北スペインの旅~-32- トレド、エル・グレコ美術館

台風21号の風と雨、すざましかったです。
台風で被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます。


一日も早く平穏な生活に戻れますよう、お祈りしています。
まだ、台風の影響を受ける地域もあるようなので お気をつけ下さい。
☆     ☆     ☆     ☆     ☆     



トレドの街中は、狭い路地がいっぱい~!


パッと道が開けたところに 穴場的な教会があったり
絶景スポットがあったりして、散策が おもしろいです~!

エル・グレコ美術館のすぐ近くにある  ユダヤ教の トランシト教会、


あまりにもステキなので、思わずパチリ~♫

これは、教会の前に展示してあった
この教会を描いた絵ですー(*^。^*)


絵の美しさに 引き込まれてしまいました。

坂の下にある、
小じんまりとした美術館に到着です!


ここは、トレドを代表するエルグレコの絵が満喫できる美術館~♫


スペインで唯一 エル・グレコに焦点を当た美術館なそうです。

そして、エル・グレコの散り散りになっていた作品を 集めるために
造られた美術館なそう。


中世のエル・グレコが住んでいたという家屋を再現~
美術館ぽくなくて 良い感じです-(^_-)-☆

トレドで活躍した画家なので、
てっきりスペイン人だと思っていたエル・グレコですが・・・


クレタ島出身のギリシア人だったとは
はじめて知りました。

こちらに エルグレコが住んでいた住居跡です(1577〜1614年)

パティオは 当時の中庭を再現し、
建物の中に残っていた柱を そのまま使っているのだそうです。

パティオの階段を上がった先の 2階のギャラリーで 目にした絵は、


トレドの旧市街を描いたエル・グレコの『トレドの景観と地図』です!


今見てきたトレドの街が


そのままの姿で よみがえったよう~(゚д゚)!


この地図はとっても正確で、現在の旧市街地図とほとんど変化がないそうです。

学校で 勉強した記憶がある「オルガス伯の埋葬 」
間近で見れて感激です~! !

エル・グレコの絵って


描かれている人の 高貴な内面が感じられて・・・・。
なんだか 清々しさを感じます。

グレコの家 入り口脇には、こんな地下室が・・・・。


一部はワインセラーになっていましたよ。
レストランだったら~最高ですね~!  !  !

美術館を出て・・・・
坂を登り・・・ 

歩いていると、
あちこちの店先にドン・キホーテの人形が飾ってあります。


この日だけで トレドにすっかり魅了された私たち・・・・


きょうでスペインの旅も終わりなんて・・・
悲しいです~;っД`)

ここトレドにもう一泊ぐらいしたかった。
ここなら一週間でも、いられる感じです。


でも、ふたたび新ビサクラ門をくぐり、

電車でマドリッドのアトーチャ駅まで戻り、

スペイン最後の夜・・・。


急に思い立って
タブラオで フラメンコを見てきました。

フラメンコは何度か見たけれど、 やっぱり
タップの激しいリズミカルな動き・・・・・。


メリハリのある躍動感が最高です!!

北スペインの旅日記もこれで最後になりました。

これから 日本に帰ります。

サンティアゴ・デ・コンポステーラを訪れる巡礼旅・・・
いつかはこの地を訪れてみたいと ずうっと思っていました。


800kmの道のりを 歩き通す自信はなかったので、
ならば、列車の旅をやってみようと~!


今回は、マドリットからですが、
牛追い祭りで知られるバンプローナ、
バスク地方の港湾都市ビルバオ、 


ピカソでおなじみのゲルニカなどで途中下車をしながら 
キリスト教の三大聖地、サンチャゴ・デ・コンポステーラを目指しました。


一つ一つの風情あふれる街は、
歴史や文化を感じる要素が あちらこちらに いっぱい~! !


おまけのトレドも
最高でした~!


エキゾチックな情熱的スペインとはちょっと違う、
郷愁と大自然のみどりあふれる 北スペイン 
楽しかったー! !


ありがとう~!  !  ! スペイン♫~-d^☆^b~♪


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。