イタリアの旅 -3- ローマの散策

中途半端な目覚め~;Д`)は、イタリア2日目です。
窓を開けると、すぐ前がテルミニ駅。

お部屋は こんなに 狭いですが~♪~(´ε` )

すぐ後ろには、
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂が すっくと建ってます~💛

さっそく、気持ちのいい 屋上のテラスで
朝食をー☀


朝から 気温は高め、日中は暑くなりそう~(≧∇≦)

朝食後は まずテルミニ駅まで。


あした、ナポリに向かう 列車の乗り場や
スーツケースを預ける場所を 確認するためです。


駅構内は、スゴーイ熱気!
ホームが24本もありますー (+_+) !


発着列車の表示をみると、遅れ遅れの列車が多く、
出発時間ギリギリまで、出発ホームのの番号が表示されないのです。


これでは、戸惑ってしまう!
事前予習 しておいて良かった~☆

さて、予習はこれくらいにして~(´ε` )
さっそく ホテルの窓から見えたサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂へ
行ってみまーす~♫


ローマ4大聖堂のひとつと呼ばれる教会、


5世紀に建てられ、その後何度かの改修工事を受けながらも、
建造当時の様式を残している教会なそうです。


階段を上った高台に堂々と建っています。

教会内部は三廊式となっていて、


中に入ると、ビックリ~(@_@)!
質素な外観からは、想像できないほど
豪華です。

天井の装飾には、
スペインが アメリカ大陸から持ち帰った最初の金を 
ふんだんに使っているそう。


息のみます~✨

主祭壇は天蓋で覆われており、その天蓋の脇と奥には
モザイクが飾られてます。

主祭壇の後方、内陣のモザイク、


主題は、「聖母の戴冠」
こんなにも輝いていますが・・・・
なんだか 微笑ましい光景です~(*´︶`*)


息子のイエスが母マリアに戴冠している様子が描かれているそう。

大聖堂の右側の側廊の奥には さらに豪華な 礼拝堂・・・・。
こちらもシステイーナ礼拝堂と言うそうです。

教会入り口上部にある ステンドグラスの丸い窓。
まるで、ベルサイユ宮殿みたいです。

主祭壇の地下には、聖遺物が収められていました。

ベツレヘムの馬小屋で生まれたキリストのゆりかごです。


ゆりかごは、馬小屋の飼い葉おけだったそう。

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の
絢爛豪華な装飾の数々


5世紀に どうして こんな素晴らしい建物ができたんだろう~b・☆・d
素晴らしかったです~!

教会の内は とても凛とした空気・・・
ずうーっと見てても 飽きませんでした。


教会を出て、少し歩くと
大きな噴水と ロータリー、それを囲む 共和国広場です。

映画「ローマの休日」の最初、アン王女がジョー・ブラドリーと出会うシーンは
この広場の 噴水の前なそう。


目の前を ツアーバスが~◜°˖☆˖°◝~

広場の右側、崩れかけたドームのような建物は、
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会。


古代ローマ帝国時代の ディオクレティアヌス帝の浴場跡に、
ミケランジェロの設計で建てられたそうです。

扉には、こんな彫刻が。

この辺りを歩いていると、
見るもの全てが、ドラマチックに見えまーす。


やっぱりローマって すごい~(๑`^´๑)~!
そろそろ昼時・・・
「ローマで一番おいしい」と噂の ピザのお店を探してみまーす。

ちょっと散歩~2018~ オーボエと小籠包 

きょうも 日中は34℃、本物の秋が待ち遠しい~! !


うだる暑さの中、涼を求めて
オーボエのコンサートに行って来ました~♫

オーボエってあまり馴染みがなかったのですが、
間近で聴く 宮本和宏さんの演奏
すばらしかったです。 


音色は
深く、甘く・・・・
澄んだ高音~~~♪


やっぱり プロフェッショナルやなぁー! !


曲はよく知られている「白鳥の湖」や
「枯葉」映画ひまわりの「愛のテーマ」など。

「魔法使いに弟子入りしよう~! 」
なんていう 客席も巻き込んでの楽しいイベントもあり、


拍手はいつまでも鳴り止まず、
心にひびくコンサート、


オーボエのソロって はじめて聴きましたが スゴイ~!(゚д゚)!
たくさんの エネルギー、いただきましたー💪!  !

清々しい気分を引きずって
帰りに、
小籠包の鼎泰豊に寄ってみます~◍>◡<◍

あれ、お店の前は
長蛇の列ー😞!  !

それでも、
リーズナブルな値段と 人気の小籠包が食べたくて、
待ちました   40分~(´・ω・`)_。


ようやく席につくことができ、
一品目の前菜は、まろやかな鶏肉が~😊

そして・・・お目当ての小籠包。


皮を少し破いて 肉汁を出し、
タレを少々・・・その上に生姜をのせて食べるのだそうです。

しっとりとした生地にジューシーな豚肉
一口頬張るだけで肉汁が、あふれてきます〜◝(⁰▿⁰)◜!


うわさどおり
とってもおいしい~(@_@)!  !

3品目の 冷製鶏スープ麺と・・・。

冷製トマト麺( ^ω^)・・・。
コクがあるけど、スッキリした酸味 これも激ウマです~!  

これにデザートの杏仁豆腐がついて 2300円は
やっぱりお得~ ^)o(^ ~!


鼎泰豊は台湾が本店、
小籠包を世界中に広めたパイオニア的老舗なそうです。


今回は池袋、東武デパート13Fでいただきました。
とっても美味しかったので オススメです~☆☆☆!


オーボエのコンサートは初めての体験、
美しい音色に じんわりと感動~♥


ヘコんでいる気持ち、スーッと 洗われた午後でした~(๑`^´๑)~!。


北スペインの旅 -31-  トレドの大聖堂

すぐにそこにあるはずの トレドの大聖堂・・・・


迷路みたいに 狭くて 入り組んだ旧市街の道々~(゚д゚)!


地図もアプリも アテになりませーん~!


かなり 迷ってようやく!

そして、入った大聖堂に
つい クギ付け~!

ここは、
13世紀の初めから15世紀の終わり、
約250年もの歳月をかけて 建てられ、


スペインカトリックの総本山
世界で4番目に大きい 大聖堂なそうです。


中に入ると その広さと天井の高さに圧倒されます。

美しいステンドグラスに 豪華な彫刻、

派手さはないけれど、装飾がとっても素晴らしいです。

中には、なんと750枚ものステンドグラスが 飾られているそう~!
礼拝堂の向かい側に 聖歌隊席があります。

聖歌隊席中央には
トレドの守護神 マリア像が~♥

聖歌隊席上には、立派なパイプオルガンです。

このパイプオルガンの真正面にも
別のパイプオルガンが設置されていました。


金色に装飾され、天使たちがちりばめられています。
音色も聴いてみたかった・・・♪~(´ε` )

礼拝堂の裏側には 
トランスパレンテと言われる 透かしの入った祭壇衝立があります。


光が差し込んで、神々しい~!


装飾は、これでもかー!っていうくらいビッシリ~(@_@)!

トランスパレンテの向かい側の天井付近に、


太陽の光りが射し込む窓が・・・・。


開口部から注ぐ 柔らかい自然の光で、


大理石や青銅、絵画で表現された 作品の表情が変わります~!

吸い込まれそうな  見事なブルーのステンドグラスーーー!  !

極めつけはこれ!


大聖堂の大きな見どころ、主祭壇です。


鉄柵で囲まれているため、近づくことができません。

それでも、柵のすき間からスマホを入れ、なんとか撮影できました。


高さは30mもあり、
キリストの生涯を綴った「新約聖書」の 20場面がビッシリ彫られています。


金色にかがやき、見ているとまぶしーいー!


すごいです~!  !

トレドの大聖堂、
スペイン カトリックの最高峰と言われるだけあって
ため息の連続~! !


世界遺産の街、トレドを訪れたら
絶対外せない 観光スポツトなそうです。


入場料が 強気の価格8€ でしたが、
その分見どころ たっぷり~-d^☆^b~!


すべてのもののスケールが大きくて
圧倒されるばかりでした~(๑`^´๑)~!

思い出旅-36- 京都の青もみじ

京都の夏は
透き通るように青々としたもみじが美しい季節~!


妙心寺はとっても広く、中には、48もの小院があります。

その中の一つ、桂春院、
一面の杉苔は やわらかいみどり色です。

青もみじ、苔、そして木漏れ日感がたまりません!

ここは、京都の龍安寺。
階段を昇ると、あまりにも有名な石庭、

もみじには、こんな花が咲くんですね。

階段を下ると
鏡容池を中心とする 舟遊びの 回遊式庭園があります。

ここは、あの秀吉が盛大な花見の宴を催し、
江戸時代には、石庭より有名な池だったそう。

平安時代から続く、優雅な舟遊び・・・。
今でもその舟が見られました。

誰もいない  静かな時間・・・


もみじの緑、
苔の緑、
日差しが降りているところ、
陰になっているところ・・・


水面も緑色に反射し、
まるで緑の海に潜っているよう。

緑色ってこんなに多彩なんだ! と
めいっぱい みどりいろを楽しむことができました。


イタリアの旅 -2-  ぼったくりに遭遇 

出発は成田からです。

モスクワ経由の飛行機ですが、
日野自動車のパリ・ダカールチームが 同乗してました。
モスクワでの予選に参加するのだそうです。


頑張ってくださいねと 握手なんかさせていただきましたよ~(^_-)-☆。

長時間の飛行機旅では、エコノミークラス症候群の予防に効くと 聞いたので

出発前に 乾燥納豆をいただきます。

今回は、人生初のビジネスクラス。
アエロフロート航空の ビジネスクラスは、

6ヵ月以上前に買うと、
出発一カ月前の 半額以下になります。


ならば、一度は乗ってみたい~!と。

一番うれしいのは、
体をすっかり水平に倒せること!

そして、たくさんの生野菜と、

食器も陶器の白いお皿でした。


初体験に テンション上がりっぱなしです~!(^^)!

おかげさまで 5時間ぐらい ぐっすり眠ることができ、
もうじき モスクワに到着です。

2018年FIFAワールドカップのホスト国であるロシア。


世界最大の国土を持つこの国の首都モスクワへは、
日本から10時間ほどで到着です。

飛行機を降りると いきなりワールドカップ模様が目に飛び込んできて
空港全体は、ワールドカップ一色。


でも、私たちは乗り換えのため、
写真を撮る余裕など、なかったです。


ヨーロッパでは経験したことがなかった
セキュリティや パスポートチェックなんかもあり(便名は同じなのに)、


そして、チェック場所は 長蛇の列~(≧∇≦)でした!

何とか時間が間に合い、無事 ローマ行きの便に。

そして、約4時間 現地時間で 21時40分、ローマにようやく到着しました。
ー空港の写真をお借りしましたー

しかーし、空港からローマのホテルに向かうタクシーで
とんでもないボッタクリに遭遇~(≧∇≦)!

無事に荷物を受け取り、タクシー乗り場に向かって歩いていたら、
「タクシーはこちらですよ」と誘導係風の男性。
言う通りに空港の外に出て車に乗ったら、


メーターが ついていないのです。
時すでに遅し!  ! 
もう発車しています。


目的のホテルに到着し、請求された金額は
なんと~230€~(@_@;)! !


ガイドブックには、
「固定料金のタクシーは48€、係員を装って近づいてくる客引きなどの車は、
避けること」
と書いてあるではないですか。


書いてある通りのボッタクリに遭ってしまったのです。


4倍以上のぼったくられ~(≧∇≦)! !
旅の初めから、こんなトラブル~(´・ω・`)
この先 どうなるんだろう。