北スペインの旅 -29- 歓喜の丘から  

やっぱり ここまで来たら カミーノを歩きたい~!


なので、きょう 私達は


モンテ・ド・ゴソの丘から カテドラルまでのカミーノ(巡礼道)を
少しですが 歩いてます。


ここは コンポステーラの街から 東へ5km~


歓喜の丘
モンテ・ド・ゴソです~♪


巡礼の人たちが ここに立ち、
あと5kmで目指すゴールの 大聖堂が見えた時は、


今までの苦労がやっと報われると
歓喜の叫びを上げたと言われる場所なそうです~!

この丘からサンティアゴ・デ・コンポステーラまでは
歩くと2時間ぐらい かかります。


今回は、サンティアゴのバスターミナルから 空港行きのバスに乗り、
サン・マルコスのバス停で下車。


バス通りからサン・マルコス通りに入って10分ほど歩き、
ここまで来ました。

周りには教会と売店があり、巡礼者が10人ほど 休憩中~♫


モニュメントの奥には広大な広場があり、そこを抜けていくと一段高い丘があります。

ここから 360度の見晴らしは抜群ですが・・・・、


残念ながら 丘からサンティアゴ教会を見ることができません~(´・ω・`)

さあー!
サンチァゴ大聖堂をめざして 出発です。


道中は景色の変化が楽しく、


本格的な巡礼者の姿や 帆立貝の道標がいたるところにあり、


かなり巡礼者の気分を味わえます。

牛や羊とすれ違ったり、
延々つづく牧草地を眺めながら( ^ω^)・・・。


梢からポツリと落ちてくる雨露、


追い越していく自転車・・・。

田舎の家の表札や 庭木まで・・・


歩く速度で見る北スペインの景色は、


田舎好きには たまりません~(^-^)~!

田園風景が終わると、サンティアゴの市街地に入ってきました~( ^)o(^ )!


巡礼路の最後にあるサンチアゴ・デ・コンポステーラ、


旧市街の中心はもちろんサンチアゴ・デ。コンポステーラ大聖堂。

上がり下がりを繰り返しましたが・・・


旧市街の狭い道などを抜けて
もう間もなくカテドラルです。


モンテ・ド・ゴソから ここまでちょうど、2時間かかりました。

旧市街を歩いていると たくさんの観光客や巡礼者で混雑しています。

おみやげ屋さんには、カミーノの道しるべ いろいろ・・・。

大聖堂の他にも 巡礼の町なので、歴史ある教会がたくさん あります。

美味しそうな料理をだしてくれる バルが並ぶ通りや
古い建物が残る商店街なども 並んでいます。


もう昼時( ^ω^)・・・。


お昼過ぎには、大聖堂で行われているミサ(礼拝)に参加したいと思います。


なので、こんなバルに入り、ランチタイムに~(^0_0^)!

ピンチョス色々( ^ω^)・・・。

わずか5kmと書いてありましたが、万歩計は12000歩、
10Kmぐらいは、歩きました。


少しの巡礼旅でしたが、
やはり のどごしのビールは 最高~!

いよいよ大聖堂へ~ヾ(o´∀`o)ノ♪

大聖堂の中は、豪華過ぎる訳でもなく、質素な訳でも無く・・・。

修復中ですが、内部の荘厳さは やはり三大聖地のひとつと言われるだけあって、
圧倒される雰囲気です。

中央には燦然と輝く聖ヤコブ像。

見事に・・・ 絢爛豪華で す。

司祭の祈りの声が、
広ーく高い天井の教会に響き渡り
清廉な気持ちになります。


パイプオルガンの響きと

巡礼の旅を終えた信者全員が


起立して合唱する賛美歌は 荘厳過ぎます~!  !

主祭壇前には 世界一大きいの香炉が設けられています。


長い旅を終えてようやくここにたどり着いた


巡礼者たちの身を清めるものなそうです。

有名な香炉の儀式は、
香を焚いて 堂内で巨大な香炉を大きく振る ボタフメイロ。

この香炉で香が炊かれます。

香炉は翼廊に沿って横に振り子のように大きく振られます。


香炉が舞いました~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°  !

ゴシック窓から差し込む光の中 舞う香炉は


とっても 美しい瞬間でしたー!

振り香炉、ボタフメイロは、


祈りが天に届く事を祈願し 記憶するという


意味あいも 含まれているそうです。


長い巡礼の旅のしめくくりにふさわしいシーン・・・


 感動がこみ上げ てきて・・・胸がいっぱいになりました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。