フランス㉚ モンサンミッシェル 天に伸びる 修道院


にほんブログ村




修道院の付属教会です。 教会は修道院の一部になっているようです。

尖塔には、聖ミカエルの像が。
真っすぐ! !         天に向かって伸びています。


教会の中も とっても天井が高く、いつの間にか晴れはじめてきた太陽の光が
差し込んで 荘厳な雰囲気に。


教会の入口に面した西のテラスからです。
海を見渡す素晴らしい眺め・・・・。



ノルマンディからブルターニュまで、ワイド! ! な眺めです。
海の向こうはイギリスです。


潮が引いた干潟、美しいグラデーション! ! 裸足で歩きたくなります。
晴れてきて、  海が青く見えてきました。


緑を囲む回廊、北側の空中庭園になっています。


柱は、2重の円柱が少しづつずれながらの 造りになっていて、
回廊がずうっと遠くまで続いているような 錯覚を感じさせるように
なっているとのこと。


石造り、グレー一色の中でホッとする空間です。


オベール司教の彫刻です。


大天使ミカエルがオベール司教の額に指を触れ、聖堂を建てるよう命じている様子な
そうです。


騎士の間です。 この曲線が美しいです。
修道僧たちの仕事部屋とのこと。
天井まで届く大きな暖炉もありました。


重厚感のある太い柱、荘厳な雰囲気です。


聖マルタン礼拝堂です。
11世紀に建てられた当時の姿がそのまま残っているのだそうです。



アーチや小窓のデザインが美しいです。


モンサンミッシェルの一番高い尖塔の上、金色に輝く聖ミカエル
(フランス語読みでサン・ミツシェル)像が はっきり見えてきました。

   
剣を持ち龍を退治している姿なそうです。


せっかく晴れてきたのでもう一度。
海に浮かぶ  モンサンミッシェル。魅力的です! !
潮が早いペースで引いています。


満潮になると島全体が海に囲まれます。
潮の満ち引きとともに表情を変える この美しい姿が、一昨年、この島に渡る
橋の完成により、復活したそうです。


これから今日泊まる 島の中のホテルに行きます。





にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。