スイスの旅 -4-  ローザンヌの オリンピックミュージアム

オリンピック本部、IOCがある ローザンヌ。


オリンピックミュージアムまでは
地下鉄ウシー駅から 歩いて15分ほどなそうです。

人気の避暑地なので ステキなホテルが立ち並んで
雰囲気^-^
いいなぁーーー! 

さぁー!
小高い丘の上
ミュージアムに到着~ ^)o(^ ~!


湖畔のウシー通りからは オリンピック公園内を上って行くことになります。

足に自信のある方は階段で~(≧∇≦)~!


公園内の 彫刻や芸術作品を  ゆっくりと楽しみたい方は
なだらかな遊歩道を~♫

博物館は レマン湖を正面に臨む 絶好のロケーション。


対岸はフランスのエビアン、ミネラルウォーターの採水地、
フェリーで35分ほどで 行けてしまいます。

ここは 躍動感じるオブジェがたくさんー!
走っている人がいたり・・・

投げられてる人もー(≧∇≦)ー!。

どう?
この腹筋ー(^_-)-☆


さすがオリンピック級!割れてます。

入口には、
跳んでみなさいー!っていう感じの・・・


高跳びのバー。
!

中に入ると
3000年のオリンピックの歴史を物語る
展示物とパネルが。

夏冬の大会で使用された 聖火トーチ。

長野オリンピックの聖火台を見つけましたー!

1964年 東京オリンピックのメダルなんかも~^o^
直接 触れることが出来ます。

そして、体操 内村選手のユニホーム・・・。


思い出に残る感動のシーンを眺めつつ、
スポーツウェアの変遷を見ることができます。

最後は 屋上階テラスにあるカフェで。
ここからの眺望もお勧め!


レマン湖に映えるポールが・・・。

オリンピックを ダイレクトに感じれるモニュメント
いろいろ、


たっぷりと楽しませていただきました~(´ε` ) 

ローマ時代から栄えた エレガントな雰囲気漂うローザンヌ。


高級ホテルが立ち並ぶ湖畔のウーシー地区や
丘の上にそびえる大聖堂を中心にした旧市街など、


いろんな魅力がたっぷり、
好きなものが ぎゅっと詰まった街歩きでした。


これから駅に戻り、
今回一番行きたかったシャモニーに 列車で向かいます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。