ちょっと旅~2017 長崎・佐賀の旅③ 坂本龍馬の亀山社中


にほんブログ村





長崎港をずう~っと眼下に見渡せる坂本龍馬ゆかりの史跡が点在する
亀山社中跡界隈・・・


坂本龍馬ファン必見の場所、「亀山社中」は
1865年薩摩藩などの援助を受けて、坂本龍馬がつくった日本初の
貿易商社なそうです!(^O^)


大河ドラマ「龍馬伝」で見た「亀山社中」のシーン・・
今でも鮮明に覚えています( ^ω^)・・・


せっかく長崎に来たのだから、今日は 龍馬がブーツで闊歩したという小路をたどり、
歴史の息吹を感じてみま~す!


ここは、坂本龍馬の最も有名な写真を撮った場所~!
上野撮影局跡( ^ω^)・・・
当時から屋根はなかったそうですよ~!

龍馬が肘を置いた台座も~~~ そのまんま(*^▽^*)!

橋を渡り、結構 きつい石段の道を登って行きま~す!
息 絶え絶え~~(@_@)!


亀山社中の面々がよく訪れたという若宮稲荷神社まで登ってきました(^O^)!
石段の脇は桜並木( ^ω^)・・・
龍馬も愛用した「亀山焼窯跡」も残されています~!

亀山社中記念館付近から寺町通りまで続いている龍馬通り・・
こんな楽しい看板があちらこちらに~!

龍馬や志士たちが闊歩した石段の道・・・眼下の広がる市街地の景観を楽しみながら
ゆつくり歩きま~す!


亀山社中の近くまで行くと、こんなブーツ像が!
かなり坂道を登って来たので、眺めは最高(*^▽^*)!
この巨大なブーツ60cmあるそうですよ~~!


ブーツ像に足を入れ、舵を握れば、気分はすっかり龍馬~~\(◎o◎)/!

亀山社中記念館に到着です!
「亀山社中」跡地にある記念館、当時の間取りに限りなく近く復元されているとのこと。

母屋には、三部屋、土間の上には、隠し部屋もあります!
ここの館長は海援隊の武田鉄矢とのこと。
ミーハーですが、中には、福山雅治のサインも~!

復元された館内には、
紋服、拳銃、ブーツなどの龍馬の愛用品、
手紙や亀山焼などがた~くさん!((◎_◎;)・・


小さな庭から 龍馬が見ていたであろう長崎の町が一望できます~ヾ(o´∀`o)ノ♪

記念館を出て坂を下り、ちょつと歩いたら、あの眼鏡橋~ヾ(*´∀`*)ノ
この辺りは 歩いているだけでも風情があり、とっても楽しいで~す!

激動の時代を駆け抜けた 坂本龍馬にロマンを感じ、当時に想いをはせてみた
つかの間の散歩でした~(*^▽^*)!


幕末の風雲児、坂本龍馬は、日本で最初にブーツを履いたと言われているそうです。
自由と希望の地 この長崎で 龍馬はブーツを履き 何を思い 長崎の空を見上げていたのでしょうか~(^_-)-☆・・・・。 



ちょっとですが 思い出旅⑨~ 万里の長城から


にほんブログ村





どんどん変わりゆく北京!
日中はガスがかっていた北京の空😞・・・・
夜景は全然期待していなかったのですが・・・
ホテルの部屋から外を見たら・・・しっとり~(^^♪・・・とってもきれいでした !


翌日、北京市内からバスで万里の長城へ( ^ω^)・・・
ここ八達嶺は、北京からとっても近いです!


この長城は、2300年以上も前に領土の境界を守り、シルクロードの貿易を守るために
つくられたのだそうです。


ずうっと続く壁の道~~!
長城はどこまでも続いています(@ ̄□ ̄@;)!!

やっぱり広い!
中国の雄大さ・・・実際に見て体感しました~!💓!





アイスランド⑨ パワフルな四駆で さあ!氷の洞窟へ


にほんブログ村




アイスランドで  どうしても叶えたかった、二つのこと~(*^▽^*)


ひとつはオーロラを見ること!!
そしてもう一つは、氷の洞窟、アイスケーブを見ることで~~~す! !


真っ青に輝く 神秘の洞窟を求めて このツアーに参加したという人が
半数以上いましたよ~~!
そのアイスケーブにこれから向かいま~~す !(^O^)


取り敢えずこのレストランでランチです。

゛RESTAURANT  MUSEUM゛という看板だけあって、どうやらミュージアムが併設されているようでしたが・・・
どんなミュージアムなのかまでは わかりません("^ω^)・・・。


野菜とお肉たっぷりのあったか~~いスープ、冷えた体に 最高でした~~!

アイスランドの国土の10%を占める氷河・・・・
長い時間をかけて 少しずつ変化する 氷河にできる洞窟・・・


気温が高かったり、雨が降ったり、吹雪だったり・・・
と北極に近いアイスランドの自然は 想像以上に 不安定な気象条件で、なかなか
中に入れるチャンスは少ないそうです。


時には、崩壊する可能性もあり、洞窟に入る危険性も伴います。


今日も ここに来る2時間ぐらい前に ようやく、洞窟の中に入れるというOKサインが
出るという状況でしたよ~~! 
昨日は吹雪で入れなかったそうです! 


私達は本当にラッキーです~~~!(^^)!


これから向かうヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟は、火山からの地熱により、
夏の間に氷が溶けて形成されたものなそうで~す!


見学できる時期は、11月から3月に限られるとのこと。

ここからは  こんなパワフルな四駆のジープが
私達を 氷の洞窟、アイスケーブまで連れて行ってくれま~す!

前に見えるのは、大西洋・・・
ここは、ブライザメルクルヨークトル氷河が大西洋と出会う場所とのこと。

橋を渡りま~す!
右手向こうには、一面の雪原が広がっています!

 一面の白銀世界(@_@)! !💓

こんな~~~道なき雪道を走りま~~す!ヾ(*´∀`*)ノ

 ふか~~い溝も大きく車体を揺らしながら( ^ω^)・・・難なくクリア! !

ジープに揺られること30分!
ついに念願の「氷の洞窟」に到着で~~す!   \(◎o◎)/!

さっき買ったアイゼンを履き、ツアーから支給のヘルメットをかぶりま~す!

前方に見えるポッカリ空いた穴( ^ω^)・・・
どうやら、ここがアイスケーブの入口のようで~す!

レイキャビックから300Km、ヴィトナヨークトル氷河付近の
このアイスケーブ( ^ω^)・・・


ヴィトナヨークトル氷河の面積は約8100㎢、東京都や大阪府の約4倍の
大きさなそうです。


この巨大な氷河はヨーロッパ最大の大きさとのこと。


風の音意外は何の音もしない世界・・・・
一面の雪原の向こうには、氷河のある岩山が所々に見えます!

ちょっとですが思い出旅⑧  秋の奈良公園 


にほんブログ村




奈良公園の鹿たち・・・・・
鹿せんべいをあげると、飲み込むときに お辞儀をするんですよ~~(*^-^*)!

少し歩くと春日大社・・・
鮮やかな朱塗りの社殿が 美しい~~です(*^-^*)!


この灯籠は節分とお盆には、全部点灯されるそうです・・・。
幻想的な世界が広がりそう~~!

とっても広い奈良公園( ^ω^)・・・
引き寄せられるほどの紅葉を目にすることができました・・(^_-)-☆

水谷茶屋の 藁ぶき屋根には、もみじがよく似合います。

ちょっと旅~2017 長崎・佐賀の旅② 歴史あふれる出島


にほんブログ村




長崎の海の玄関口 出島に来ました。( ^ω^)


出島は、1634年、江戸幕府の鎖国政策の一つとして長崎につくられた
人工の島なそうです!
鎖国時代、西洋に向けて開かれた ただ一つの窓口だつたと。


初めは、ポルトガルとの貿易、その後はオランダとの貿易が 
 こんなちっちゃな島の中で 行われていたそうですよ~(@_@)!


出島の中は今 江戸時代の雰囲気が再現され!
まるで映画村のセツトのようです~(*_*)!!
しばし散策し、当時の面影を追ってみま~す!


入口には、バルコニーが美しい 洋風住宅!(^O^)
日本最古の キリスト教の 神学校なそうですよ~!
明治初期の建設と。

水色がとってもロマンチックで~す(*´▽`*)

神学校を過ぎると( ^ω^)・・・
実際の出島を1/15で再現しているミニ出島・・・


 シーボルトの絵師が描いた絵を参考にして  作られていると。
19世紀 島内には住居や料理部屋、蔵、番所など49棟もの建物があったとのことです。


これは地元の高校生が毎年少しづつ創っているものなそうです(^^♪
真心が伝わってきま~す! !💓


江戸時代、唯一 出島と対岸の 出入り口にかかっていたのが 石造りの表門橋・・・
この橋は、明治時代に撤去されたそうですが、最近 こんな風に 復元工事が~!
曲線が 見事です(^O^)! !

あの坂本竜馬も出入りしていた 表門です。 そのまま残っていました~!

こんな姿の  案内人があっちにも こっちにも~~!ヾ(*´∀`*)ノ

~

出島の歴史を 紹介してもらいましたよ~~!

出島で一番大きな建物、カピタン部屋。
オランダ商館長の事務所や住居として使われていたそうです!

2階には、当時の暮らしぶりが再現されています。
ここは、迎賓館として使われていた お部屋(*^▽^*)!

キリシタン御法度の時代なのですが・・・
オランダの冬至を祝う会として、クリスマスパーティーが行われていた
そうですよ~~!

出島から出ると、すぐおらんだ橋・・・
たもとに「なんばんえびす」の像がありました~~ヾ(*´∀`*)ノ
鯛を抱えて 愛嬌たっぷり~~です♡

視界いっぱいに広がる長崎港には こんなに大型クルーズ船も~~(^O^)! !
この大きさには、ビックリです\(◎o◎)/!

ペリーの来航で、日本は開港し、オランダ人は長崎市街地へ自由に出入りできるようになったそうです。


鎖国時代の200年もの間、日本で ただひとつ西洋に開かれていた貿易の窓口だった
出島・・・(^O^)


明治期には、その役割を終え、陸地の中に埋もれていた出島ですが(´・ω・`)
今では着々と復元が進められ、幕末、江戸へと時代をタイムスリップすることが
できました~~(*^▽^*)!


長崎のタイムトンネルを抜けると・・・そこは一挙に異国情緒たっぷりの
ノスタルジックな街並み・・・ 
なんていう感じの 歴史あふれる出島でした~~(*^▽^*)!