北スペインの旅 -16- パンプローナのカフェ


にほんブログ村




街の中心部、カスティーリョ広場まで来ました。

広場のまわりには、レストランがズラリ〜 
お目当ては、


ヘミングウェイがよく訪れていたという カフェです。

広場に面している
老舗カフェ、イルーニャ。


ここでランチと決めてきました~(*^。^*)

ここは、ヘミングウェイの小説にも登場する有名店で、
1888年に創業したアールデコのエレガントなカフェ。


地元の人達もたくさんいます。

何年も月日を重ねた柱、天井、照明・・・
装飾の数々もがっつりアールデコ!  !


すべて見ごたえあります。

ランチは、ガスパチョと ますの定食。
ごく普通の定食なのですが、


ヘミングウェイ ブランドとなると、ことさら美味しく感じます(笑)

食事を済ませ、まだ時間があるので、

広場のベンチに腰掛けて の~んびり。

パンプローナを歩いていたら、加藤和彦のアルバム「パパ・ヘミングウェイ」を
思い出しました。


思い立って  YouTube、聞いてみました。


さりげなく大人のムード・・・
このパンプローナの感じにピッタリ~♫
いいな この曲( ^ω^)・・・。


約6時間の短いの滞在でしたが、
ここを訪れることができたことに とっても感謝してます。


風情あふれるバンプローナは、
歴史や文化を感じる要素が あちらこちらに いっぱい~! !
最高でした!


これから駅に戻り、16時8分の列車でスペイン北部の港湾都市ビルバオに向かいます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。