北スペインの旅-28-  カミーノ(巡礼道)を歩いてみます

サンチャゴ・デ・コンポステーラのパラドールにて。


まずは夕食です。


ホテル地下にあるメインダイニング、レスタウランテ・ドス・レイス。


弧を描く天井が とっても 個性的です。


石造りの地下貯蔵庫の感じもしますが 抜群な雰囲気~♫

席に案内されて メニューを見ようとしたら 英語のメニューを
持ってきてくれました。


名物料理の スペイン語のメニューは メモしてきたのですが、
英語は 勉強してなかったので不意打ち~(笑)


前菜は、名物のムール貝の 素材の味を生かした ピリ辛マリネ。
メインは、フルーティーで甘いお肉です。

魚介たっぷりのクリーム風味。
詳細は不明です。


最初にパンを食べすぎて、
もう、お腹いっぱい~(゚д゚)!

デザートの濃厚な キャラメルプリン。
焦げた香りがおいしかった~♫

でも、なんと言っても・・・
これ、
パラドール特性のオリーブオイルは
はじめての味~( ^)o(^ )~でした。

翌朝
クラウストロと呼ばれる、回廊つきの中庭をまた通ります。


昨夜とは、雰囲気がガラッと変わり、
ここはやっぱり病院・・・
っていう感じがしてきます~(´_ゝ`)

ドアには、こーんなオシャレな取っ手がついてました。

美しい彫刻が施されている
パラドールの ファサードを出ると、

左手は 改修中の大聖堂、
(正面入り口と、祭壇が改修中)

大聖堂の向かい側は市役所。


美しい建物に囲まれた 大聖堂の正面にある 
とっても大きな石畳みの オブラドイロ広場です。

裏手にまわると こちらも改修中、
工事が終わったら、どれほど荘厳な姿が見られるんだろう~(^-^)!

巡礼のゴールがあるオブラドイロ広場では、


あちらこちらで 今、巡礼の旅を終えたばかりの人たちが
大聖堂を仰ぎ見つつ 休む姿が見られます。


旅を終えた巡礼者たちが抱き合ったり、
これまでの道のりに 思いを馳せたり・・・・。


彼らはこれから、大聖堂の階段を昇り、バロック様式のオブラドイロの正面をくぐり
栄光の門を入っていくのだそうです。


中央の柱に座っている聖ヤコブ像に 罪の許しを乞い、神の祝福を祈り・・・・


なんだか・・・胸が熱くなりますよね。


サンチャゴ・デ・コンポステーラの大聖堂の東側には、キンターナ広場。

広場の西に大聖堂、東側に聖ペラヨ修道院があります。

ここで ホタテ貝を買い、
私たちも少しだけ


カミーノ(巡礼道)を歩きます。

今回は、
ホタテ貝を 小さいリュックにつけて・・・。

コンポステーラの街から 東へ5km、

「歓喜の丘」
モンテ・ド・ゴソに向かい


カミーノ・デ・サンティアゴ、
大聖堂までの道のりを
歩いてみます~ヾ(^∇^)ー♪


ちょっと散歩~2018 青木ヶ原樹海、コウモリ穴

富士山の裾野に広がる青木ヶ原樹海
そのガイドツアーに行ってきました。


青木ヶ原樹海は自然豊かな神秘の森~♫


ツアーは、世界に誇れる大原始林が残る青木ヶ原樹海と


国の天然記念物として1200年以上前からある溶岩洞窟、


この2つを楽しめるガイドツアーです。

樹海に精通したガイドさんが 個性豊かに


自然解説を交えながら、ゆっくりと散策するツアー!


出発は 西湖いやしの里根場ちかくの コウモリ穴案内所。

そこから 青木ヶ原樹海を通り 西湖コウモリ穴にむかいます。


そもそも青木ヶ原樹海って何だろう? 


ガイドのさんいわく、青木ヶ原樹海が誕生したのは今から1,000年以上も昔のこと。


富士山の噴火で流れ出た溶岩にできた原生林で 広さは30~40平方キロメートル


山手線の内側とほぼ同じ面積があるそうです。


溶岩上の原生林としては 日本最大級なそうですよ。

うっそうとした森林は 入ると少しヒンヤリ。
思わず自然の神々しさを感じてしまう場所です。


ガイドさんは遊歩道を進みながら、いろんなことを紹介してくれます。


樹海の磁力の正体や、森の生き物についても、あれこれ~(^-^)

さらに進むと
きれいに整備された、遊歩道が。


方位磁石が狂うから一度入ると出てこられない なーんてウワサもありますが、


樹海の遊歩道は 
とっても気持ちのいい森林浴を体験できます。


森の中はイメージしていた「樹海」とは違っていました。
うっそうとしていますが、薄暗くはありません。


でも、どこまでも同じ景色が広がっていて、一歩 遊歩道から奥へ入ってしまうと、
まったく方向が 分からなくなるかもー(+_+)! 


スマホのバッテリーが切れたら ホントに帰ってこれない?

「雨宿りの穴」です。
残念ですが、周りの苔が踏み荒らされていて、周辺の樹木が衰弱しています。

溶岩の表面だけが固まって残り、
溶岩が流れた跡は、空洞になってしまったそうです。

コウモリ穴に到着しました。
富士山麓の溶岩洞穴の中でも 最大規模なそうです。


1200年以上前から存在する国の天然記念物。 
1年中通して、洞内の気温は0度~4度を保っていると。

入り口をくぐると階段があり、そこを降りると広間があります。


広間の先がいきなりせまーい横穴になっています!
予想していた以上にハード~(゚д゚)!


洞穴内は、ほぼ平坦ですが、天井はかまぼこ形になっていて、
ところどころに溶岩鍾乳石が垂れ下がっていまーす。


ひんやり気持ちいーい!
そして・・・・だんだん 寒ーい!

奥へと進みます!
 中は真っ暗・・・
・・・・恐る・・・おそる・・・・。


溶岩の岩は油断してると 滑ります。


コウモリ穴では二段、三段の溶岩棚を見ることができます。


一番奥にはコウモリの保護区があります。
なにしろ暗いので、覗いてみてもコウモリは見えません。

洞穴の中は、富士山の噴火で流れ出た溶岩が固まる時、
内に 縄状溶岩などが作られたそうです。


こんな感じです。 溶岩の流れがよくわかります。

洞穴内は、体感温度が氷点下 
この夏最高の涼 です~!


1時間ほどで もとの場所にまた、もどります。


青木ヶ原樹海は溶岩の上に樹木が生えているため、
根を深く土の中に張ることができません。

スタート地点に戻り、ツアーは終了です。

中に入れば、別世界!
 迫力ある洞窟の雰囲気が 最高でした。


樹海の大自然の中に入ると、
森は生き物たちのもので、人間が勝手に手を加えてはいけないと
思います。


青木ヶ原樹海って 明るいイメージを持つ人は少ないかもしれないけど、


実は、大自然の神秘や生命力を感じられる パワーに溢れた場所なんだって
感じましたヾ(o´∀`o)ノ♪


うだる暑さの中、夏でもひんやり!


ミステリアスな空気漂う 青木ヶ原樹海、
ぜひ訪れてほしい オススメの場所です。
☆     ☆     ☆     ☆     ☆
西湖ネイチャーセンター(西湖コウモリ穴、クニマス展示館)の連絡先です。
 0555-82-3111 FAX.0555-82-3112
料金は1時間で500円でした。


グァムの旅 その6  ナイトマーケット

チャモロビレッジは グァムの観光名所の一つ。


昼間はおみやげ店が並ぶ のんびりしたエリアですが、
毎週水曜と 隔週金曜の夜に開催されるナイトマーケット、


100店ほどの屋台がたち並び、お祭りのような 賑わいになるそうです。


今日はちょうど水曜日( ^ω^)・・・
さっそく、行って見ることに~!


タモンエリアからは、臨時便の「チャモロビレッジエクスプレス」が水曜と金曜日のみ
運行されています。

チャモロビレッジに到着です~!


ビーチの方にに歩いて行ってみたら、そこは、パセオ公園。
なんと、ニューヨークにある  あの自由の女神がここにも ありましたー!


本場ニューヨークの10分の1の大きさなそうです。
ここパセオ公園には、
昔、巨人がキャンプをしていたパセオ球場などもありますよ。

ナイトマーケットが賑わい始めるのはだいたい17時くらいから。


マーケットに入った途端、ウクレレのチャモロミュージックと
人混みのざわめきに包まれます。


バーベキューの屋台からは


もくもくと煙が立ち上り、美味しそうな匂いで満ちています。

会場には、こーんなボルダリングのスペースも。

チャモロビレッジ・ナイトマーケットの醍醐味の一つは屋台グルメ。


気になったのが このココナッツジュース~!


ジュースを飲んで、実の部分をお刺身にしてくれる「2度おいしい」屋台です。


甘くて、しょっぱくて不思議な味~( ノ゚Д゚)!

飲み終えると、お店の人が実を割ってくれます。
味はイカ刺しに 似てます(笑)

カワュイ~😊!
リゾートファッションも色々~(^_-)-☆

人混みを歩いて行くと 中央にホールが~♫


バンド演奏と共に楽しそうに踊っていている人がいます。
地元の人と一緒に 盛り上がれるのも魅力ですよー!

BBQや串物、チャモロ料理のプレート弁当の屋台も
たくさん出店しています。


チャモロ料理は食べやすいものが多く、日本人の口に合うものが多いです。

ナイトマーケットでは、


木彫り工芸品やアクセサリー、
雑貨などのお店も所せましと並んでいます。


掘り出し物を見つけるのも 楽しみの一つです。

マユちゃん、
こーんな 楽しい~アクセサリーを見つけました~Σ(゚∀゚ノ)ノー!

そろそろ、帰りのバス時間。
最終便のバスで また、タモン・エリアに戻ります。

チャモロ・ビレッジのナイトマーケットは
グアムの文化に手軽に 触れることができる お勧めのスポットです!


さまざまな露店が所狭しと並び、見て回るだけで楽しい気分になりますよー♫

買って、食べて、遊んで・・・・・・
屋台がひしめき たくさんの人でごった返す
この雑多なゴチャゴチャ感! !

盛り上がりは最高潮 ! ! です。

イタリアの旅(2018) -1-  ゴットファーザーの舞台へ

8月12日から 8月26日まで
ワールドカップ真っただ中の ロシアを経由して、
15日間イタリアに行って来ました。


モスクワは 乗り換えただけなのですが
空港はスゴイ熱気に 包まれていましたよ~⚽ 


☆     ☆     ☆     ☆   


今回は、日本の、四国の1.4倍もある 南イタリア、シチリア島へ。 

バスと 列車と、歩きで 島をひと回りするのが、旅の目的です。

そのついでに 
ぜひ、カプリ島 青の洞窟にも行きたいと。

残った時間でローマ界隈を散策しましたが、


タクシーに乗って とんでもないボッタクリにあったり、


帰りには、乗り継ぎの 飛行機の遅れで 
荷物だけが間に合わず、未だ自宅に荷物が到着していなかったり・・・


日本では考えられない 95分遅れの超特急列車で延々と待たされたり・・・と
ハプニングの連続でしたが・・・・。


美しい海と 
たくましくて、気さくで、とってもあったかいシチリアの人々、


枯れた感じの 味な 街並み、

見たこともない野菜が並ぶ 活気あふれる朝市などに 
とっても魅かれましたー♪


☆     ☆     ☆     ☆


シチリアは、映画「ゴッドファーザー」の舞台として有名ですが、
アフリカのすぐ上にあり、地中海で 最大の島です。
地球の歩き方や るるぶにも あまり載っていない街もたくさんありました。


そしてシチリア島には、
ギリシャ本国よりもたくさんの ギリシャ遺跡が残されていました。


☆     ☆     ☆     ☆     


南イタリアは連日38℃の猛暑・・・
痛いほどの日差しを浴びて~(≧▽≦)~! !


これでもか―!っていうくらいの 半端ない日焼けを
して帰って来ましたが、


これから少しずつ イタリアの旅の様子を載せていきたいと思います。
つたない旅日記ですが、読んでいただけたら、うれしいです~◍>◡<◍~!


 

インドの旅 - 14 - さよなら インド

ジャイプルの街に戻ってきました~♫
そして・・・・・ジャンタル・マンタルへ。


ここは 天文学と占星術 の観測儀だらけ、
まるで、天文学テーマパークです。


ジャイプルの町を築いたジャイ・スィン2世は、

相当な天文オタクだったそう・・・

太陽と月、星などの計測や、
惑星などの位置の測定等々・・( ^ω^)・・・

ひときわ目につくのが、


高さ27.4mもある、大きい日時計です。


しかし、こんなもので どうやって時刻を測るんだろう?


このオブジェ、傾斜角度と方向が北極星を指しているそうです。


目盛の付いたカーブの面には影ができます。
その影の先端が、現在時刻というワケです。


よく考えましたよね〜。

つづいて 現マハラジャの住居 「シティ・パレス」へ。


通りに出たら、蛇使い・・・(≧∇≦)! ! !


笛 吹いてないのに コブラが立ち上がりますよー!

ピンクの建物の後ろに見えるのが、マハラジャいち族の現住居なそうです。

ヨーロッパの宮殿のように、いかにもゴージャスって感じはないけれど、
きっと室内はイギリス風かも。

貴賓謁見の間
豪奢なシャンデリアが、引き立っていますー!

この扉~
とにかく装飾が細かいし、色使いも見事! !


ジャイプルで 楽しみにしていた「風の宮殿」です。


もう~o(*゚▽゚*)o~!
ピンクシティのシンボル的な存在、


小窓が953個もあるそうです!


この小窓は、宮廷に住む女性たちが
外から自分の姿を見られずに町を眺めるためのなそう。


表面全体が石製の格子で できています。
ピンク色が 優雅で可愛いです~(^_-)-☆

☆     ☆     ☆     ☆     ☆


刺激いっぱいのジャイプルも これで おしまい。


経済成長著しいと言われているインド。
郊外には、こーんなビル群もありました。

ホテルに泊まるのも、きょうで最後。
明日の今頃は飛行機です。


ホテルの中庭を通ったら、
人形劇が始まるところー!

この人形、
とってもユーモラス~♫
お土産にひとつ買いました。

インドの旅、
急に思い立って出かけてきた旅・・・・


いろんなものを 食べても お腹もこわさず最後まで
健康体で旅を楽しむことができました。

はじめにデリー市内を歩いたときは
人の多さ、埃っぽさ、飛び交うハエの多さ、散在するゴミなどに圧倒され


すべてに衝撃を受けましたが、


しかしこれがインド、
それでこそ インドと・・・・。


一番 印象深かったのはベナレス・・・・ガンジス川の夜。
祈りの儀式アルティです。


燭台の灯りが幻想的に揺れ、
どこか違う意識へと誘われていく 幽玄の世界・・・・。


この母なる河ガンジスに身をゆだね、
死んだ時は母に抱かれて ヒマラヤに帰って行くことを願い
人々は篤い信仰を捧げるのだそうです。

そして、早朝のガンジス川。


ここで 体を清める人、遺体を荼毘に付す人。
川は澱み、汚いはずなのに

皆が同じものを信じ、祈りをこめて沐浴している姿は
何故か神々しく
感動で心が震えました。


旅人たちに「世界で最も衝撃を受けた場所は?」と聞けば、
多くの人たちが ベナレスと答える場所なそうです。

インドは、期待どおり~
祈りの音、人々の熱気~!!


やっぱり  すごかったです。


☆     ☆     ☆     ☆     ☆


明日からイタリアに行ってきます。
その間、しばらくブログの更新を お休みします。
帰りましたら、また 旅の様子、報告していきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いします。