フランス⑲ 城塞の中は おしゃれな旧市街地  


にほんブログ村




カルカッソンヌは難攻不落のお城でしたが、十字軍側の征伐の対象になっていた
そうです。


十字軍から兵糧攻めにあった際に、無駄な抵抗を辞め、即降伏したため今でも昔の
ままの光景が残されているとのこと。
旧市街地は中世の雰囲気満載です。


城塞の窓からはずうっと歩いてきた、新市街地が見えます。
遠くには、ピレネー山脈を見ることができました。


近郊には、ブドウ畑が広がっています。


南仏風の丸い瓦屋根、ベージュ色の壁、城塞の円錐形の屋根、不思議な感じです。


売り出し中の別荘もありました。


下に降りて 旧市街地を散歩してみます。
城内は狭い通路の両側にお店やホテルが並び、とっても賑わっています。


観光客のためのたくさんのお店は、それぞれがとってもおしゃれです。


ブドウ棚が涼し気なカフェ。


カラフルな風車が似合います。


大司教館を改装したという5つ星ホテル、「ド・ラ・シテ」
時間によつて変わっていく城郭の表情を お部屋から 眺められるそうです。


フランスのお菓子、ヌガーもカラフル!!!


かわいいお菓子がたくさん・・・・・。


サン・ナゼール・バジリカ聖堂です。
11世紀のロマネスク様式の教会で ステンドグラスは13~14世紀の
ものなそうです。


路地を入るとおしゃれなレストランが色々。


こちらは、小さな井戸のある屋外のレストラン・・・。
この井戸、人気のスポットになっているそうです。


お化け屋敷 ??  


十字軍のカルカッソンヌへの進撃の歴史を 展示しているのでしょうか。 
窓から鎧が見えます。 


このお店、何屋さん??


靴屋さんでした。中はとってもおしゃれ。       
そしてこれは、時計です! !


真っ青な空に映える城塞の威容、城塞の中の街の雰囲気、
最高!!でした。


ふと時計を見たら、もう少しで12時。
時間がない! !


カルカッソンヌ駅、12時33分発の列車に乗らないと、
予約しているナルボンヌからのTGVに間に合わないのです。


城塞の出口でタクシーを探したのですが、見当たりません。
遅れたらもう一泊してみよう・・・・と思いながら・・
ホテルに向かって歩いていたら・・・・。
丁度バスが・・・ 運転手さんに聞いてみると、カルカッソンヌの駅に止まると。
良かった・・・・・。


無事ホテルでリュックを受け取り、カルカッソンヌからナルボンヌへ。
13時17分発のパリ・リヨン駅行のTGVでパリに戻れました。


途中車窓からは、南仏の明るい地中海を見ることができました。

南フランスの のどかな丘に立つ 2500年の歴史を刻んできたカルカッソンヌ、
気分は一気に中世にタイムスリップでした感じでした。
すばらしかったです! !


あしたは旅の休日、パリの町を散歩してのんびり過ごします。



にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。