、優雅で繊細な
空間が広がっていましたー(o(*゚▽゚*)o)~! 


さっそく、
アンベール城の中でも一番人気の「ガネーシャ門」。


世界で最も美しい門の一つと言われているそう。

王族のプライベート空間へと 通じる門で、
繊細で美しいフレスコ画や モザイクがスゴーイ~☆◝(⁰▿⁰)◜☆~!

中に進むと こちらは、鏡の間。
ガラスなどを埋め込んだ天井の花柄模様が
素晴らしすぎるー(≧∇≦)ー!!


一つ一つは 全然ゴテゴテしていない
造った人の感性、素晴らしいと思う。


鏡の間正面には、整備された中庭
なんて 手入れの行き届いた庭園でしょう!


幾何学模様に区切られていて、
風通しがとってもいいのです。

一般の人のための 謁見の間、
ピンクの天井と白い柱のコントラストが とつてもきれい~(゜o゜)


次は 勝利の間、


なんですかっ! このキラッキラは。
すごいーー! スゴ過ぎるーー!


無数の鏡が嵌め込まれ、まさにゴージャス~°˖☆◝◜☆˖°
これぞマハラジャ〜(◎_◎;)!

どこを見ても、隙のない装飾。
勝利を称えるに相応しい空間に、すっかり魅了されてしまいました。


壁面から天井までびっしりと無数のガラスが埋め込まれた空間で、
豪華でエレガントな装飾が施されています。

アンベール城素晴らしかったです。


丘の上に佇む姿は、城塞という印象でしたが、
内に入ると細部までの装飾。


イスラム様式をベースとした美しい
計算され尽くされた造り・・・


もう驚きの連続でしたよ~(@_@)!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。