インドの旅 - 14 - さよなら インド

ジャイプルの街に戻ってきました~♫
そして・・・・・ジャンタル・マンタルへ。


ここは 天文学と占星術 の観測儀だらけ、
まるで、天文学テーマパークです。


ジャイプルの町を築いたジャイ・スィン2世は、

相当な天文オタクだったそう・・・

太陽と月、星などの計測や、
惑星などの位置の測定等々・・( ^ω^)・・・

ひときわ目につくのが、


高さ27.4mもある、大きい日時計です。


しかし、こんなもので どうやって時刻を測るんだろう?


このオブジェ、傾斜角度と方向が北極星を指しているそうです。


目盛の付いたカーブの面には影ができます。
その影の先端が、現在時刻というワケです。


よく考えましたよね〜。

つづいて 現マハラジャの住居 「シティ・パレス」へ。


通りに出たら、蛇使い・・・(≧∇≦)! ! !


笛 吹いてないのに コブラが立ち上がりますよー!

ピンクの建物の後ろに見えるのが、マハラジャいち族の現住居なそうです。

ヨーロッパの宮殿のように、いかにもゴージャスって感じはないけれど、
きっと室内はイギリス風かも。

貴賓謁見の間
豪奢なシャンデリアが、引き立っていますー!

この扉~
とにかく装飾が細かいし、色使いも見事! !


ジャイプルで 楽しみにしていた「風の宮殿」です。


もう~o(*゚▽゚*)o~!
ピンクシティのシンボル的な存在、


小窓が953個もあるそうです!


この小窓は、宮廷に住む女性たちが
外から自分の姿を見られずに町を眺めるためのなそう。


表面全体が石製の格子で できています。
ピンク色が 優雅で可愛いです~(^_-)-☆

☆     ☆     ☆     ☆     ☆


刺激いっぱいのジャイプルも これで おしまい。


経済成長著しいと言われているインド。
郊外には、こーんなビル群もありました。

ホテルに泊まるのも、きょうで最後。
明日の今頃は飛行機です。


ホテルの中庭を通ったら、
人形劇が始まるところー!

この人形、
とってもユーモラス~♫
お土産にひとつ買いました。

インドの旅、
急に思い立って出かけてきた旅・・・・


いろんなものを 食べても お腹もこわさず最後まで
健康体で旅を楽しむことができました。

はじめにデリー市内を歩いたときは
人の多さ、埃っぽさ、飛び交うハエの多さ、散在するゴミなどに圧倒され


すべてに衝撃を受けましたが、


しかしこれがインド、
それでこそ インドと・・・・。


一番 印象深かったのはベナレス・・・・ガンジス川の夜。
祈りの儀式アルティです。


燭台の灯りが幻想的に揺れ、
どこか違う意識へと誘われていく 幽玄の世界・・・・。


この母なる河ガンジスに身をゆだね、
死んだ時は母に抱かれて ヒマラヤに帰って行くことを願い
人々は篤い信仰を捧げるのだそうです。

そして、早朝のガンジス川。


ここで 体を清める人、遺体を荼毘に付す人。
川は澱み、汚いはずなのに

皆が同じものを信じ、祈りをこめて沐浴している姿は
何故か神々しく
感動で心が震えました。


旅人たちに「世界で最も衝撃を受けた場所は?」と聞けば、
多くの人たちが ベナレスと答える場所なそうです。

インドは、期待どおり~
祈りの音、人々の熱気~!!


やっぱり  すごかったです。


☆     ☆     ☆     ☆     ☆


明日からイタリアに行ってきます。
その間、しばらくブログの更新を お休みします。
帰りましたら、また 旅の様子、報告していきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いします。

ちょっと散歩 2018~ 民家のレストラン

山梨の実家にて・・・


ゴルフ場の近くに
民家のレストランができたよー!  !
と、耳よりな情報~♫


さっそく、予約の電話をしたら、
あした、やってます。是非ー!
と( ^ω^)・・・。


翌日、朝からお腹をすかし
散歩がてらに 行ってみました~😊

こーんな お花に囲まれた ステキなお宅・・・。

表に回ってみても
看板も何もありません。


でも、
いらっしゃいませ!!
と 笑顔でお迎えしていただき、

お家の中へ。


落ち着いた感じに
なんだか、ホッとします。


キッちゃんは、ベランダで くつろぎタイムです。

この照明。
アケビの蔓で
作ったんだそう。

さっそく、めずらしいビールと、

自宅で栽培しているという野菜の サラダ・・・・
甘くて 濃くて これはおいしい  ! !

自宅横の 元気いっぱいの畑です。

お肉も 柔らかく、ハーブのいい香り~(^-^)

デザートもさわやか~☆◝⁰▿⁰◜☆

帰りには、玄関前のマーガレットまで おみやげに頂きました。

オーナーは 、50代のご夫婦。
早期退職して こらにに移り住み、
レストランをはじめたそうです。


マイペースで気ままにやってますよと・・・・。


ハツラツとして、
真心いっぱいの お料理とおもてなし・・・


キッちゃんも お肉を少しいただきましたよ~(^_-)-☆

ご馳走さまでした~~~~ヾ(^∇^)ー♪


グァムの旅 その5 アンダーウォーターワールド

グァム 3日目。


グァムって 小さな島で、こじんまりしたイメージですが、
そんなグァムにもあります・・・世界一が。


世界一長い  水中トンネルの水族館です~o*゚▽゚*o。


これから このバスに乗って
その水族館
「アンダーウォーターワールド」に 行ってみまーす!


ヒルトンの前にはシャトルバス停があるので・・・ 

市内中心部へのアクセスが便利です。


場所はタモンの免税ショップ  T.ギャラリアの前。
T.ギャラリアは  各シャトルバスの拠点のひとつでもあり、アクセスも最高~!

外観はこんな感じー!


グアムの繁華街の中心にあるので、
すぐに見つけられます。

ここの、水族館のトンネルは 100mの長さなそうです。


ちなみに「しながわ水族館」の
トンネルの長さが22メートルだから…そのおよそ5倍です。

この水槽、約3,000キロリットルもの海水が入っていると。


水槽では 約1500匹もの魚を 見ることができるそうです~!  


濡れずに 魚になった気分が味わえます(笑)

イスがたくさん並んでいます。


この水族館、夜はレストラン・バーに大変身するそう。


長いトンネルで休憩するのに、もってこいです。

エイの優雅な動きに 魅せられてしまいました~!  !

これはフグの仲間。
表情がとってもユーモラス~(^_-)-☆

飛行機が沈没!?
戦時中に海中に沈んでいた戦闘機や船の残骸などもあり グァムならでは。


ウォータートンネルはまっすぐではなく、適度に曲がりくねっています。
それがよけいに海底の神秘的なムードを演出しています。

まるで水中散歩~!  !
ホントに海中に 迷い込んでしまったようでした。



ランチは、Tギャラリアの向かい~
ハードロックカフェで。


大好きなABCストアの上にあり、
看板がとても目立つので、必ず目にします。

店内はオシャレ~ヾ(o´∀`o)ノ♪!


客席も400席あり、世界各地のハードロックカフェで
2番目に広いそう!

小さめのステージもあり、
天井からは車が 吊られていて、映画に出てくるようなシーンです!

オーダーしたチャモロバーガーは、
グアム限定メニューかも?


チャモロ感は、あまり伝わってきませんでしたが
味もとてもよく、ボリュームもあり、美味しかったですー!

服を来たまま 海の中にいる気持ちにさせてくれる 
水中トンネルのアンダーウォーターワールド・・・・


海の中って なんか 落ちつく~o○.。o○~
澄みわたる青色と 
海のパワーに 惹かれてしまうからでしょうか。


インドの旅 - 13 - アルベール城

インド6日目。


きょうは、朝一番で、アルベール城、


その後ジャイプルの街を廻ります。
ピンクシティと呼ばれる「ジャイプル」


町の名前の後に“プル”が付くのは、ヒンズー教系を意味するそうです。

ジャイプルの中心街から30分くらいバスを走らせると、


おーーっ! なにかバーンと見えてきました。
あれが「アンベール城」!


2013年に世界遺産にも登録され、
インドでも かなり人気観光地となっているそうです。

麓から ジープで 城門まで登ってきました~♫

宮殿の前庭は、宮殿を管理する建物が囲っています。


向かい側の山には、尾根伝いに別の城壁が連なっています。
まるで万里の長城みたい。

この階段を上り、城の中へ入ります。


16世紀に築城されたアンベール城。


当時は、カチワーハ家の王国(アンベール王国)の首都だった所です。
ムガール帝国と同盟を結んだラージプート族のマーン・スィン王が、威信を掛けて
建てたお城。


以降、約130年間、歴代の王によって増築されていったそうです。

うォォォォォっ~~! !
外観からは想像できない、優雅で繊細な
空間が広がっていましたー(o(*゚▽゚*)o)~! 


さっそく、
アンベール城の中でも一番人気の「ガネーシャ門」。


世界で最も美しい門の一つと言われているそう。

王族のプライベート空間へと 通じる門で、
繊細で美しいフレスコ画や モザイクがスゴーイ~☆◝(⁰▿⁰)◜☆~!

中に進むと こちらは、鏡の間。
ガラスなどを埋め込んだ天井の花柄模様が
素晴らしすぎるー(≧∇≦)ー!!


一つ一つは 全然ゴテゴテしていない
造った人の感性、素晴らしいと思う。


鏡の間正面には、整備された中庭
なんて 手入れの行き届いた庭園でしょう!


幾何学模様に区切られていて、
風通しがとってもいいのです。

一般の人のための 謁見の間、
ピンクの天井と白い柱のコントラストが とつてもきれい~(゜o゜)


次は 勝利の間、


なんですかっ! このキラッキラは。
すごいーー! スゴ過ぎるーー!


無数の鏡が嵌め込まれ、まさにゴージャス~°˖☆◝◜☆˖°
これぞマハラジャ〜(◎_◎;)!

どこを見ても、隙のない装飾。
勝利を称えるに相応しい空間に、すっかり魅了されてしまいました。


壁面から天井までびっしりと無数のガラスが埋め込まれた空間で、
豪華でエレガントな装飾が施されています。

アンベール城素晴らしかったです。


丘の上に佇む姿は、城塞という印象でしたが、
内に入ると細部までの装飾。


イスラム様式をベースとした美しい
計算され尽くされた造り・・・


もう驚きの連続でしたよ~(@_@)!


北スペインの旅-27- サンティアゴ・デ・コンポステーラへ

14時43分、レオン発サンチャゴ・デ・コンポステラ行。
列車は知らないうちにスルスルと走り始めます。


ついに~ 
サンティアゴ・デ・コンポステーラに向かいます~o(*゚▽゚*)o
 

いつかはこの地を 訪れてみたいと ずうっと思っていました。

ローマ、エルサレムと並びキリスト教三大巡礼地のひとつとされる、
スペイン北西部のサンティアゴ・デ・コンポステーラ。


9世紀のはじめ、12使徒の1人である聖ヤコブの遺骨が発見されたとして、
この町に大聖堂が建立され、


この聖地を目指す巡礼の道は1000年以上の歴史を持ち、


今も年間に約10万人が訪れているそうです。

19時59分 列車は定刻に到着。

がっしりした石造りの古風な駅舎、
意外にも、小さく、
どこかカワイイです~!


駅の 正面の階段を上った先から新市街が、その先に旧市街が広がっています。

宿は、パラドール・デ・サンティアゴ・デ・コンポステーラ~!
旧市街。


道々は、見る見る日が暮れていきます。


ここは、見るものすべてが神々しい~!


日没の様子も巡礼地 仕様です。

旧市街の中心 オブライドロ広場に到着しました。


ウォォォォぉ~~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
ついに来ました。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂~!  !


塔が修復のため足場で隠れていて残念・・・ですが やはり荘厳な大聖堂です。


仏教徒ですが、胸が熱い~ !  !  


暗闇の中・・月明かりに照らされ、厳かにすっくと佇んでいます。


そして、オブラドイロ広場に面する
パラドール・デ・サンティアゴ・デ・コンポステーラ~!


この歴史的エリア内のホテルもスゴイ!  !
今晩からここに2泊します。


この空気感~!
キーンと張りつめた雰囲気、
巡礼者の願いが 真っすぐに届いてくるようです。

つい最近まで、カトリック両王の名を冠していたこのパラドールは、


もともと15世紀末に王立病院として建設された、


世界で最も古いホテルの一つなそうです。

パラドールの重厚なファサード。
建物には美しい彫刻が施されています。


今、巡礼の旅を終えたばかりの人達、
ばんざいをしながら、一人・・・二人と 満面の笑みをたたえてレセプション前に入ってきます。


爽やかな表情~(^^♪    拍手・・👏・・・拍手。


歩いていない私達も 拍手をさせて頂きました。


日焼けで黒光りした顔が、一段と輝いています。

チックインを済ませ、客室に向かう途中( ^ω^)・・・。

クラウストロと呼ばれる、回廊つきの中庭が4箇所あります。

美しいアーチと 中央の噴水が 宮殿のような雰囲気です。
ここが、病院だったなんて・・・驚きです。

客室は137室あるそうです。


スペイン中世の 古城のような雰囲気・・・。

泊まったのはスタンダード・ツインルーム。


内装はクラシックで、アーチ型の天井、
かつての巡礼者のロッジとしても使われていたそうです。


床はフローリング、歩くとギシギシ音がして 歴史、感じます。

さっき 大きなバックパックを背負い、最終目的地に足を踏み入れたばかりの巡礼者に、


いつ出発したのーと、聞くと


「1ヶ月前にフランスを出てピレネーを越えて800キロ歩いて来たんだ!」


と長旅の疲れも見せず 誇らしげに語っていました。


達成感に満ちあふれ 清々しい表情をした巡礼者達を見ていると


胸が いっぱいになります。


列車に乗って ここまで来た私達ですが、


それでもやっぱり今 ここにいることに 胸がジーンとしてきます。


そして 決めました~!    


 あした私達も わずかに5Kmですが、


巡礼最後の大聖堂までの道を歩いてみることに~!  !