ちょっと旅~2017 青森ねぶた、秋田竿灯祭り~その2


にほんブログ村




ねぶた祭りは19時から・・・・。
その前に「ねぶたミュージアム」に寄って雰囲気を先取りしたいと思いま~す!


ミュージアムをさがして、駅前大通りを歩いていたら( ^ω^)・・・。
駅からすぐ、市民の台所・・・古川市場が。
青森ならではの新鮮な魚介類、お惣菜、地元の特産や名物がた~~くさん! !

ここの名物は、好きなトッピングが選べる海鮮丼なそうです。
大間のマグロや 新鮮なホタテ‥‥めっちゃ美味しそう~\(◎o◎)/!

市場の前では、豪華なイチゴミルク!
氷と 丸ごといちごと 北海道の練乳!
初めての味は、最高~です~ (@ ̄□ ̄@;)!!

駅すぐの 見た目も派手な「ねぶたのミュージアム」

こんなに目立つのに どうしてウロウロしてしまったんだろう・・・(@_@。

ここには、ねぶた祭りの歴史や予備知識いろいろ・・
絵師さんの紹介や 歴代の作品の紹介があるそうです。

昨年運行したねぶたも 間近で見られるとのこと。
しかも賞を取った立派なねぶたが、!


夜を待たずして、この迫力・・・圧倒されてしまいます(@ ̄□ ̄@;)!!


ねぶたの明かりは、昔はロウソク、今は電球や蛍光灯、LEDなどが
使われているそうです。
大型ねぶたには、一台に800~1000個も使われているそうですよ~(*_*)!

ねぶた色の ランプシェイド とってもステキ~💓!

昨年の受賞したねぶたです。
暗闇の中、立体的で勇壮な姿・・・大迫力です˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖
これを作り上げるのに、3カ月もかかり、費用はなんと、2000万なそうですよ~!

面白かったのは、ねぶたの歴史~!


幕末の津軽は、ねぶた熱が膨らむばかり~(^^♪
ねぶたも一層大型化し、手の込んだものに どんどん進化していったそうです。


それを見ていた津軽藩は、戒める訓令や ねぶた禁止令を出したのだそうですが・・・
それにもめげず、全町からねぶたを出陣させたこの町の人たち・・・
その度に処罰を受けたのだそうです(◎_◎;)!


すごい反骨パワー~\( 'ω')/!


躍動と熱狂の迫力には そんな歴史も隠されていたのですね~(^_-)-☆


ちょっと旅~2017 青森ねぶた、秋田竿灯祭り~その1


にほんブログ村




所用で帰省し、せっかく盛岡にいるのだからと 急に思い立ち、( ^ω^)・・・。
青森ねぶた祭り、秋田竿灯祭りを見に行くことに~(^^♪
ねぶた祭りも 竿灯祭りも 見るのは初めてで~す! 
  
さっそく、ねぶた祭で延べ300万人もの観光客が訪れるという青森駅へ
駅は、大勢の人・・・熱気ムンムンです。

駅構内のねぶた・・・睨みのきいた この迫力・・スゴイ~\(◎o◎)/!
お祭りへの期待が一気にふくらみま~す(^^♪。

駅構内には、青森を代表する版画家、棟方志功の情熱的な作品もずらりと並んでいます。
やっぱり迫力ある~!    スゴイ~ です・・・ Σ(・ω・ノ)ノ!

改札口を抜けるといきなりの金魚!
どうして金魚なんだろう?

駅前では、「幸せの鈴」を一個ずつ みんなに配っています。

これは、踊り手のハネトが衣装に付ける鈴なそうです。
シャンシャンと鳴らしながら跳ね、とってもいい音色・・・。


この音が幸せを呼ぶと言われているそうですよ~(;・∀・)

このお店では、金魚ねぶたが飾ってあります。
どうして金魚なの? お店の人に聞いてみました~(;・∀・)


その昔、津軽のお殿様が飼っていた金魚・・・・!
庶民には、手の届かなかった憧れの金魚・・・(^^)!
それが お祭りで金魚提灯として登場することになり、そのうち、金魚のねぶたが出来た
のだそうです。
だから金魚なのですね~(*^^*)!

あちらこちらのお店ではハネト用の衣装が売られています。
これは、とっても鮮やかな、花笠( ^ω^)・・・。

浴衣にたすき、帯のしごきです。

全部身に着けるとこうなりま~す☆◝(⁰▿⁰)◜☆


ハネトの衣装を身にまとえば、歓喜乱舞せずにはいられないのが ねぶたなそうです。
ハネトはこんな正装をすれば、だれでも参加できるそうですよ~!
ねぶたを体験するには、跳ねるのがイチバンと~\( 'ω')/

街中がそわそわ、ざわざわしているこの感じ・・・
何だかたまりません )^o^(!


いざ 出陣~(^_-)-☆



ちょっと散歩~2017 明治神宮、鎮守の森


にほんブログ村




東京のど真ん中、明治神宮には、すてきな森がありました~(^^♪

ここは、もともと荒れ地だったそうです・・・。
そこに150年計画で 人工的に作られた森が今の神宮の森と。

その後、自然まかせにし
そして100年もの間、神域として人が立ち入らなかったとのこと。


今では、森の中で 絶滅危惧種の希少動植物がたくさん見つけられていると・・・・
なんと!      オオタカもいるそうですよ(@_@)~~!

明治神宮御苑の中は、マイナスイオン満載~!
いくつかのパワースポットがあり・・・・・

その一つ、清正井です・\( 'ω')/!

美しく、深い、静かな森・・・。
みどりのグラデーション( ^ω^)!


森のパワーを感じます~~☆◝(⁰▿⁰)◜☆!

都心なのに、何だかとっても不思議な景色・・・・。

明治神宮御苑は、時々行きたい場所の ひとつになりました~(^_-)-☆


ちょっと旅~2017 長崎と佐賀の旅⑤ トイレも有田焼き!


にほんブログ村




今日から佐賀県をまわります~!
佐賀県って「一生行くことはないだろう」と思う都道府県第一位なそうですが(笑)
そんなことはない! !


有田や伊万里の焼き物や、美肌湯の嬉野温泉、吉野ヶ里遺跡、佐賀牛や呼子のイカなど
魅力満載 )^o^(! で~す!


まずは焼き物の町  有田や伊万里を巡ってみます。
想像以上の田園風景 のどかなここは、有田焼の本場にある上有田駅!
端正な木造駅舎・・・(*^-^*)!

中に入ってみると、「乗車券は前の商店で」と ひっそりと無人駅( ^ω^)・・!


この駅舎は、明治31年開業当時からの木造とのこと。
最近になって 昔の雰囲気を 配慮して 改修されたそうですが、

黒やグレーと白壁という配色が、とってもモダンです(^_-)-☆

かつては、隣の有田駅と共に有田焼の出荷で賑わったとのこと。
今でも、ゴールデンウィークの「有田陶器市」の期間中は、特急列車も臨時停車し、
普段静かなこの駅も 一挙に活気づくそうですよ~~!

駅からすぐの陶器屋さん( ^ω^)・・・
店頭のいきなりの大皿、大壺にビックリです(@_@)

古伊万里と言われる品々?・・
古伊万里は、1600年代、あの長崎の出島から、オランダの東インド会社を通して
ヨーロッパに数多く輸出されたそうです。


古伊万里って江戸時代に作られた有田焼、伊万里焼を総称して そう呼ばれているとのこと。藍色と金、赤の組み合わせが基本の様式なそうです。
初めて知りました~~!(;・∀・)

ここでは、トイレや洗面台も有田焼~~!
とっても・・・優雅なこの感じ・・(*^-^*)

地元の神社の鳥居も有田焼なのだそうですよ~\(◎o◎)/!

明るい朱色に 素朴でかわいらし~~いこのお顔~💓
どこかで見たような( ^ω^)・・・・。

店先にお行儀よく座っている看板ネコ~💓
ここでは、ネコも焼き物に見えてしまいます~!

~

有田町は、日本磁器発祥の地として、360年もの歴史をもつそうです!
1659年頃から30年足らずの間に数十万点もの磁器が海外に輸出され、
ヨーロッパ美術にも強い影響を与えたとのこと。


古伊万里というと、手の届かない高級品というイメージでしたが、
町を歩いていると あったか~~い器への思いが伝わってきます~(*^-^*)!



ちょっとですが思い出旅⑫~ 中国、西安の散策


にほんブログ村




碑林博物館は 西安の城壁、南門の近くにあります。
唐時代の石碑がた~くさん! !
中国の長い歴史が 漢字で残されています~(*^^*)

この文字~とっても美しいです・・・・・( ^ω^)・・・。
石碑の保存は、900年も前から行われていたそうです!

興味深いのは、拓本をとっているところ~(^^♪
とられた拓本は、おみやげ屋さんに並んでいました!

西安のシンボル、三蔵法師と大雁塔・・。
大雁塔は、三蔵法師がインドから持ち帰った 仏教経典600部あまりを 
納めるために652年に建てられたのだそうです~!

高さは、7層、64m・・・。
最上階まで登ると、西安のスモッグでかすんだ市内が 一望できました~(^_-)-☆!