ちょっと散歩~2018 迎賓館まで

迎賓館なんておそれ多いって ずっと思ってましたが、


意外と簡単に行けましたー♫


Webサイトからの事前予約のほか、当日受付もでき、


どうせ行くなら 和風別館もと 予約して行ってきましたー! !

四ツ谷駅から歩いて5分ほど・・
迎賓館のゲートが見えてきますー☆

一般公開の入場は西門からー^.^


中に入ると
空港並みの 手荷物検査から。


ペットボトルの水は、
「一口飲んでみなさい」なんて、言われー´・ω・`


チケットを購入しますー😊

本館の裏側
迎賓館の主庭へ。


主庭からみた迎賓館
噴水越しの全景ですー!


ここで
首脳会議などが行われたり、
歓迎行事や晩さん会などが行われてるそうー・∀・

さぁーっ!
和風別館へー! !


迎賓館和風別館「游心亭(ゆうしんてい)」は
1974年 迎賓館の大改修時に、


建築家谷口吉郎さんの設計で 新設されたそう。


本館で行われる行事が 洋式であるのに対し、 
お茶・お花・和食など、和のこころで おもてなしをするために。

40年以上も経過していますが
手入れが行き届いているので古さを感じません!

正面玄関を一歩入ると
写真、水分補給はNG!


なので写真はありませんが
中に入ると、こんな感じー(;゚Д゚)


いただいた、パンフレットの写真で イメージだけでも。


細部までこだわった
主和室 茶室 など・・・・ 


お寿司や 天ぷらなどを 目の前で調理して 召し上がっていただくのは
とっても好評で そんな用意ができるお部屋とか


日本の おもてなし 最前線を見せていただきましたー!

樹齢140年を超える黒松や五葉松などがズラーリー!


四季折々の日本を感じられるように、
さまざまな樹木や花が植えられていますよ。

一番感心したのは
天井や すだれに映る


「ゆらぎ」!
ちょうど見ることができました! !


池に太陽の光が差し込むと  廊下の天井に 水の「ゆらぎ」が投影され・・・・。


なんとも、奥ゆかしい演出ですー!

いよいよ本館のなかへー!


ドキドキ、ワクワクです!
見学出来るのは2階の4つの公用室、

残念なのは、本館内は撮影禁止なこと。
なので パンフレットの写真を お借りしました。


迫力不足ですがー(-"-; ...
内閣府の公式ページでは その美しい館内の様子がみれます。


室内装飾をはじめ、見事な造りに圧倒されますー! ! !

天井や壁の絵画、シャンデリア、椅子、カーテン、廊下と 
ひとつひとつが芸術品ー!

最高レベルの建築・美術・工芸の数々 
もうーっ◝(⁰▿⁰)◜ーすばらしかったです!


迎賓館は
明治42年の竣工からちょうど100年後の2009年に、国宝に指定されたそう。

とっても貴重な数々 見せてただきました。


「遊心亭」は、公式HPから 事前に申し込んだ人だけ入れます。


申し込み後にメールで届く「参観証」が必要となるので、
印刷して忘れずに持参を!


料金は大人1500円。なお、この料金で本館内も見ることができます。


日本の顔として 外国の大切なお客さまをもてなす場所を、
この機会にぜひ一!  !        オススメです!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。