インドの旅 - 10 - 赤砂岩のアグラ城

霧がかったガンジス川に浮かぶボート、
日の出前から沐浴する信者・・・
ベナレスでしか目にすることができない光景、最高~でした!


心残りはあるのですが、そんなベナレスともお別れです。


ベナレス発、12時10分。
空路アグラへ向かいまーす!

アグラの見所は2つ。


インドで一番有名なタージマハールと、
どっしりとした存在感のある アグラ城です。

まずは、アグラ城へー!

赤砂岩で出来たアグラ城は 荘厳ですごい迫力~!!

古代都市アグラは、紀元前からあったそうですが、


ムガル帝国が 1526年から約100年間ここを都と定め、
特に繁栄を極めたそうですー(^-^)


最初の門、堅固なアマルシン門~!

とっても重厚な感じ・・・(゚д゚)!
この時代、赤色は帝国の力強さの象徴だったと。


そのまま進むと 威圧感たっぷりなアクバリー門~😃

門をくぐると、
アクバル帝が 愛息のためにに造ったという 


なんて オシャレな ジャハーンギール宮殿~!

ヒンズー様式とイスラム建築が混じり合った造りとのこと。
いつか・・・・どこかで・・・見たような( ^ω^)・・・。 


なつかしい感じがしまーす~(^-^)


よく見ると  なんて見事な彫刻~!  !  !

ここは、ムサンマン・ブルジュ、白大理石の豪華な 8角塔
この歴史を知ると、とてもせつないドラマがあるそうです。


タージ・マハールを完成させた 第5代シャー・ジャハーン、

皇帝の愛した第1皇子は 野心溢れる第3皇子に殺され、


自分はここアーグラ城塞の塔 ムサンマン・ブルジュに幽閉されたそうですー!

窓の向こうには、自分が造ったタージマハールが 
ヤムナー河の水面に浮かぶように見えます。

シャー・ジャハーンは、最愛の王妃・ムムターズが眠るタージマハールを
遠く向こうに眺める日々・・・。


幽閉されて7年後にここで死を迎えたそうです・・・(´・ω・`)
悲しすぎます~!

宮殿の中には、こんなシマリスがたーくさん・( ^ω^)・・・。

ムガル帝国の最盛期をしのぶ
ムガル文化遺産の数々、

豪華でしたが・・・
過去の栄華と悲しい物語にも触れられました。


さあー!
宮殿の外に出て、お待ちかねの    ランチタイム~( ^)o(^ )!


きょうは、クリーミーで、トマト味っぽいカレー。

ドリンクは 飲むヨーグルト 塩ラッシー~!


スッキリした口当たりが カレーによく合います~(^o^)。

アグラ城の城塞は、赤く 力強く 
色褪せることなく 
立ちはだかっているという 感じでしたー!


1983年にユネスコの世界遺産に登録されたそうです。


そして、遥か遠く・・・
ヤムナー河に浮かんでいるように見えた タージマハールは


とても美しく幻想的~~~~ヾ(^∇^)ー!


これから そのタージマハール
世界で最も美しいお墓に むかいまーす! !

インドの旅 - 9 - ガンジス川の幻想風景、沐浴

インドに行くならぜひ見たいと思っていた ガンジス河の沐浴風景・・・


朝は 4時に起き これから見に行きます~!


まだ暗い中 ベナレス最大の沐浴場として知られる
「ダシャシュワメード・ガート」へ。


歩いていると、こんなに 朝早いのに 
あっちからも こっちからも 沐浴に向かう人々。


ヒンズー教徒にとって、ここ、ベナレスのガンジス川は憧れの地、


一生に一度はこの地で沐浴をして、世俗の穢れを浄めたいと願っているんだそうです。

路上では、こんなものが売られています。
歯を磨くための 木の小枝なそうです。

ガンジス川へ降りる階段には 
昨夜祈りの儀式 アルティが行われた祭壇が ひっそりと並びます。

ダシャシュワメード・ガートから、手漕ぎのボートに乗り、
ボートはゆっくりと岸沿いを滑り、

河沿いに建ち並ぶ 400~500年前の建物を見ながら進んでいきます。

きっと数百年前から変わらぬ風景なのでしょう。


川面はとっても穏やか・・・そして、幻想的・・・。


シーンとした静寂の中

遠くに 祈りの風景が見えます。

船を漕ぐ音だけが ひびき・・・

川面を進む小舟と、河原で燃える赤い炎が遠くに見えます。
なんと~、火葬場なそうです(撮影禁止でした)


遺体を荼毘に付しているとの説明です。


死んだら火葬場で焼かれ、その灰をガンジス川に撒かれることで
輪廻から解脱できると 信じられているんだと。


そして、そのすぐ目の前では、洗濯をしている人たち・・・・。 

ガンジス川に祈りをささげながら・・・・

この水で身を清めている人も見えます。 

体を洗い、皿を洗い、衣服を洗い、
沐浴する巡礼者、瞑想する修業僧、


洗う人たち、泳ぐ人たち・・・
ボートから カメラを向ける外国人旅行者・・・。


何だかすごいです。

この河で沐浴をすれば、今までの罪がすべて洗い流されると言われ
人々はここで沐浴をしたり、歯を磨いたり、洗濯したり、牛を洗ったり、

普通・・・ 
それ全部 同じ場所で、
同じ水で、やらなーい~!・・・と思いますが・・・


でも、そのすべてを飲み込むのが聖なる河ガンジス川なのだそうです。


この街は 雑多な雰囲気と 宗教的な神秘さが混じり合ったような・・・
生から死までが ぎゅっと凝縮されたような・・・不思議な所です。


北スペインの旅-26- レオンの散策

ここは、レオンの旧市街、


パラドールを出てみたら~♫
今日はお祭り?


もしかして・・・サン・フロイラン祭かも・・?

こういうタイミングでお祭りに出会えるなんて
ラッキー~(*^。^*)


お祭りのパレードを追いかけて 歩いていくと、


サン・マルティン広場を中心に
バリオ・ウメドという 食いだおれ横丁が広がっています。

バルとレストランの密度はスペインで一番、
約300m四方に 150軒もあるそうです~(+_+)!。


色んな国の 言葉が 飛び交っていますよー!


レオンは サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の途上にありますが
巡礼旅っていう感じの人たちも たーくさん・・・( ^ω^)・・・。

その先には、古代の城壁があり、
城壁を過ぎると


中世の雰囲気そのままの サン・イシドロ教会です。


かつてのレオン王国の 歴代国王や王家の人々が埋葬された霊廟なそうですが、


残念ながら中は撮影できません~(´・ω・`)

街角で 大道芸発見!


これって、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」? ? ?


この人、微動だにしないです。


でも・・・注がれるミルクは、ずうっと流れてます~(゚д゚)!


とっても不思議~(*_*)!


すごーい~!  !  !

パラドールから歩いて15分ほど・・・・
町の中心にそびえ立つ、市民の宗教的なシンボルでもあるレオン大聖堂~\( 'ω')/


サン・マルセロ広場には、
たくさんの人が集まり、

旗を掲げ、うたを歌い、お祭りを祝ってます。

堂々たるゴシック!

なにしろ大きくてカメラに収まりません。

スペイン3大カテドラルの一つなそう。


彫刻のすばらしーい ファサード~!

中に入ってみると 


ジャーン!!


その広さと天井の高さに圧倒されます~(@_@)!


壁全体の面積よりも ステンドグラスの面積が多いと!


なんて 美しいステンドグラス~!  !

魅かれる~・・・彫刻 ~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

外からの光が 差し込むステンドグラスは  息を呑む美しさです~(*_*)!


上段は聖書の物語、
中段は人間、
下段は植物というテーマで作られていているそうですー!

世界最大級のステンドグラスなそうですよ。


教会を出ると、広場には、フリーマーケット!

骨董品やハンドメイドの陶器がたーくさん~♫

サン・マルセロ広場をぬけ、通りを真っすぐ進むと
あのサグラダ・ファミリアを設計したガウディの作品が~♫~


四隅に配置された尖塔~ やっぱりガウディらしい~!


今は 銀行として使われているそうです。
ここで ガウディに出会うことことができるなんて、


うれしいです~(*^。^*)

建物の前にあるベンチには ガウディが座っていますよー(笑)
自分の作品を見ている風( ^ω^)・・・

見知らぬ街を 散歩するのは 最高~♫


でも、レオンともこれでお別れ・・・。


レオンは、あまり期待していなかっただけに、前知識なしで見る建物に
驚きの連続でした!


特にパラドール~ヾ(o´∀`o)ノ~♪


良い意味で裏切られましたよー!


これから14時43分の列車で、いよいよ サンティアゴ・デ・コンポステーラの街に
向かいまーーーす~! !
 

グァムへ -2- 青い空と海の ウェディング

いよいよー!
2人は 結婚式に 出発で~す(^^♪
リムジンなんて、セレブな気分~( ^)o(^ )!

式はヒルトン敷地内のチャペル。
芝生の手入れもよく、写真撮影には抜群の教会ー!

観光地としても楽しめるグァムでのウェディング。
当人じゃなくてもテンション上がりまーす!

真っ青な空と海。そして真っ白な砂浜。抜群のロケーション!

残念~!
式中は撮影NG。

それでも・・・・目の前に海が広がるステキなチャペルで 

ピッカピカの二人が 

おごそかに 式を挙げました~♥


とびっきりキレイで 素敵な花嫁さん~(((o(*゚▽゚*)o)))~!  !   !


いい人に出会えて 本当によかったね~(*^。^*)

式の後の、パーティ( ^ω^)・・・
ふだん なかなか会うことのできない家族も グァムに集まり~

みーんなで 祝福しました~♫

結婚おめでとう!

2人であったかい家庭をつくってね~ヾ(o´∀`o)ノ♪

この後、新郎 新婦はビーチフォトツアーへ出かけました。

青い空と海が見守る 美しい景色のなかで繰り広げられた 
幸せのシーン。


心に残るグァム・ウェディング!! ! 
感動の一日でしたよ~♥


グァムへ その1 南国のリゾートグァムへ

久々の更新です~♥


いつも いつも拙い文章を読んでくださる皆様
さらにコメントや ナイスまでして下さる皆様


本当にありがとうございます。


2週間 すっかり パソコンの世界から遠のいていましたが、
また、よろしくお願いしまーす!


♡    ☆    ♡     ☆     ♡     ☆


この間グァムに行ってきました―~~~ヾ(^∇^)ー♪


グァムは子供がまだ小さいころに 行ったっきり。
気が付けば、22年振りです。


期待以上に海は、真っ青~!


大勢で行ったので 
結婚式のノリで大騒ぎしながら、シュノーケリングなどを めいっぱい!


グァムのウェルカムな雰囲気と
美しい海の色に すっかり いやされた旅となりました。


出発は成田から。

マユちゃんもルンルンです。

いよいよ出発!
ユナイテッド航空です。 

約4時間、アッという間の到着~!
時差も一時間しかありません~(^-^)

疲れも見せず 余裕 しゃくしゃくなマユちゃん・・( ^ω^)・・・

今回は 海辺のヒルトンホテルに4日間のステイです。


シャトルバスでホテルに向かいますよ。

ホテルは、空港からタモン湾方面へ20分ほどの距離。


タモン湾沿いは ホテルが並ぶ一帯ですが、その中でもヒルトンは
一番西に位置しています。

なので、グアム中心部へは徒歩で行くことは厳しいので
立地としてはそれほど良い訳ではありませんが・・・


ホテル手前の公園から見たヒルトン、


こーんなに美しい海~ヾ(o´∀`o)ノー♪
ビーチ沿いのホテルが一望できます。

ホテル敷地内のビーチでは 砂浜はありませんが
シュノーケリングができます!


レストラン等の設備も充実していて。

朝食はこの下のラウンジです。

お部屋は、すぐ前に大海原が広がり、ロケーションは最高~(^o^)
イパオビーチへすぐなので のんびり過ごすには最適です。

とりあえず、ラウンジでウェルカムドリンクを


これだけで お腹いっぱい~♪

!

若者たちは、
さっそくシュノーケリングに出かけていきましたー!

海をみながら、ついウトウト( ^ω^)・・・

目覚めたら、うわぁ~!
虹が2重に見えましたー!


写りはイマイチですが、
とっても神秘的~♫

湿気たっぷりの潮風が、とっても気持ちいいです。


グアムの海は水色というイメージが強かったけど、

青い! 青い !
めちゃくちゃ青いです!