ちょっと旅~2018 岩手銀行赤レンガ館  

毎年恒例、
ずうーーっと楽しみにしていたクラス会ーψ(`∇´)ψ、


今年も一泊だけですが、帰って来ました。

盛岡へ~♪

車窓はもう こんなにも こがね色~、収穫の秋ですねー♪

あっという間に もう仙台・・・

ふるさとの なまりが なつかしい 盛岡駅に到着です。
人混みの先に リンゴとキノコ・・・。


でも、盛岡のりんごは 初雪まじかの
蜜が たくさん入った「ふじ」が一番おいしいんですー!

クラス会の前に
ここだけは 寄りたかった 岩手銀行旧本店へ直行します。


中ノ橋を渡って

盛岡で一番好きな
岩手銀行旧本店 (明治44(1911)に開業)。


ここは2012年8月までは、


岩手銀行中ノ橋支店として、
現役で活躍していたんですよ。


しかも国の重要文化財に指定されている建物で
普通に通常営業をしていましたー(*_*)!

 

銀行としての現役時代に 建物の中に入ったことはありません。


でも、中は すごいはずと
ずうーっと 思ってました。


そして、2016年から内部の見学ができるようになり
名前も岩手銀行赤レンガ館と変わったそうです。


長年の念願かなって 今日 ようやくですー◍>◡<◍


エントランスを入ると
もうここだけで 重厚なレトロ建築だったことが分かります。

カウンターの 上げ下げ窓のある スクリーンは当時のまま。
融資係りの窓口として使用されていたそうです。


こんな銀行の窓口、日本にもあったんですね~(^-^)

2階で放映されていたDVDの映像をお借りしました。


ここは、東北で唯一
東京駅や日本銀行本店の建築に携わった
日本を代表する建築家、辰野金吾監修の建物なそう。

そういえば、右上の屋根のドーム、どこか東京駅に似ていますね~!


たぶん愛弟子に盛岡出身の葛西萬司がいたから
依頼を受けたのだろうと。


設計は辰野・葛西建築設計事務所によるそうです。


こちらも、DVDの映像をお借りしました。


赤レンガ造りに緑のドームは
ルネッサンス風なそう。
当時の洋風建築の特徴を ほぼ完全な姿で伝えているそうです。

正面に2階への階段があります。


さりげなく、
でもしっかりデザイン性を考えた  重厚な木の装飾


白い壁に 焦げ茶色の手すり、


もうたまりませんー(≧∇≦)ーこの空間! !

シャンデリアも素敵ですが、漆喰の模様もすてきです。
窓や天井の飾りも凝っています。


舞踏会が開かれていても不思議じゃないホールです。

古き良き時代の建物には 昔の優美さがあります。


細部まで 色々な細工やデザインが施されていて、それでも
シンプルな飾りと 色合いがシックでステキでした。

西洋の文化にロマンを抱いた明治の人々の フレッシュな感覚・・・ 
ノスタルジーだけではない 新鮮な感動がありましたよ。

さぁ 急いでー! !
ここから歩いて10分ほど 


先日 我家に遊びに来てくれた学友宅へ


彼女の車に乗せてもらい、今宵のクラス会の会場
花巻温泉に向かいまーす~♫

岩手銀行旧本店。
レンガ造の建物は 美しく迫力がありました。
建築に興味のある方は ぜひお立ち寄り下さいー❦


▼岩手銀行赤レンガ館
  住所:岩手県盛岡市中ノ橋通1-2-20
  開館時間:10:00~17:00
  休館日:毎週火曜日、年末年始
  有料ゾーン入館料:一般 300円、小・中学生 100円
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。