ちょっと散歩 2018~ オープンガーデン

風かおる爽やかな一日~!


先日の狭山、お茶摘みの後、そのお隣の


オープンガーデンに寄ってきました!

ゲートを入ると、溢れるグリーンと見事に咲き誇るバラ・・バラ・・バラ~!


バラたちは すごーく元気に咲いて


それは それは賑やか~°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

アーチから降るように咲くバラ、
その圧倒的な美しさに 心惹かれるお庭でーす!

フェンスや 地植えスペースを 最大限に活用~(^^♪
丁寧に育てられた 素敵な風景に心惹かれますー!

可憐なドライフラワーたちも さまざまなコラボレーションを見せていますよー!

足を進めるたびに、様々な風景が目の前にー!

立体的な構成が お見事ー!

ご主人の 手づくりアートコーナーです。

こちらにも 個性豊かな たくさんのバラ~(^u^)

バラの魅力を引き立てる演出も 訪れる人を魅了しまーす!

雑貨とのディスプレイは  ミニチュアの世界のよう。
心 弾みまーす!

こちらは、押し花づくりのコーナー~♫

彩かなドライフラワーを使って   押し花アートの体験もできまーす!

ベリーの実、
和みますね~(^-^)

いちばん奥には、こーんなカフェ~!
ここで収穫した 狭山茶をいただきましたよー(^-^)

広い敷地に ナチュラルなお花がいっぱい~! 
訪れてる人たちとの 会話もはずみ~(*‘∀‘)

至福の時間をもらいました~(*^。^*)!


植物たちの姿から、たくさんのパワーを感じましたよ~!


そして、庭づくり・・・やる気も出ました~♫


そんな すてきな雰囲気が 楽しめたお庭、


見せていただいて ありがとうございました~!


☆     ☆     ☆     ☆     ☆


明日からグァムに行ってきます。


その後実家に帰ったりで、2週間ほどブログの更新を お休みします。
帰りましたら、また 旅の様子、報告していきたいと思いますので
今後ともよろしくお願いします。

北スペインの旅-25- レオンのパラドール探検

レオンパラドールって どんな風になってるんだろう?


興味深々~( ^)o(^ )!
なので これから建物のなか、探検してみまーす~♫


前身は、12世紀にドニャ・サンチャ王女のために建てられた
サン・マルコス修道院なそうですが、


その後 併設の教会がつくられ、
1964年からはここの一部が
パラドールとして使われるように  なったんだそうです。

今いる 教会と反対側の この建物は 


完成したのは18世紀の始め。
造るのに200年もかかっているんだ~(゚д゚)!

建設当時は、巡礼者たちを保護するための救護院として
利用されていたそうです。


さっきの入口まで戻り、回廊から中庭に。

回廊は2段になっていて、


一階には、中庭と聖人たちの彫像が並び~

屋外には レストランがあります。

2階に上がってみると、
この奥が、付属の教会のよう~(^-^)

この石造りのアーチをみていると、
本当に修道院なんだ・・・っていう感じです。

広い回廊には、温もりのある木のテーブルとイス~♫


ゆったりとくつろげるサロンもあり、ここで、読書なんかしたら最高ですね。

館内を巡っていると、
まるで美術館か博物館の中にいるような気分~Σ(゚∀゚ノ)ノ

中世の町の 中世の建物・・・なんだか・・
ロールプレイングゲームの世界のよう。
修道院の重厚な雰囲気にすっかり 魅了されました。


パラドールの探検はこれぐらいにして、
外に出てみました。


カラフルな民族衣装~!

音楽を奏でながら行進してる行列を発見~\( 'ω')/~!

今日はお祭り?
ガイドブックで見たら・・・サン・フロイラン祭かもしれません。

見物人も、民族衣装の人たちも、意外とゆるーい雰囲気です。

カワイイ~(^-^)

こういうタイミングで お祭りに出会えるなんて
ラッキー~(*^。^*)!


せっかくなので、パレードといっしょに、レオンの散策~してみまーす~♫


ちょっと散歩 2018~狭山の茶摘み

夏も近づく八十八夜~♪
野にも山にも若葉が茂る~♫


八十八夜は5月2日ですが、
先日 狭山の茶摘み体験 してきました~(^^♪ 


狭山は国内有数の茶どころ。

狭山って 近くなので( ^ω^)・・・


せっかくだから、新茶を買いに行ってみよう~と


ついでに、茶摘みも体験してきましたよー☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖ー!

予約は電話で。
前日の予約でOK!


ここでは、茶摘み衣装もレンタルしてます!


茶摘みの前には、茶摘みの方法や 茶葉についての レクチャーをして
もらい、

玉露のお茶を 試飲できます。


トローりと ダシのような濃い味~!


市販の「玉露入り」のお茶とは
ちがうー!  !


感動ものです~(゚д゚)!  

さあー!
いよいよ茶摘みのスタート、
めっちゃテンション上がる~(*^▽^*)!


時間は、30分~(^o^)!
青々と茂った葉っぱが美しーい!


若い やわらかい茶葉を見つけるのは けっこう難しいぞー~(´ε`;)!

終わりの合図があるまでは、どれだけ摘んでもOKですが・・・


摘んだ茶葉は乾燥させると ぐうーんと小さくなるので、


たくさん摘んだほうが いいと言われました。


爪を立てずに ポキンと折るのがコツなそうですよー。

摘み終えたら、茶葉を乾燥させます。


レンジで温める⇔手で揉む を茶葉がパリッパリになるまで繰り返します。
    
レンジで温めているので とっても 熱いです~(゚д゚)!


10回くらいは繰り返しました。

こーんなに 手がかかるんだ~(+_+)!
と、お茶を飲む時の 感謝の気持ちが倍増しましたよー。


茶葉を炒っている匂いが・・・・
とても香ばしい~(^o^)!


帰りには 採れたての新茶を お土産に買って~!
冷凍庫保存で 鮮度が保てるそうです。


残った茶葉はお持ち帰り~(^^♪
天ぷらにすると おいしいそう。

チョットとやってみた お茶摘みですが( ^ω^)・・・。
とーっても楽しかったですよー♪

なかなかできない 職業体験~(*^。^*)


これだけやっても、2時間で1000円(衣装レンタル代はオプション)


今回は宮野園というお茶屋さんでした。
 WEB:http://miyanoen.com/
体験は、10月まで できるそうです。


思い出旅 -34- トルコ パムッカレ

トルコの西部、デニズリ県にある
パムッカレに到着でーす!


パムッカレってトルコ語で
「綿の宮殿」っていう意味なそうです~(^-^)


遠目に見ると ただの白い大地に見えますが・・・・。 


石灰を含む地下水が、周りにくっついて、
こーんな景観ができたのだそうですよー( ^)o(^ )!


世界遺産にも登録されているそう。

パムッカレの入口には、温泉プールのような天然の温泉が~♫


大理石の柱など、近くにあるヒエラポリスの遺跡が
足元にそのまんま沈んでます。


一番深い所は水深7mもあるそうですが、
どこまでも透明なので、底に眠っている遺跡がしっかり見えまーす!

真っ白な棚田から、温泉のお湯が 石灰棚に流れ落ち、
足湯も体験できますよー!

近づいてみると、とっても不思議~(゚д゚)!

石灰に覆われた一帯は 真っ白な雪山にも似て、
綿の宮殿という名にぴったりでーす!


思い出旅-33- トルコ 古代都市エフェソス

トルコいち押しの世界遺産~ 古代都市エフェソスまで来ました~♫


地中海に点在する 古代ローマ遺跡の中でも 随一の美しさを誇るそうです。 


メインストリートのクレテス通りを 坂の上から見下ろします。

建物の多くは ローマ帝国の黄金期 1~2世紀頃のもの、


ちょうど、マンガ「テルマエ・ロマエ」と同じ時期の 古代都市跡なそうですよー!


完全な形で残っている建物は ほとんどありません。


土台だけ~、壁の一面だけ~、柱だけ~、といった感じです。


なのに、なぜか、とっても魅了されます~(^^♪!



ローマ皇帝から ハドリアヌスに捧げられた ハドリアヌス神殿です。

レリーフひとつひとつが 見事でーす!

ギリシャ勝利の女神ニケのレリーフ、


スポーツブランド「ナイキ」のシンボルマークは、この翼をイメージしたものな
そうですよ。

エフェソスのランドマーク、セルシウス図書館。
かなり しっかりとした形で残っています。


繊細な装飾が施されたファフサードは、両端と2階部分を細くして、
建物を大きく 見せているのだそうです。

図書館のそばには、収容人員が24000人とケタ外れにおおきい、円形劇場。


このエフェソスがとれだけ繁栄していたか・・・

その規模の大きさに驚きです~(゚д゚)!

じっくり見て回るには、一日ぐらいかかりそう~Σ(´∀`;)
それ程スケールの大きい、美しい遺跡でした。

最近の調査では、この通りに面して、あのクレオパトラの妹、
アルシノエのお墓が あるらしいと。


やっばりここは、古代史ファン必見の遺跡です~!