フランス㉜ センチメンタルな パリ最後の日


にほんブログ村




長いようであっという間だつたフランスの旅も今日で終わりです。
今日は、ピカソ美術館に行き、残り時間は帰り支度をする予定です。


通りに面したホテル近くの高級アパート群を抜け、マドレーヌ寺院のほうまで歩いてみました。


フォーションのウィンドウにカラフルなクロワッサンが・・・・・・


地下鉄マドレーヌ駅からピカソ美術館に向かいます。


地下鉄の通路では、今日もプチコンサートです。


街角では、楽しそうに絵を描いている人が( ^ω^)・・・。


ピカソ美術館に到着です。


ここは塩税徴収官の邸宅だったそうですが、持ち主だったパリ市が美術館に転用
したのだそうです。
中はとっても豪華でお洒落でした。


作品は年代順に展示されていて、ピカソの画風の変化をたどれるようになっていました。


初期「青の時代」の代表作の「自画像」(1901)です。
ピカソ20才の時の作品なそうです。


青が悲しみを表す色として表現されているとのこと。
デリケートな内面が 揺れ動いているような表情が 新鮮に感じます。


展示作品は、ピカソの生涯をたどり、色んなジャンルの作品があり、とっても充実していました。


ここは17世紀に建てられた建物とのこと、バロック様式の内装や彫刻もすばらしかったです。


美術館近くで
芸術的なアイス発見!!


中に入ってみました。
自分でトッピングを選び、お店の人に渡すと・・・・・・


こうなります。
これは楽しい! !


帰り際にもう一度セーヌ川を渡りました。
また、パリを訪れる日はありますように・・・・。
奥の深い街・・・・パリ・・・・さよなら・・・・・。


夜、お土産を買いに近くのスーパーへ。帰りにオペラ座の前を通ってきました。
ミューズとアポロン像、夜も一層光輝いています。

あした、日本に帰ります。


今回のフランスの旅・・・・・心に残る場所が目に浮かんできます。






にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。