フランス㉑ ノルマンディの片田舎 りんごの礼拝堂へ


にほんブログ村



今日は、フランスで一番訪れてみたかった ノルマンディ地方の片田舎にある りんごの礼拝堂に日帰り旅です。
🚊               🚂               🚞  


16世紀に建てられ、朽ちかけていた 超田舎の礼拝堂、日本人アーチストの田窪恭治さんがこの地に移り住み 11年かけて 見事によみがえらせたのです。


礼拝堂の中には、この地方特産のりんごが描かれ、「りんごの礼拝堂」としていつしか名前が知れ渡るようになったそうです。


この礼拝堂は 村人は勿論、フランス全土の人々に深い感銘を与え、ヨーロッパだけでなく、日本でもテレビや雑誌で紹介されました。


🍎                🍎                  🍎
そのりんごの礼拝堂に、列車を使って どのようにして行けばいいのか、色々調べました。


パリ、サンラザール駅から インターシティという特急電車でカーンという町まで行き、
カーンからはファレーズという町まで バスで約1時間、その町のインフォメーションでタクシーを呼んでもらい、礼拝堂へ。


そこは、何もない場所なので、タクシーに待っててもらい、ファレーズの町に戻ってくる


どうやら この方法しかないようです。


❓                 ❓                   ❓
ても・・・・カーンからのバスの時刻もわからず、タクシーがうまく拾えるかも分からず・・・・不安だらけです。


とりあえず、カーンまで行ってみよう! !   
サンラザール駅から出発です。


8時43分発、インターシティで約2時間の列車旅。


10時53分、カーンに到着です。


バスの乗り場はどこ??  
歩いている人に尋ねると、駅の左側にバスターミナルが。
そこでバスの時刻表をもらえました。
ファレーズ行のバスは、12時30分しかありません。


帰りのバスの時刻は17時30分で パリ行の18時54分の列車に乗れそうです。
ファレーズの町まではなんとか行けそうです。


これで少し問題は解決しました。


この町では、英語が余り通じません。
人にものを尋ねる時は、地名や数字などをメモに書いて見てもらい、なるべくジェス
チャーや身振り手振りを使う必要があることが段々分かってきました。


時間がたっぷりあるので駅前のカフェで 簡単なランチを取りました。


カーンからファレーズへ・・・・1時間のバス旅です。


車窓に広がる田園と牧草地の風景・・・・。


バスは、ファレーズの町に入って来ました。


ファレーズで無事、インフォメーションやタクシーを探すことができますように! !




にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。