台湾の旅⑪ 日月潭・・・神々の威厳感じる先住民の村


にほんブログ村


日月潭湖畔から このロープウェイに乗って山を越え、台湾の先住民族の文化を紹介している、九族文化村まで 行ってみます。


このロープウェイ、全長は1.87Kmもあり、本格的循環式ロープウェイと言うのだそうです。
300台ものゴンドラが1分間隔で次々と到着します。


窓から日月潭が一望・・・。
雨にけむる日月潭も風情が・・・
と思っていたら・・・あっという間に霧の中、視界はゼロに😞・・・


ロープウェイの終点が九族文化村の入口です。


ここは、台湾中部で最大のアミューズメント施設。中はかなり広く、施設内はバスも走っています。
遊園地のアトラクションや、パフォーマンス劇場などもあり、一日がかりで楽しめる場所になつていました。






ここでは、台湾の先住民の伝統文化も紹介しています。
現在、台湾の先住民の数は、約48万人、全人口の2.2%なそうです。


「九族」と言われていますが、現在では、14族に分けられているとのこと。


どこか、インディアンを思わせるような羽飾り、アミ族の紹介です。
民族衣装がとっても華やかです。


しばらく進むといきなり、こんなトーテンポールが・・・
霧の中に突然現れた 説明不要なこの存在感・・・・・


神々の威厳さえ感じてしまいます。


広場ではちょうど アミ族の民族舞踊が披露されていました。
手前のカヌーに乗っているのは、蝋人形です・・・・。
美しい衣装のアミ族のお祭りの様子、ダンスと どこか心揺さぶられる歌~~~! !


こんな所にポインセチアが・・・。
日本ではクリスマスの花、樹木のように背が高く、赤色がとってもあざやかです。


パイワン族の家の中の壁一面の彫刻・・・
色合いやこのデザインも斬新! !


美しい女性が、木琴のような楽器を演奏しています。
どこかなつかしい素朴な音色~~~(・∀・)イイ!!。

夏川りみにそっくり! !


まだまだ廻り足りなかったのですが、今日は新幹線に乗って高雄まで行く予定です。


また、ロープウェイに乗って日月潭に戻ります。


行きは霧に隠れて下界は何もみえなかったのですが、帰りは少し視界が開け、
下を見下ろすだけでスリル満点です。


中間に二つの山を越えました。
後で調べたら・・・・文化村側は、1044m、日月潭側は、996mと。
かなりの高度・・・下を見ると、ぞ~~~っ! !   怖かったです。


ちょっとゆつくりしすぎたので、この観光船で 対岸のホテルに戻ります。


ここは水社遊客中心という台中行 始発のバス停です。
地下1Fには、自転車のレンタルセンターがありました。
晴れていたらサイクリングをする予定でした。


ちょうど、台中新幹線の駅行きのバスが来ました。


また台中に戻り、ここ台中高鐵駅から この新幹線で高雄に向かいます。
写真を撮っていたら、遅れそうに・・・

何とか間に合いました。😌と( ^ω^)・・・。


あの癒し系の九族文化村・・・
圧倒されるほど華やかなお寺文武廟、


雨と霧の日月潭  最高の雰囲気! !でしたが・・・・・
晴れていたら、湖を自転車で回ってみたかった・・・・
ちょっと残念。


わずか半日なのに、様々な表情を見せてくれた日月潭
ずうっと 心に残りそうです。




にほんブログ村

台湾の旅⑩ 墨絵の世界、日月潭と 色彩やかな、文武廟


にほんブログ村




ここ日月潭は、台湾3大観光地の一つで、台湾最大の淡水湖なそうです。


湖の東側が丸く「太陽」 西側が三日月形なので「月」のように見えることから、
日月潭と呼ばれるようになったとのこと。


一番美しいのは、夜が明ける頃とのこと・・・・。
湖面を漂う霧により、幻想的な風景が広がり、訪れる人を魅了しているそうです。


ロマンチック! !


今日は、ここ日月潭湖畔のホテルに泊まります。
もうすっかり夕暮れ・・・


部屋から見える優大な日月潭、・・・
このふか~~い緑色・・・日差しの具合で、翡翠色や紺碧に見えることもあるとのこと。


湖面からお部屋に吹き込む清々しい風・・・。
ちょつと涼しいのですが・・・・。


お部屋には、お茶用の給茶蛇口もあり、
熱いお茶がいつでも飲めるようになつていました。嬉しい配慮です。



*       *       *       *        *         *        *         *        *
翌朝、この幻想世界、雨も降っています。


ホテルに荷物を預け、外に出てみると どしゃ降りの雨・・・。
これから湖の4分の1周程先にある文武廟というお寺(廟)に行く予定なのですが・・・。
ちょうどタクシーが通りました。


このタクシー、家族営業で、ご夫婦と、幼いお子さんの同乗でした。
ラフな台湾ならではの光景です。


文武廟前に到着です。
日月潭はどこから見ても、どんな天気でも絵になります。


階段を昇り、振り向くとやっぱり美しい日月潭! !


この門、どこかで見たような・・・・。
横浜の中華街を思い出してしまいます ((´∀`))


文武廟は1938年に建立され、1999年に台湾中部大地震で再建された 中国宮殿式の廟としては台湾で最大級の廟とのこと。


すご~~いです! !
堂々たる風格! !
ひときわ華やか! !な武聖殿です。


文武廟は、前殿、中殿、後殿の三殿があり、
後殿には、文の神様である孔子が、


中殿には、武の神様である岳飛やあの三国志の関羽が祀られているので、
文武廟と呼ばれているとのこと。


右に関羽、左に岳飛です。
すごい顔ぶれ・・・このきらびやかさ・・・・
圧倒! !されてしまいます。


天井までこんなに豪華! !
たくさんの 金色の仏像彫刻が飾られた ドーム状の天井です。
息をのんでしまいます! !


この寺院には、龍がたくさん・・・・。
屋根には、こんな龍が。


こちら武聖殿前には、創建当時からの龍のレリーフ像、迫力あります。


大聖殿前にある、人気の高い九頭の龍の彫刻。


すごかったです。文武廟! !
門を出て、もう一度記念写真を。


ちょうど路線バスがタイミングよく止まりました。


この日月潭の 水墨画のような風景と


文武廟の豪華絢爛な世界、


対照的な門の内と外・・・・不思議な世界に迷い込んだような感覚になりました。 


これから山の上にある 台湾先住民の九族文化村に登るため ロープウェイ乗り場に向かいます。




にほんブログ村

ちょっと散歩2017 ~わたらせ渓谷鉄道・わっし―号・その1~


にほんブログ村


全国のローカル線が 経営の苦境にあえぐ中、
廃線の危機にさらされながらも、
観光客を誘致するためのユニークな取り組みで、
活気を取り戻した鉄道があるそうです。
                              
その一つが千葉の「いすみ鉄道」、
もう一つは群馬と栃木の一部を走る「わたらせ渓谷鉄道」(その他にもあると思います)


との紹介記事を先日読んでから、
ローカル鉄道の魅力にすっかり取りつかれてしまいました。


そんな訳で、先日は いすみ鉄道に乗ってきましたが、今日はここ わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車、わっしー号に乗りに来ました。


ちょうど全国的に寒波到来の翌日、沿線はフワッフワの新雪、春はまだまだという
さむ~~~い! !一日です。



高速道路で利根川を渡り、栃木から群馬に向かいます。


わっしー号の始発は桐生なのですが、今日は二つ先の大間々駅から
足尾銅山の通洞駅まで 乗車する予定です。


わたらせ渓谷鉄道は、群馬県の桐生駅から、栃木県の間藤駅までの、44.1Kmを結ぶ路線です。


始発の桐生駅は、織物産業が栄えた「絹の町」として知られ、終点近くの通洞駅では、
足尾銅山の産業遺産を巡ることができます。


大間々駅には、わっしー号のたくさんのポスターが。


ここは渓谷美、桜、新緑、紅葉と四季折々、色々な景色が楽しめそう! !
各シーズンにはたくさんの観光客が訪れるそうです。


もうじき桜の季節ですが、各駅や沿線には、さくら、しだれ桜の木がたくさん植えられているとのこと。


神戸駅には、社員の手で300本の花桃が植えられ、4月には駅前で花桃祭りが行われているそうです。
わたらせ鉄道では、このイベントに合わせて、臨時列車「花桃号」を走らせているとのこと。


これに触発されて、沿線では「花桃を一万本植えよう」という取り組みもすすめられているそうです。
  
この時期、都合が合ったら、また訪れてみたいと思ってしまいます。


大間々駅で待ち時間があったので、駅前を散策してみることに・・・・。
この街では、大正や昭和初期の面影を色濃く残す町並みが見られるそうです。


駅前にこんな醤油樽のベンチが・・・


駅前から少し歩くと、県下でも最も古い醤油の製造元、
岡直三郎商店の白壁の蔵が見えてきました。


江戸時代から醤油造り220年余りの老舗・・・
なつかしさが迫ってくるような店構えです。


お店では、色々な種類のお醤油が・・・・・。
お醤油のおいしそうな匂いが、食欲をそそります。
なんと! !  醤油の香りのソフトクリームもありました。


大間々駅のホームに戻り、電車を待ちます。


わたらせ渓谷鉄道では、12月上旬から 2月下旬まで、各駅なりに工夫を凝らしたイルミネーションが点灯するそうです。ここ大間々駅にも色々の工夫が・・・
夜になると工夫の数々が見られるとのこと。


土日、祝日には、往復運賃とお弁当がセットになった「イルミネーションの旅」セットもあるとのこと。


トロッコ列車、わっしー号、
大間々駅から、山あいの風情豊かな渡良瀬渓谷を通って、
足尾の通洞駅まで、

この路線には、いくつかの観光の目玉があるとのこと。
どんなものがあるんだろう! !
期待が膨らみます。
さあ、いよいよ出発で~~す! !



にほんブログ村

ニュージーランド⑥ あり得ないこの青さ!! ミルキーブルーのテカポ湖


にほんブログ村


クライストチャーチからテカポ湖まで、約4時間のドライブです。
車窓は、広大な牧草地・・・・畑・・・。
ウトウト…眠気・・・眠気・・・・。


灌漑用散水機なのでしょうか・・・・。
こんなの初めて見ました! !
かなりの長さ・・・・スケールが違います! !

テカポ湖に到着です。


目が覚めたら、信じられないこの湖の色!  !
何という青さでしょう! !


真っ青な空よりもあざやかな ブルー! !
スゴイです! !


湖の向こうには、マウントクツクがそびえているそうです。
この位置からはまだ見えません。


このショット、ニュージーランドの代表的な風景なそうです。
今日はこんなにすっきり晴れて、私達はラツキー! !です。


氷河の水が周辺の岩石を溶かし流れ込むため、このような独特の青色になっているのだそうです。


ミルキーブルーと言われているそうですが、立ち止まってこの青さを味わいます。
普通のデジカメです。


ひたすら きれい! !
光輝いています! !


湖のほとりには、ルピナスの花、真っ盛り! !


ルピナスは咲き終えると、枝豆のような実をつけます。
咲き終えそうなルピナスの花、オレンジ色の種子が見えます。


テカポ湖の畔に建つ、大人気の「善き羊飼いの教会」です。


この一帯のマッケンジー地区を開拓した開拓民を記念して1935年に建てられた教会なそうです。


この教会で結婚式を挙げる日本人のカツプルも多いとのこと。
教会の中から見るテカポ湖もすてきでした。
この石造りの素朴なたたずまい、ブルーに映えて最高です! !


残念ながら教会の中は撮影禁止です。


教会前の「バウンダリー犬の像」です。牧羊犬とのこと。
開拓民の手となり足となって大活躍した従順さがたたえられているのだそうです。


青空をバックに空を見上げている凛々しい姿です。


この清々しさ・・・・
この場で いつまでも眺めていたい! !


この辺り、夜は満点の☆彡につつまれ、世界一の星空と言われる天体観測が
楽しめるそうです。
南十字星も見られると。

見てみたい! !


これからマウントクック国立公園に入ります。





にほんブログ村


台湾の旅⑨ おいしかつた~~~っ! ! 台中、宮原眼科の冷えたビール


にほんブログ村


台湾では、お茶やドリンクが充実しています。
タピオカや 仙草という葉の黒いゼリー、小豆、
甘いショウガ、南国のフルーツが入ったドリンクなど・・・。


それらも飲み込めるように、ストローがとても太いです。
これは、パパイヤミルクなのですが、とってもフルーティーでさわやか。


台中観光のスポットのひとつ、孔子廟に来ました。
孔子は学問の神様として、日本でも信奉者が多いそうですが、ここは1976年に建立されたお寺(廟)とのこと。
本殿には孔子と弟子、後殿には孔子の先祖が祀られているそうです。


こちらが表門です。


このあざやか過ぎる花輪! !
表からこんな派手なお寺つて
中はどんなんだろう・・・・?


中に入ると、意外(*_*;・・観光客も少なく、ひっそりと落ち着いた雰囲気です。


ひときわ目立つ大成殿です。
台湾では珍しい宋代様式という建物なそうです。
中を覗くと柱がないのに驚きました。


主殿には、孔子とその弟子72人が祀られていました。


出口近くに、こんなにあざやかな鐘、
やはり金色と赤・・・
これが、台湾のお寺(廟)色です。


色彩豊かな孔子廟を出て、ランチを求めてあちらこちらと歩き、
とうとう駅の近くまで来てしまいました。


ふと見ると、赤レンガの風情ある建物が・・・。


入口に「宮原眼科1927」という文字。でも、中にはたくさんの若者が。


ネットで検索してみると、宮原眼科、日本統治時代の1927年、
日本の宮原武熊医師が開業した眼科と・・・。


戦後宮原医師が帰国した後、しばらく廃墟となつていたそうですが、数年前に改造され、
今では台湾の若者の人気の観光スポットになっているそうです。


中に入ると吹き抜けの天井、まるでハリーポッターを思わせるような店内です。
天井まである本棚、この中にある本は 実際に宮原眼科で使われていたそうです。


店内一階はお土産屋さんになっていて、ヌガーやチョコレートがたくさん。


病院を意識した薬箱風の引き出し、レトロなパッケージの数々がおしゃれです。


二階にありました! !
明るいレストランが。


あ~~~っよかった! !
やっと食事にありつける! ! !


一万歩以上 歩きました。
まず、ビールをいっぱい! !
これが、冷えてて、おいしかつた~~~っ! !


だいぶ食べてしまってからですが・・・・。
ビーフンの味、最高! !でした。


今日は高鐵、台中駅まで戻り、日月潭までバスで行く予定です。
日月潭行きのバスは ほぼ一時間間隔で高鐵 台中駅から出ていました。


このバスで日月潭に向かいます。


バスはものすごいスピードで高速道路を走ります。
これでも各バスストップへの到着は、定時どうりのようでした。


約一時間半のバス旅・・・・山の中に突如現れた大きな湖!!
ついに ここ日月潭、水社遊客中心に到着です。


 うわあ~~~ 幻想的! !
まるで水墨画のよう! !


山あいにたたずむこの湖は 海抜727mの高さにあります。
なんだか スゴイ! !
今日はここに泊まり、あした湖の周りを廻ってみます。




 


にほんブログ村